ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「なりすまし」最新記事一覧

東京都心に跳梁跋扈:
あのアパグループも“手玉”に 「地面師」とは?
所有者になりすまして土地などを売却し、巨額の金銭をだまし取る地面師。今度は大手ホテルチェーン「アパグループ」が“手玉”に取られた。(2017/11/21)

車載セキュリティ:
ECUの個体差をセキュリティに応用、なりすまし見抜いて不正アクセス阻止
ハンガリーのナビコアソフトベンダーであるNNGが、車載セキュリティの取り組みについて説明した。提案を強化しているのは、ECUの個体ごとに異なる電気信号の波形を利用した車載セキュリティだ。(2017/11/14)

企業版振り込め詐欺「ビジネスメール詐欺」の脅威と対策【第1回】
いまさら聞けない「ビジネスメール詐欺」(BEC)とは何か? 1000万円超の被害も
なりすましメールを使った企業版振り込め詐欺ともいわれる「ビジネスメール詐欺」(BEC)。その手口はどのようなものなのか。具体的な被害は。調査結果を交えながら紹介する。(2017/10/24)

「のぞき見できる」他人の人事情報に不正アクセス 市役所の甘いセキュリティ
別の職員になりすまし、市役所の内部ネットワークにアクセスしたとして、大阪府富田林市の職員2人が摘発された。事件を通じて見えてきたのは、やろうと思えば簡単に内部情報にアクセスできてしまう市の管理体制の甘さだった。(2017/9/27)

市職員連続立件の背景:
「のぞき見できるものなら……」他人の人事情報に禁断の不正アクセス
別の職員になりすまし、市役所の内部ネットワークにアクセスしたとして、大阪府富田林市の職員2人が8〜9月、不正アクセス禁止法違反の疑いで、大阪府警サイバー犯罪対策課に相次いで摘発された。(2017/9/26)

新しいモバイル認証システム開発へ、米携帯大手4社がタスクフォース設置
詐欺やなりすましといった不正を減らすため、2018年をめどに新しいモバイル認証ソリューションの開発を目指す。(2017/9/11)

ヒカルやラファエルらYouTuberのなりすましTwitter大量に出現 「PS4プレゼント」などでフォロワーを集める
アフィリエイト収入目的のアカウントとみられている。(2017/9/1)

IT用語解説系マンガ:食べ超(121):
なりすまし界のカリスマ、すまし顔で5000兆円ゲット
「私のようななりすましになりすましてごらんなさい」となりすましのなりすましは語りました。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2017/8/9)

「まさか自分が」恐怖と後悔……実録・LINEなりすまし被害
LINEのなりすまし被害に遭った女性は、今も恐怖と後悔の念にさいなまれている。(2017/8/1)

Twitterで藤井四段なりすまし横行 日本将棋連盟が注意喚起
Twitter上でプロ棋士の藤井聡太四段のなりすましが横行していると、日本将棋連盟が注意喚起。(2017/7/31)

Twitter上で藤井四段のなりすましが横行 日本将棋連盟が注意喚起
藤井四段はTwitterをやっていません。(2017/7/29)

認証から「面倒・不満」を排除すると生まれること:
「スワイプのクセ」も認証手段に Entrustが推進する「適応型認証」の狙い
Entrust Datacardが、新たな認証基盤を実現するオンプレミス向け製品「IdentityGuard」とクラウドサービス「IntelliTrust」の機能拡張計画を発表。認証を単なるなりすまし防止の手段から「価値を生み出す要素」にしていくという。【訂正】(2017/7/21)

やまぬTwitter「なりすまし」 偽の「唐澤弁護士」140以上も 対策難しく……
Twitterは、他人になりすましてウソの情報を発信することもできてしまう。6月下旬には実在する弁護士になりすまして、小林麻央さんの訃報を弄んだ投稿が混乱を引き起こした。(2017/7/19)

DMARCを活用、外部からの通報に頼らずなりすましを把握:
TwoFive、自社を偽る“なりすましメール”の検知サービスを提供
さまざまなマルウェアやフィッシングの経路として悪用される電子メール。TwoFiveでは、なりすましによる不正なメールを見分け、フィルターするための技術「DMARC」を活用し、自社ドメインをかたった不正メールの動向を把握できる「DMARC / 25 Analyze」の提供を開始する。(2017/6/23)

“呼気アルコール検知器×顔認証”でドライバーのなりすましを防ぐ 日立製作所が実証実験
日立製作所は、法人車両向けにドライバーの本人確認に顔認証機能を利用する、新型の呼気アルコール検知器を試作、実証実験を開始する。(2017/6/13)

auになりすました「緊急速報」メールに注意
メール内のURLをクリックしないように。(2017/5/11)

AKB48・大家志津香がLINE乗っ取り被害 なりすましに対するメンバーたちのレスが十人十色
指原「暇すぎてその人とずっとラインしてるよ」。強い(確信)。(2017/4/28)

「けものフレンズ」たつき監督のなりすましマストドン・フレンズが登場 IDが消せない仕様に焦る
マストドンちほーだと消せないんだね。(2017/4/20)

NEC、iPadで顔を撮影するだけのクラウド勤怠管理システムを発表
顔認証技術を活用したクラウド勤怠管理システムにより、iPadの内蔵カメラで顔を撮影し、出退勤時刻を記録。なりすましの防止や、省スペースでのシステム導入も実現する。(2017/3/1)

吉野家をかたっていた“なりすまし”キャンペーンサイト、新規会員登録を停止
既存の会員へのログインページは残されています。(2017/2/10)

吉野家をかたる“なりすまし”キャンペーンに注意 「牛丼15,000円分食べ放題」でポイントサイトへ誘導
牛角に続いて吉野家も。(2017/2/7)

攻撃者が狙う顔認証システムの抜け穴とは
「顔認証」をユーザーの「VRモデル」でパス? なりすましをどう防ぐか
3次元の仮想現実(VR)モデルを使うことで、顔認証システムをすり抜けられることが明らかになった。どのような仕組みなのか。防ぐにはどうすべきなのか。(2017/2/6)

モバイル生体認証の進歩とリスク
複製した指紋でなりすまし可能? 「生体認証は絶対安全」とは言い切れない理由
Appleの「Touch ID」登場以降、モバイルデバイスで急速に普及が進む生体認証。その手軽さと安全性を評価する声は多いが、考慮すべき課題もある。(2017/1/24)

pixivになりすましログインが発生、アカウント乗っ取りや第三者による画像投稿も 運営側はパスワード変更を呼びかけ
他サイトと同じパスワードを使用していたアカウントが攻撃されています。(2016/12/30)

pixivで「なりすましログイン」 約3600件のアカウントが被害に
登録情報の改ざんやクレジットカード情報の不正利用の形跡はないとのこと。(2016/12/2)

なりすまし防止、メールに「安心マーク」 官公庁が初採用
メールが正規のドメインから送られているかを受信者が確認できる「安心マーク」が官公庁に初導入。愛媛県上島町が採用した。(2016/10/19)

端末を遠隔操作するバックドア型アプリも存在:
Pokemon GOの「偽アプリ」にご用心
「Pokemon GO」になりすまし、誤ってダウンロードしたユーザーに危害を加える「偽アプリ」が急増。トレンドマイクロが注意を呼び掛けている。(2016/7/25)

「Pokemon GO」の偽アプリ出現、マルウェアをゲットしないよう注意
人気ゲームの最新作になりすました悪質なアプリが早くも出現した。ユーザー情報を盗むなどの不正な機能が埋め込まれている。(2016/7/11)

「あやしいメールを開くな」は無意味? 掛け声で終わらせない方法
米Verizonの分析では2015年に発生した900件以上のデータ侵害になりすましメールが使われた。「あやしいメールを開くな」とよく言われるが、同社は補完的な対応が不可欠だと指摘する。(2016/6/29)

ヤマト運輸のなりすまし 熊本地震の支援物資を呼びかける
現在も熊本県では集荷と配達ができない状況。(2016/4/18)

セキュリティのアレ(17):
人や社会の“脆弱性”を突く「ソーシャルエンジニアリング」から身を守るためには
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第17回のテーマは「ソーシャルエンジニアリング」です。“なりすまし電話”や“ゴミあさり”など、何でもありなこの攻撃から身を守るすべはあるのでしょうか?(2016/3/18)

米Snapchat、CEOかたる詐欺メールにだまされ従業員が情報流出
シュピーゲルCEOになりすました詐欺メールに従業員がだまされ、多数の従業員の給与に関する情報を流出させてしまった。(2016/3/1)

確定申告に便乗、なりすましメールに注意
大半は英語メールだが、国内でも3件の攻撃が確認されている。(2016/2/18)

ウイルス感染を狙うバラマキメールの特徴――10月に大量流通
注文書や複合機の通知などになりすまして、ウイルスに感染させるための添付ファイルを開かせようとする。(2015/12/1)

金融庁の偽サイト攻撃、脆弱性悪用で成人向けサイトから誘導か
偽サイトは金融庁や検察庁になりすましており、攻撃ではネット銀行のユーザーも標的にしている。成人向けサイトから誘導される恐れがある。(2015/10/16)

金融庁を名乗る偽サイト出現、「情報入力をしないで」
なりすましサイトでは「秘密の質問」の答えを入力させようとする。(2015/10/16)

気になる安全性と最新動向
生体認証はここまで進化した――第一人者、横浜国立大学大学院の松本教授に聞く
「なりすましができない」と言われ注目を集める生体認証技術。この分野に詳しいセキュリティ研究者・松本勉教授に、安全性や最近の動向について話を聞いた。(2015/9/25)

今年こそ来た、「PKI元年」到来に現実味
メールの信頼性をビジネスで安心して使える基準にする秘訣とは
ビジネスに欠かせないメールはなりすましが容易なことから、標的型攻撃やフィッシング詐欺で悪用されやすい。そこで低コストでなりすましを防ぎ、メールのみで安心して取引を完結できる方法を紹介する。(2015/9/11)

最終回 セキュリティエバンジェリストに聞く
手のひら静脈認証は、セキュリティが「良くなる」と「楽になる」を両立するか?
パスワード認証には「なりすまし」や「不正ログイン」以外にもう1つ大きな課題がある。それは、従業員にもシステム管理者にも大きな負担を強いていることだ。辻 伸弘氏に聞く連載最終回。(2015/9/25)

「携帯番号とLINEの認証コード教えて」に注意 教えてしまうと自分のLINEアカウントが使用不能に
友人になりすました人に電話番号やLINEの認証コードを教えてしまった結果、電話番号の持ち主が自分のLINEアカウントにログインできなくなる被害が報告されているとし、LINEが注意を呼び掛けている。(2015/8/5)

「あやしいメール」 開く人を減らすには?
標的型サイバー攻撃でマルウェアを送り込むために使われる巧妙な「なりすましメール」。開いてしまう人をゼロにするのは難しいが、減らすことができる道筋はある。(2015/7/21)

真皮まで画像化:
米大学が“3D指紋認証スキャナ”を開発、パスワードは過去のものに?
米国カリフォルニア大学の研究チームが、指の表皮だけでなく真皮まで画像化する“3D(3次元)指紋認証スキャナ”を開発した。表皮だけを見る現在の指紋スキャナとは異なり、表皮の下の組織まで画像化するので、なりすましが難しくなるという。極めて安全な指紋認証システムを実現する鍵になりそうだ。(2015/7/7)

「金色のガッシュ!!」をパチンコに 使用許諾偽装し2億円詐取容疑で3人逮捕 原作者「とても残念」
原作者の雷句さんになりすまし弁解させるなどしていた。(2015/4/9)

最終回 セキュリティエバンジェリストに聞く:
PR:手のひら静脈認証は、セキュリティが「良くなる」と「楽になる」を両立するか?
本連載を通じて、パスワード認証には「なりすまし」や「不正ログイン」といったリスクあることを述べた。だがもう1つ大きな課題がある。それは、従業員にもシステム管理者にも大きな負担を強いていることだ。手のひらをかざすだけで認証できる「手のひら静脈認証」は、このような現状を解決する可能性を秘めている。辻伸弘氏に聞く連載最終回。(2015/3/27)

“自称”DeNA社員がTwitterで差別的発言繰り返し炎上 → DeNAは社員否定、なりすましの可能性も
依然として残るモヤモヤ感……。(2015/3/5)

PR:生体認証はここまで進化した――第一人者、横浜国立大学大学院の松本教授に聞く
「なりすましができない」と言われ注目を集める生体認証技術。この分野に詳しいセキュリティ研究者・松本勉教授に、安全性や最近の動向について話を聞いた。(2015/3/5)

サイバー攻撃の手口、IT関係者のなりすましメールが増加
FireEyeによれば、企業が標的型サイバー攻撃を発見するまでの期間が短かくなる一方、攻撃の手口は一段と巧妙化しているという。(2015/2/25)

デバイス認証がカギ:
航空券の“不正予約”を防ぐJALの一手
クレジットカード不正使用の被害が近年増加傾向にある。フィッシングなどで得た個人情報を使った“なりすまし”が増えているためだ。大手航空会社の日本航空も、オンライン航空券予約における不正取引の監視に手を焼いていたという。(2015/2/5)

半径300メートルのIT:
ネット選挙、「なりすまし」の偽サイトにダマされないためには?
2回目のネット選挙となる衆議院総選挙。投票日が近づくにつれ、各政党の公約を公式Webサイトで確認したくなりますが、これって本物のWebサイトなの?(2014/12/8)

窪田順生の時事日想:
サイト「どうして解散するんですか?」を立ち上げた大学生は、なぜ小学生を演じたのか
大学生が小学生になりすまして開設した「どうして解散するんですか?」というサイトが話題になった。衆議院解散に踏み切った安倍首相を批判したことで大きな騒動になったわけだが、筆者の窪田氏はあることが気になったという。それは……。(2014/12/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。