ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「家計簿」最新記事一覧

シーン別ポイント解説:
PR:ドキュメントスキャナのある生活――「imageFORMULA DR-C240」徹底活用
性能、機能、品質のすべてで高く評価されているキヤノンのドキュメントスキャナ「imageFORMULA DR-C240」。ここでは家庭にDR-C240があると生活がどう便利になるのか、動画を交えながら活用シーン別に解説していく。(2016/5/25)

マネーの達人:
新社会人の皆さんへ FPの立場から生命保険のアドバイス
新社会人の皆さんに生命保険についてのアドバイス。本稿では、生保についての大切な知識と考え方をしっかり身に着けてもらえればと思います。(2016/5/16)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第41回 「何とかなる」ではなく「何とかする」――思わず口にした「辞めます」の先にあったもの
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2016/4/28)

Fintechは当たり前のサービスとして普及する有望市場
早稲田大学IT戦略研究所が開催するエグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム(ELF)の通算第71回目の定例会では、「Fintechがもたらす産業構造変化とビジネスモデル革新」をテーマに議論が展開された。(2016/4/26)

特集:FinTech入門(8):
FinTechで始まる、APIで広がる、他業種連携によるビジネス拡大の可能性とは
FinTechによって広がりつつある非IT企業によるAPI公開。「Fintechが導くAPIイノベーション 実践企業がノウハウを語る、API活用セミナー」の模様から、FinTechの現状や、APIによる効果の1つである、他業種連携の可能性を探る。(2016/4/14)

半径300メートルのIT:
もっと身近な“FinTech”のお話
日本のFinTechといえば欠かせないのが確定申告と経費精算。便利なサービスが次々と登場して、かなり作業が楽になったのですが、あとちょっと、改善を期待したいところがありまして……。(2016/3/29)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
高齢者の5人に1人が貧困 どうすれば老後を守れるのか
高齢者の貧困率が問題になっています。なぜ高齢者が貧困に陥ってしまうのでしょうか。私たちの老後はどう守ればいいのでしょうか。経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/3/22)

最新OS「DSM 6.0」でいち早く試す:
Synologyが放つ最新鋭NAS「DiskStation DS216+」実力診断
2015年に国内NAS市場へ本格参入して以来、着実にその存在感を増している新興メーカーのSynology。その最新モデル「DiskStation DS216+」と最新OS「DSM 6.0」をいち早くチェックした。(2016/3/16)

データからみるお買い物リアル:
コンビニで売れているのは? 「中華まん」購入ランキング
寒い日が続いているので、「中華まんを買って食べた」という人も多いのでは。マーケティングアプリケーションズが運営する家計簿アプリ「レシトク」で、コンビニでよく売れている「中華まん」を調べてみました。(2016/3/8)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
半数が借金して大学へ行く時代に知っておきたいこと
上がり続ける大学の授業料。増え続ける奨学生。今回は、知っておきたい教育に関するお金のことを経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/3/7)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
投資信託の一番人気商品がお勧めできない理由
投資信託の中で最も人気がある「毎月分配型投資信託」。しかし、経済ジャーナリストの荻原博子さんは、お勧めできない商品だと説明します。その理由とは……。(2016/2/15)

クラウド会計サービスが電子帳簿保存法に対応
経理部の紙のやりとりがなくなる? 中小企業向けスキャナー保存制度のはじめかた
中堅・中小企業向けクラウド会計サービス各社は、スキャナー保存制度に対応した機能を組み込んだアップデートを提供している。スキャナー保存制度を開始するための行政手続をベンダーが支援するケースもある。(2016/2/9)

今さら聞けない「FinTech」の基礎知識:
第3回:日本におけるFinTech
国内外で大きな注目を集めているFinTech。日本ではどんなサービスが登場しているのか、なぜ主役がベンチャーなのかを考える。(2016/2/8)

特集:FinTech入門(4):
「スマホで手軽に資産運用」の時代は訪れるか――みずほ銀行がアジャイル開発で取り組む「ロボアドバイザー」の今後
2015年10月にスタートした「SMART FOLIO」(スマートフォリオ)は、みずほ銀行が運営する資産運用アドバイスのWebサービスだ。サービス内容としては「ロボアドバイザー」と呼ばれるジャンルになる。サービスの概要と、みずほフィナンシャルグループとして、ロボアドバイザーを提供する狙いについて担当者に聞いた。(2016/2/9)

データからみるお買い物リアル:
鍋といえばナニ? 地域別「鍋」ランキング
寒い日が続いているので「温かい鍋を食べたいなあ」と思っている人も多いのではないでしょうか。マーケティングアプリケーションズが運営する家計簿アプリ「レシトク」で、よく売れている「鍋調味料」を調べてみました。(2016/2/5)

フィギュア・羽生結弦選手が役者デビュー 映画「殿、利息でござる!」で殿役、主演・阿部サダヲも「まさか」
マゲ、似合いすぎ。(2016/2/4)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
あなたの年金が減るかも? 「マイナス金利」がもたらす影響
いま話題になっている「マイナス金利」とは一体どういうものなのか。何が起ころうとしているのか。経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/2/4)

R25スマホ情報局:
今までで最も後悔したスマホ課金TOP5
サービスやアプリが簡単に購入できるスマホでは、その手軽さが災いして不要なものを購入しがち。そこで、これまでに購入して後悔したサービスやアプリを男性ユーザー131人にアンケートしてみました。(2016/2/2)

電力供給サービス:
“行動型デマンドレスポンス”を実現、東京電力が提携する米ベンチャーの実力
米Opowerの日本法人オーパワージャパンは「新電力EXPO 2016」に出展し、同社の電力事業者向けの顧客データ分析サービスをアピールした。同社は2007年創業のベンチャー企業だが、現在全世界で98社、米国の上位電力会社の75%がそのサービスを利用しているという。2013年には東京電力との提携も発表している。“行動型デマンドレスポンス”を可能にするという同社のサービスの詳細について取材した。(2016/1/28)

即席!3分で分かるITトレンド:
【図解】コレ1枚で分かる「FinTech」
金融ITの分野で、お金にまつわるさまざまなサービスを生み出し、注目を集めている「FinTech」。その概要を4つのビジネス分野に整理しながら解説します。(2016/1/25)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
なぜ将来が不安な人ほど、個人年金に入ってはいけないのか
公的年金だけでは不安。将来のために個人年金への加入を考えている人も多いと思いますが、個人年金も安心できないようです。(2016/1/25)

サラリーマンとここが違う 個人事業主になる前にしておくべきこと
サラリーマンとは働き方や年金制度など変わってくる個人事業主。独立を目指すなら、準備しておいた方がよいポイントをチェック。(2016/1/20)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
ギャンブル化した年金運用 それでも破綻しない年金の仕組みとは?
今回のテーマは「年金」。日本の年金は破綻しない仕組みにはなっているようですが……。(2016/1/18)

特集:FinTech入門(2):
FinTechの要はAPI公開――公開側、利用側、ソリューション提供側が語る、その実践ノウハウとは
本特集では金融業界がFinTechでビジネスを拡大するために必要な技術要件を浮き彫りにし、一つ一つ解説していく。今回は、「API公開・活用・管理」について、マネーフォワードや住信SBIネット銀行、日本IBMの取り組みなどを紹介。日本におけるAPIビジネス拡大の今後を占う。(2016/1/13)

週末アップルPickUp!:
2016年をスタートするためのApp Storeアプリ
元日たった1日で170億円を売り上げた絶好調のApp Store。おすすめアプリ20選を公開中。(2016/1/11)

電気料金の新プラン検証シリーズ(5):
“セット割”に勝負を託す、東京電力の新料金プラン
首都圏は小売全面自由化で新たに開放される家庭・商用向け低圧市場の中で、最も激しい事業者間の競争が予想される。その中で現在最大の顧客を抱え、“守る立場”にいるのが東京電力だ。その同社がついに電力料金プランの概要を発表した。(2016/1/8)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
NISAはお勧めできない? 意外と知らないNISAの落し穴
2016年1月からNISA口座の預け入れ限度額が120万に増え、ジュニアNISAもスタートして話題になっているNISA。そんなNISA口座のデメリットとは……?(2016/1/8)

確定申告の基礎知識:
「白色申告」のポイントをあらためておさらい 必要な記帳内容は? 青色申告との違いは?
フリーランスや個人事業主にとって必要な記帳内容は? 帳簿はいつまで保管するもの? 青色申告との違いは? ――「白色申告」の基礎知識をおさらいしておきましょう。(2016/1/7)

PR:注目の「マイナンバーカード」で何ができる? “かざすだけ”次世代個人認証はソニー「PaSoRi」におまかせ
(2016/1/6)

読者が選んだ、2015年「ネットワーク」記事ランキング
社内の立場と部署によって傾向は変わる? 2015年に注目されたネットワーク関連記事
TechTargetジャパンの専門メディア「ネットワーク」で2015年にアクセスが多かった記事から企業規模や職種の違いでどのような傾向があるのかを調べてみました。(2016/1/3)

データからみるお買い物リアル:
コンビニの「おでんダネ」売れ筋ランキング
寒くなってきたので「おでんを食べたいなあ」と思っている人も多いのでは。マーケティングアプリケーションズが運営する家計簿アプリ「レシトク」で、コンビニ大手3社でよく売れている「おでんダネ」を調べたところ……。(2015/12/29)

銀行のライバルはITベンチャー? 「フィンテック」で金融サービスはどう変わるのか
金融とITを融合した新しいサービス「フィンテック」が脚光を集めている。金融機関の“聖域”に飛び込むITベンチャーは「銀行にとって最強のライバル」になりつつある。(2015/12/9)

データからみるお買い物リアル:
11月11日は「ポッキー&プリッツの日」、さて売れ行きは?
11月11日は「ポッキー&プリッツの日」ですが、どのくらい売れたのでしょうか? マーケティングアプリケーションズが運営する家計簿アプリ「レシトク」のデータを分析したところ……。(2015/12/2)

3大メガバンク系VCから資金調達 資産管理アプリ「Moneytree」成長の理由
資産管理アプリ「Moneytree」を開発し、3大メガバンクから大型出資を受けるなど注目の高いスタートアップ、マネーツリー。話題を集める「Fintech」分野で躍進する理由とは。(2015/11/27)

データからみるお買い物リアル:
コンビニのおにぎりで人気なのは? データを分析しました
コンビニの定番商品「おにぎり」を買ったことがある人も多いはず。では、どの具が売れているのでしょうか? マーケティングアプリケーションズが運営する家計簿アプリ「レシトク」のデータを分析したところ……。(2015/11/19)

iコンシェルのマチキャラがお知らせるドコモの家計簿アプリ「マネレコ」
ドコモは、iコンシェルと連携できる家計簿アプリ「マネレコ」の提供を開始した。口座の入出金や請求情報をマチキャラがポップアップで知らせてくれる。(2015/11/12)

データからみるお買い物リアル:
夏に最も売れたアイスは? データから分かってきたこと
今年の夏は前半が特に暑かったですが、スーパーやコンビニなどではどのようなアイスが売れたのでしょうか。マーケティングアプリケーションズが運営する家計簿アプリ「レシトク」のデータを分析したところ……。(2015/10/21)

電力供給サービス:
ソフトバンクの2600店で4月から電力を販売、携帯電話とセット割引
東京電力とソフトバンクは2016年4月から共同販売を開始することで合意した。全国2600店のソフトバンクショップや東京電力のウェブサービスを販売チャネルに利用して、電力と携帯電話を組み合わせた共同商品を提供する。割安なセット価格やポイントサービスで顧客を引きつける。(2015/10/7)

「Zaim」の公的給付金抽出機能、全国の全自治体に対応
クラウド家計簿「Zaim」で、国や自治体から受けられる給付金を検索する「わたしの給付金」機能が全国の全自治体に対応した。(2015/8/28)

マネーフォワード、住信SBIネット銀行APIと公式連携
マネーフォワードが住信SBIネット銀行のAPIと公式連携した。銀行からAPI提供を受けるのは初。(2015/8/25)

「楽天アプリ市場」の公式マガジン『楽天アプリスタイル』創刊
創刊号では、先行タイトルや話題作33タイトルを紹介。楽天スーパーポイントが500ポイントもらえる読者全員プレゼントも付属する。(2015/8/25)

新連載・データからみるお買い物リアル:
セブンのドーナツ、最も売れているのは? データから見えてきたこと
大手コンビニでドーナツを販売するようになって、一度は食べたことがある人も多いのでは。最初に手掛けたセブン-イレブンではどのドーナツが売れているのでしょうか。マーケティングアプリケーションズが運営する家計簿アプリ「レシトク」で分析したところ……。(2015/8/20)

楽天、Android向けアプリストア「楽天アプリ市場」開始――ポイント10倍&不正アプリ対策も
楽天は、Android向けアプリストア「楽天アプリ市場」を開始。限定アプリを含め約180社、約390タイトルのアプリを配信するほか、通常の10倍ポイント獲得や「不正アプリ対策」機能も提供する。(2015/8/19)

電力供給サービス:
スマートメーターの接続率は約97%、新たな電力サービスは順調な滑り出し
東京電力は2015年7月以降、スマートメーターシステムを活用した新たなサービスを実施。併せてスマートメーターオペレーションセンターでの運用も開始し、順調な滑り出しを切ったことを明らかにしている。(2015/8/11)

Windows 10 The Latest:
アップグレードは大丈夫!? 各社のWindows 10対応状況まとめ
期間限定で無償アップグレードが提供されているWindows 10。だが無償だからといって飛びついていいのだろうか? アップグレードの成否を左右するハードウェア/ソフトウェア/サービスのWindows 10対応状況を取りまとめてみた。(2016/3/25)

国民的サービスを目指す上で「EV SSL明書の信頼性は欠かせません」
スマホでレシートを撮るだけの家計簿アプリ「Dr.Wallet」、情報はどう守られているのか?
BearTailの家計簿アプリ「Dr.Wallet」は、スマートフォンでレシートを撮って送信するだけという手軽さが受けている。一方で、プライバシーの塊ともいえるレシート情報は、どう守られているのか。(2015/7/16)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
日本の“家計簿”文化を世界に――300万ダウンロードを超えた「おカネレコ」の狙い
2秒で入力できる簡単さで人気の家計簿アプリ「おカネレコ」。自分自身がお金で困った経験から生まれたという開発背景を、スマートアイデアの江尻氏に聞いた。(2015/7/17)

次世代オフィス探訪記:
マネーフォワードの新オフィスに潜入 “木の柱”に隠された秘密とは……?
「こんなところで働いてみたい」と思わせるユニークなオフィスを紹介していく「次世代オフィス探訪記」。第9回は、家計簿アプリや資産管理ツールなどを手掛けて急成長しているマネーフォワードの新オフィスを紹介します。(2015/7/17)

エネルギー管理:
スマートメーターで30分単位の使用量、東京電力が220万の顧客にサービス開始
小売全面自由化を前に東京電力が家庭向けのサービス強化を急ぐ。7月1日から東京都内を皮切りにスマートメーターを導入済みの家庭や商店に向けて新サービスを開始した。30分単位の電力使用量をウェブサイトで確認できるサービスのほか、契約電力の変更にもブレーカの交換なしで対応する。(2015/7/2)

家計簿アプリ「Zaim」400万ダウンロード突破 Windowsストア版公開
家計簿アプリ「Zaim」(iOS/Android)のダウンロード数が400万を突破。Windowsストア版アプリも公開した。(2015/6/25)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。