ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「宇宙旅行」最新記事一覧

日本アニメの創成期を知る大ベテラン 「カールおじさん」の生みの親・ひこねのりおさんに聞くアニメ業界秘話【PR】
31年ぶりに公開された「たけのこの里」の新作CM。ベテランアニメーターのひこねのりおさんに貴重なお話を聞きました。(2016/6/20)

週末サイエンス:
地上400キロの実験室 ISS「きぼう」では何が行われているの?
地上400キロに浮かぶ「国際宇宙ステーション」(ISS)内にある日本の実験棟「きぼう」。無重力という特殊な環境を生かし、宇宙観測だけでなく物理学や医学などさまざまなジャンルの実験が日々行われています。(2016/6/17)

Facebook、ザッカーバーグCEOとISS宇宙飛行士の「ライブ動画」を6月1日生放送へ
Facebookが、国際宇宙ステーション(ISS)の3人の宇宙飛行士とマーク・ザッカーバーグCEOとの対談を「ライブ動画」で生放送する。日本時間の6月2日午前1時55分から、Facebookのイベントページで視聴できる。(2016/5/28)

人と宇宙の不思議な関係を暴き出す 今夏六本木で開催される「宇宙と芸術展」の見どころはここだ!
みんな〜! 宇宙の時間だよ〜!(2016/5/28)

宇宙ビジネスの新潮流:
「宇宙ホテル」や「宇宙実験」、国際宇宙ステーションを起点に急増する民間サービス
「宇宙ホテル」や「宇宙旅行」など、国際宇宙ステーションを起点にした民間企業のサービスが盛況だ。その最前線を紹介する。(2016/5/27)

宇宙ビジネスの新潮流:
「数百万人が宇宙で暮らす世に」――Amazon・ベゾスCEOがコロラドで語った未来とは?
先ごろ開催された全米最大規模の宇宙カンファレンス「Space Symposium」にて、米Amazonのジェフ・ベゾスCEOが宇宙ビジネスに関する将来ビジョンを語った。実に壮大だがリアリティある内容だったのだ。(2016/5/2)

「宇宙機用エンジンの開発実験サポート」アルバイト募集 日給3万円、経験不問
宇宙機用エンジンの開発実験をサポートする「激レアバイト」の募集がタウンワークで始まった。特別な資格・経験がなくても参加できるという。(2016/4/4)

「OK Go」が無重力状態の新作MV公開 フワフワ浮いてクルクル回っていろいろ飛び出す
27秒の無重力状態を8回繰り返した「ワンカメラ・ワンショット」の美学。(2016/2/12)

フル充電で15日使えるスマホ? 中国メーカーが発売
中国のOukitelが、1万mAhの大容量バッテリーを搭載したスマホ「Oukitel K10000」を発売。1回の充電で、10〜15日連続で使えるという。(2015/12/16)

宇宙ビジネスの新潮流:
「なぜ今、宇宙に“張る”のか」 日本の著名投資家が語る
米国の後を追うように、日本でも宇宙ビジネスに対する投資が盛り上がりつつある。ベンチャーキャピタリストや著名投資家はなぜ今積極的に投資するのだろうか。(2015/11/20)

zenmono通信:
民間資本で月面を目指す! 「HAKUTO」のメカエンジニアが語る日本のモノづくり
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回は日本発の月面探査を目指す民間宇宙開発チーム「HAKUTO」のメカニカルエンジニアを務める古友大輔さんにお話を伺った。(2015/11/20)

宇宙ビジネスの新潮流:
日本初の試み、新宇宙ビジネスカンファレンスに込めた思い
10月末、日本で初めて民間による新宇宙ビジネスイベントが開催された。筆者は発起人の一人として企画委員会代表を務めたわけだが、なぜ日本での開催にこだわったのか、その背景をお伝えしたい。(2015/11/6)

ディズニーランド「スター・ツアーズ」が「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」バージョンに 2016年2月から期間限定で
「フォースの覚醒」の世界を楽しめるシーンが追加されるそうですよ!(2015/10/29)

科学誌ニュートンが恒星間旅行者のための時計アプリをリリース 相対性理論の時間のズレもばっちり修正!
「アンタレスへ行こうとほぼ光速で移動してたら時間わかんなくなっちゃった」ってときも安心。(2015/10/16)

スクリーンキーボードもより使いやすく
徹底レビュー:「iPad Pro」だけではない 既存iPadもガラリと変える「iOS 9」新機能
米Appleの「iOS 9」は、同社が2010年に初代「iPad」をリリースして以来、最も大きな変化をiPadにもたらしている。(2015/10/3)

標高3454メートル:
氷河も眺望できるヨーロッパ最高峰駅、約100年前の誕生秘話
スイスにあるユングフラウヨッホ駅をご存じですか。標高3454メートルの場所にあるこの鉄道駅ができたのは今から約100年前。その陰には技術革新などさまざまなエピソードがありました。(2015/8/13)

宇宙ビジネスの新潮流:
米宇宙ビジネスの隆盛を支えるメディアや財団
日本では宇宙ビジネスの関連情報を体系的に得るのは難しいが、この分野で先進的な米国では、専門メディアや財団主催のカンファレンスなど、イノベーションを生むためのプラットフォームが多数存在しているのだ。(2015/5/16)

Amazon CEOの宇宙旅行会社 初のロケット打ち上げテスト
ロケットは高度約94キロまで達しました。(2015/5/1)

R25スマホ情報局:
油井さんと…!? スマホで宇宙体験etc
5月の打ち上げを待つ日本人宇宙飛行士の油井亀美也さん。油井さんの宇宙での活躍を応援しつつ、宇宙を身近に感じられるサイトやアプリを紹介しよう。(2015/4/22)

宇宙ビジネスの新潮流:
米国だけではない! 70兆円市場を狙う英国宇宙ビジネス
近年、官民一体で宇宙事業投資を加速しているのが英国だ。今回はその一連の動向をお伝えする。(2015/4/11)

宇宙ビジネスの新潮流:
宇宙ビジネス先進国の法整備はいかに進んでいるか
2015年初に政府が決定した「宇宙基本計画」では、今後10年間の宇宙関連産業の政策方針が定められた。この分野で日本の先を行く米国では、どのような政策や法整備がなされているのだろうか。(2015/1/24)

H.I.S.「初夢フェア」に“宇宙の入り口”旅行 ミグ29に乗って成層圏へ 350万円から
H.I.S.「初夢フェア」に、ジェット戦闘機での成層圏フライトを含む宇宙旅行ツアーが登場する。(2014/12/24)

宇宙ビジネスの新潮流:
イーロン・マスクら宇宙ビジネス開拓者たちの横顔
現在、宇宙ビジネスの最前線で活躍するのは、ベンチャー起業家や投資家が中心だ。彼らはいかにしてこの新市場を切り拓いたのだろうか?(2014/11/29)

宇宙からの眺めにうっとり 国際宇宙ステーションからの映像がステキ
宇宙飛行士の気分?(2014/11/23)

宇宙ビジネスの新潮流:
Googleの月面ロボット探査レース、“第8の大陸”を目指す企業たちの狙い
月面無人探査を競う国際レース「Google Lunar X PRIZE」には、日本を含め全世界からさまざまな宇宙開発チームが参戦している。3000万ドルという賞金総額も魅力的だが、参加企業には別の狙いがあるという。(2014/10/25)

宇宙ビジネスの新潮流:
“現代版ゴールドラッシュ”に沸く惑星探査ロボットビジネス
人類移住や資源開発などを目的に、ロボット技術を駆使した無人惑星探査ビジネスが始まりつつある。実際に関連法案の議論が米国では進んでいるのだ。(2014/10/11)

今年は本&ゲーム&報酬の組み合わせがアツい? 注目したい2つの動き
電子書籍を単なるプリントレプリカで終わらせない取り組みが、国内外から生まれている。そんな注目の動きを2つ紹介したい。(2014/9/24)

【新連載】宇宙ビジネスの新潮流:
Googleらシリコンバレー企業が宇宙にのめり込む理由
今まさに、米国を中心とした民間主導型の“宇宙ビジネスビッグバン”が起きている。従来のような国家主導といった重厚長大なプロジェクトではなく、草の根的に大小さまざまなベンチャー企業が積極的に宇宙ビジネスに投資しているのだ。(2014/9/4)

車両デザイン:
ランドローバーとヴァージン宇宙旅行の提携が進展、新型SUVの内装を公開
Jaguar Land Roverは、Land Rover(ランドローバー)ブランドの新型SUV「ディスカバリー・スポーツ」の内装を公開した。同車の内装には、宇宙旅行ビジネスを手掛けるVirgin Galactic(ヴァージン・ギャラクティック)との提携の成果が反映されているという。(2014/8/21)

宇宙旅行「行きたい」は57.3%、ネックは費用と安全 JAXAとクラブツーリズムが共同調査
宇宙旅行に「行きたい」人は57.3%、ネックは「費用の高さ」と「安全性」――クラブツーリズムとJAXAが民間宇宙旅行への意識調査を行った。(2014/6/5)

30代の7割「宇宙旅行に行きたい」
宇宙旅行(全般)または高度100キロまでの2時間程度の宇宙旅行(サブオービタル)に行きたいと思っている人はどのくらいいるのだろうか。20代以上の男女に聞いた。クラブツーリズム・スペースツアーズと宇宙航空研究開発機構(JAXA)調べ。(2014/6/3)

2014 International CES:
「SFから現実へ」 インテルが推進する“タッチの次”の技術──「RealSense」
インテルが2014 International CESで「NII」を実現する“タッチの次”のユーザーインタフェース技術を正式に発表。それは何か。(2014/1/7)

民間宇宙旅行専門の旅行会社、クラブツーリズムが設立
民間宇宙旅行を専門に扱う子会社「クラブツーリズム・スペースツアーズ」が設立。(2014/1/6)

ガチャピンさんの勇姿ぎっしり 「ガチャピン チャレンジ」コンプリートDVD BOX発売
富士山登山、無重力体験、宇宙旅行など、ガチャピンさんのいろんなチャレンジが詰まってます。(2013/10/17)

“3Dフードプリンタ”プロジェクトにNASAが出資
火星への長旅では味気ない宇宙食ではなくピザを──。バラエティに富んだ料理をプリントアウトする3Dプリンタ構想に、NASAが出資した。(2013/5/22)

プレミアム電子漫画を販売する「JコミFANディング」第2段 新沢基栄や鈴木みそら豪華作家陣が集結
ファンは絶対見逃せない。(2013/4/26)

Database Expertイベントレポート:
ビッグデータインフラのパズルを埋めるラインアップと「5つのシナリオ」
近いうちに多くの企業がビッグデータ活用企業になる――その時あなたの会社はどうする? 今年の「Information On Demand Conference Japan 2013」はビッグデータ活用をより手軽に、身近にするための情報が多数見られたようだ。(2013/4/19)

東京ディズニーランドの新スター・ツアーズに仮装で搭乗できる! オープニングセレモニー参加者募集中
シンデレラ城の前で行われます。(2013/2/18)

伝統工芸品×ハイテク技術で作る、のたうつ「宇宙クラゲ」ロボ
「宇宙クラゲ」ロボは、クラゲがのたうっている雰囲気を芸術的な感性で表現することで宇宙で泳ぐクラゲをイメージした。原型は薩摩焼というセラミックの陶磁器。(2013/1/22)

才能や金銭などの理由で……夢をあきらめたのは何歳?
現在かなえたい夢を持っている人はどのくらいいるのだろうか。20〜50代の男女に聞いたところ、全体の76%は「持っている」と回答した。キリンビール調べ。(2013/1/11)

アニメビジネスの今:
『鉄腕アトム』の最大の功績は何か――50周年のテレビアニメを振り返る
2013年はテレビアニメ『鉄腕アトム』が放映開始してから、ちょうど50周年にあたる年。日本のテレビアニメの基礎を築いた『鉄腕アトム』の意味を改めて考えてみたい。(2013/1/8)

週末散歩:
六本木で宇宙旅行、「スター・クルーズ・プラネタリウム」を体験してきた
六本木ヒルズで「スター・クルーズ・プラネタリウム」が始まった。プラネタリウムクリエイターの大平貴之さんが手掛ける体験型イベントだ。(2012/11/26)

宇宙を旅する3次元プラネタリウム「スター・クルーズ・プラネタリウム」 六本木ヒルズで期間限定開催
3か月で45万人を動員した「スカイ プラネタリウム」のパワーアップ版。(2012/11/21)

各教室に1人1台分のコンセントがほしい:
21世紀の教室、「電池が持つか心配」との声も
 マイクロソフトが若年層のための教育支援施策「YouthSpark」を日本で始動。高校生による模擬授業「21世紀の教室」を公開した。(2012/11/15)

Amazon CEOの宇宙旅行会社、宇宙船のテスト飛行映像を公開
Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOの宇宙旅行会社Blue Originが、6月ごろに成功した宇宙船「New Shepard」の垂直離着陸テストの映像を公開した。(2011/11/21)

ディズニーランドの「スター・ツアーズ」が2013年リニューアル 3Dでマルチエンディングに
新バージョンの「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」では映像が3D化され、シナリオをランダムに組み合わせて50通り以上のストーリーが展開する。(2011/11/16)

YouTubeがNASAやJAXAと「Space Lab」チャンネル 宇宙実験アイデア募集
YouTubeがNASAやJAXAと協力して動画チャンネル「YouTube Space Lab」を開設。ISSでやってほしい宇宙実験のアイデアを募集している。(2011/10/11)

秋本俊二の“飛行機と空と旅”の話:
2012年宇宙の旅。ヴァージンギャラクティックが主催する夢の宇宙旅行
“飛行機と空と旅”がこの連載のテーマであるが、今回は大気圏を飛び出し、高度110キロの宇宙空間へ──。輝く星々や青い地球をスペースシップから眺める夢の宇宙旅行が、いよいよ2012年にも実現する。(2011/7/29)

Microsoft WPC2011 Report:
「競合各社とはこう闘う」――MicrosoftのターナーCOO
Microsoftのパートナー向け年次イベントではアワード授賞のほか、競合相手に対する“徹底抗戦”ぶりが披露された。それに呼応したゲストスピーカーのメッセージは実に印象的である。(2011/7/14)

Google、開発者向けのアプリ収益化ガイド「App Galaxy」を公開
開発者向け年次カンファレンスを開催中のGoogleが、アプリ開発者向けに効果的なアプリの作成・販売方法を解説するWebサイトを公開した。(2011/5/11)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。