ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソーシャルレンディング」最新記事一覧

関連キーワード

Fintechは当たり前のサービスとして普及する有望市場
早稲田大学IT戦略研究所が開催するエグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム(ELF)の通算第71回目の定例会では、「Fintechがもたらす産業構造変化とビジネスモデル革新」をテーマに議論が展開された。(2016/4/26)

特集:FinTech入門(7):
銀行APIの公開で便利で面白い金融サービスは生まれるか――12の多彩なアイデアが完成度を競ったFintech Challenge 2016
三菱東京UFJ銀行は、FinTechをテーマとしたハッカソンイベント「Fintech Challenge 2016 “Bring Your Own Bank!”」を開催した。この記事では、ハッカソン最終日に行われた12チームによるプレゼンテーションの概要と、審査結果をレポートする。(2016/4/6)

即席!3分で分かるITトレンド:
【図解】コレ1枚で分かる「FinTech」
金融ITの分野で、お金にまつわるさまざまなサービスを生み出し、注目を集めている「FinTech」。その概要を4つのビジネス分野に整理しながら解説します。(2016/1/25)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/10/28)

ソーシャルファイナンスの課題と未来像 荻上チキさんらが議論する「ニコ生シノドス7月号」
評論家の荻上チキさんがこの1カ月で気になったニュースを解説する「ニコ生シノドス7月号」。今回は「ソーシャルファイナンス」を特集。新しいタイプのお金のやりとりの手法について、その特徴や意義を大きな視点から整理し、課題や未来像について考える。ゲストは駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部准教授の山口浩さん、「ソーシャルファイナンス革命:世界を変えるお金の集め方」(技術評論社)を出版した慎泰俊さん。配信は7月9日21時0分〜。(2012/7/9)

SBI、個人間融資サービスに参入へ
SBIホールディングスは、個人の貸し手と借り手をWebサイトで結びつける個人間融資サービス開始に向けて準備していると発表した。(2009/7/28)

“新金融”がやって来た! maneo VS. SBIプロスパー(前編)
欧米などで広がっているソーシャルレンディングが日本でもスタートした。個人と個人のお金の貸し借りを仲介するサービスだが、具体的にはどんなビジネスモデルなのだろうか。10月に開業した、maneo(マネオ)の妹尾社長に話を聞いた。(2008/11/7)

お金を借りたい人と貸したい人をネットで結ぶ――「maneo」
(2008/10/15)

P2P金融「maneo」スタート 個人間で貸し借りする国内初のソーシャルレンディング
お金を借りたい個人と貸したい個人を結びつける国内初のソーシャルレンディングサービス「maneo」がスタートした。貸し手と借り手で希望金額や金利をオークション形式ですり合わせて貸し借りする仕組みだ。(2008/10/15)

黒船「ソーシャルレンディング」襲来 P2P金融への期待
リーマン・ブラザーズの経営破たんやAIGの公的救済など金融不安が広まる中、日本では耳慣れないソーシャルレンディングサービスが10月にサービスインする。個人間でのお金の貸し借りが可能なmaneoのサービスは、わたしたちの生活をどう変えるのだろうか。(2008/9/29)

英語で読むコラム“Global Perspectives”:
Rising Oil Prices − Can Japan Survive ?
ビジネスに影響を与えうる国際的な話題を、アダム・カーステンズ氏が英語で論ずるコラム、“Global Perspectives”。初回のテーマは「止まらない原油高の中、日本は生き残れるのか?」。金曜日には原文を、週明け月曜日にはその和訳文を掲載します。この週末、じっくりと英語を読んでみませんか?(2008/5/16)

ソーシャル融資サービス「Zopa」、日本進出
個人同士の融資をオンラインで仲介する「Zopa」が、日本でサービスを開始する。(2008/3/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。