ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「水没」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「水没」に関する情報が集まったページです。

連絡橋の分断、線路の水没から2週間 台風21号で分断された関空線が復旧、18日始発から再開
予定より3日早く再開へ。(2018/9/18)

大雨災害で水没した思い出の写真を守るには 富士フイルム提供の対処法に注目
富士フイルムは同社製のカメラやデジタルフォトフレームなどについて、被災者からの修理依頼を半額で受け付ける措置も発表しています。(2018/7/10)

トッパン・フォームズ 検知機能付きICラベル:
アンテナの断線で開封や水ぬれを検知するICラベルが“物流現場のIoT化”に貢献
トッパン・フォームズは、バッテリー不要で簡易センサーとして利用できる検知機能付きICラベル「開封検知ICラベル」と「水濡れ検知ICラベル」を新規開発した。使用するシステムや読み取り用リーダーなどを含め、2020年度までに30億円の売り上げを目指すという。(2018/3/28)

豪雨で水没したハイキングコース エメラルドグリーンに輝く幻想的な水中散歩を撮影
幻想的……。(2018/3/6)

太陽光:
太陽光発電を池に沈める、水害時の対処指針を策定へ
NEDO、JPEA、奥地建産が太陽光発電設備の水没実験を実施。感電などの危険がある水害に遭った発電設備の点検や撤去手法の指針策定に役立てる。(2017/12/6)

Mobile Weekly Top10:
iPhoneに「水没反応」 どうする?/「Galaxy Note8」登場
iPhoneが水没してしまった場合には、メーカー保証の対象外となります。水没してしまったかどうか分からない時は、「ある場所」を確認しましょう。(2017/8/29)

iPhone Tips:
iPhoneが水没したときに確認すべきこと
今回のテーマは「iPhoneが水ぬれで故障したかどうかのチェック方法」です。iPhoneが水没した恐れがある場合、チェックすべき箇所があります。機種ごとに紹介します。(2017/8/27)

冠水した道路への進入は禁物! JAFが360度動画で水没車両からの脱出法を指導
窓を割る道具の重要さがひしひしと伝わります。(2017/8/18)

FUJITSU AI ソリューション Zinraiディープラーニング システム:
あえてのサーバ水没でAIを加速、データ機密が重要な製造拠点にも
製造業においてもディープラーニングは注目されているが、機密性の高い製造データを扱う際にはオンプレミスでの実装が要求される。富士通のZinraiディープラーニング システムはこうした要望に応えるもので、オプションで「液浸」も用意されている。(2017/5/24)

防水スマホはお風呂で使える? 水没したらどうすればいい?
(2017/3/23)

国立情報学研究所、水中で2年以上安定動作する「水没コンピュータ」実現へ マザーボードを水槽や海に沈めて直接水冷
同研究チームはこれまでにも、最長で40日間海中でマザーボードを動作させることに成功している。(2017/2/27)

滋賀県民の鉄板ネタ「琵琶湖の水止めたろか!」を実行すると滋賀県が水没し自滅することが判明
京都「うちらの勝ちどすえ」(2016/10/19)

防水対応の「Apple Watch Series 2」を水没させてみた
プールで泳いでも大丈夫。そう、「Apple Watch Series 2」ならね。(2016/9/16)

本当に大丈夫? 「iPhone 7」を水没させてみた
iPhoneの防水/防塵性能を動画でチェック。(2016/9/16)

ついに防水iPhoneが?:
スマホの水没事故がなくなる未来はやってくるのか
悲しい事故をなくしたい。(2016/7/16)

魚を釣ってたらGoProが釣れた! → 中身を見たら、水没するまでの一部始終とカニが写っていた
残されたデータには、水中にうごめくカニの姿が。(2016/7/13)

iPhoneが故障したら――水没、画面割れ、修理時の対処法まとめ
不注意でiPhoneの画面を割ってしまったり、ケーブルが切れてしまったり、何かと修理した経験がある人も多いのでは?(2016/7/9)

海外旅行中はスマホの扱いにご用心 auが破損・紛失・水没が起きやすい国をランク付け
特にイギリス・シンガポール・インドでは慎重に。(2016/7/6)

R25スマホ情報局:
水没、画面割れ…「モバイル保険」元取る故障頻度は?
さくら少額短期保険の「モバイル保険」はどのようなサービスか。(2016/6/17)

SIM通:
SIMフリーにも使える、月700円で3台まで補償「モバイル保険」
さくら少額短期保険株式会社は、スマートフォンなどのモバイル機器の修理費用を月々700円で最大3台分補償する「モバイル保険」の提供を開始した。盗難や水没で修理できない場合の損害も含め、年間10万円まで補償する。(2016/6/1)

VAIO Phone Bizの破損・水ぬれを最大2年間保証するサポートを提供開始
VAIOは、VAIOストアで販売した「VAIO Phone Biz」へ、メーカー保証に加えて破損・水ぬれなどの一部・全損を保証する「VAIOストア スマートフォンあんしんサポート」を提供開始した。(2016/4/13)

R25スマホ情報局:
ネットの噂「iPhone SEは防水仕様」の真偽
Appleの新製品iPhone SEは公式仕様としては非防水なものの、水没にはある程度耐えられるという実験結果が。(2016/4/8)

上海問屋、水没も防いてぐれる防水スマホケース
ドスパラは、IPX8準拠の防水機能を備えた汎用ケース「DN-13590」の取り扱いを開始した。(2016/3/3)

gooスマホ部:
水没スマホからPCへの写真データ取り込みについて
スマホを水に落としまいました。3日程度乾燥させましたが、電源は入るも画面は映りません。PCに接続して認識してくれましたが、写真データがありませんと……。(2016/2/19)

スマホのトラブルを予報する「ニッポンのスマホ災難予報」、KDDIが期間限定で公開
KDDIは、紛失・破損・水没といった「スマホ災難」に遭う可能性の指数を割り出し、注意喚起を行う「ニッポンのスマホ災難予報」を期間限定で配信する。(2015/11/19)

4色カラバリ!:
水没にも耐える基板コーティングを採用――エレコムからスポーツ用Bluetoothイヤフォン
防水保護等級IPX5に準拠した高い防水性能を誇るBluetooth対応カナル型イヤフォン「LBT-HPC11WP」シリーズがエレコムから登場。水没にも耐えるという撥水基板コーティングを採用した。(2015/11/10)

gooスマホ部:
MNP時に水没した機種のSIMカードは必要ですか?
iPhoneを水没させてしまい、おそらくSIMカードも壊れているかと思います。MNPで機種変更を検討中ですが、水没したSIMカードは無くても手続きできるのでしょうか。(2015/10/8)

iPhone 6sのAppleCare+が値上げ それでも加入するべき?
iPhone 6sとiPhone 6s Plus向けの延長保証「AppleCare+」は、iPhone 6やiPhone 6 Plusの頃と比べてだいぶ値段が上がっています。全損や水没のリスクをどう評価するかで、加入すべきかどうかが変わりそうです。(2015/9/19)

電気自動車:
水没したクルマは発火や感電の恐れあり、エンジンをかけずに対策を
記録的な豪雨により関東周辺の複数の地域で水害が発生した。国土交通省などは発火や感電のおそれがあるとして、浸水・冠水被害を受けた自動車の取り扱いについてユーザーに対して注意を促している。(2015/9/17)

太陽光:
水没した太陽光設備は専門家以外さわってはいけない
太陽光発電協会は2015年9月11日、豪雨被害で水没した太陽光発電設備が多く生まれたことに対し、初期対処法について発表を行った。感電の危険があるため基本的には電気工事士および電気主任技術者などの専門家に任せるべきとした内容だ。(2015/9/14)

豪雨の浜松市、各地で「水没」報告相次ぐ 駅地下通路がまるでプールに
今後も台風18号の接近にともない、水害にはくれぐれもご注意ください。(2015/9/8)

急な雨やレジャーもこれで安心:
防水・防じん・防雪・耐衝撃! iPhone 6に降りかかるリスクを軽減するスマホケース「LIFEPROOF」
水ぬれ、ほこり、本体の落下――スマホに襲いかかるあらゆるリスクを軽減するスマホケースが「LIFEPROOF」だ。今回は「iPhone 6」に対応した3種類のケースをご紹介する。(2015/8/19)

7つの安心サービスをまとめたY!mobileユーザー向け「故障安心パックプラス」提供開始
Y!mobileユーザー向けに、オプションサービス「故障安心パックプラス」が登場。故障や水濡れなど、各種トラブルに対する7つの安心サービスをまとめて提供する。(2015/7/14)

プリンストン、水没にも耐えるIPX8対応のiPad Air用防水ケース
プリンストンは、IPX8に対応したiPad Air用防水ケース「PSA-WBC」シリーズを発売する。(2015/6/19)

理系のみなさんダメ。ゼッタイ。 水没したスマホを真空乾燥させる准教授が話題に
この手があったか!……いや、やめておこう。(2015/6/2)

「キケン! 水濡れ充電」 携帯各社、充電時の事故防止をロゴで啓発
「キケン! 水濡れ充電」――スマートフォンなどの充電時の事故防止の啓発を図るためのロゴとキャッチフレーズを新設。大手3キャリアが採用する。(2015/5/27)

水没したスマホが復活する「魔法の液体」誕生うおぉおおおお!
復活率は90%。(2015/4/30)

ルネサス RX113グループ:
手袋、水ぬれなど利用シーンを試せるタッチキー検出マイコン開発キット
ルネサス エレクトロニクスは、タッチキー検出マイコン「RX113グループ」用の開発キットを2015年5月に発売する。静電容量式タッチキー開発で時間を要したタッチ感度と相反するノイズ耐性の最適化を、自動調整するツールなどが同梱される。(2015/4/21)

自然エネルギー:
ダムの建設で古い水力発電所が水没、2倍の規模に生まれ変わる
北海道の夕張市にある湖のほとりに大規模なダムが完成して、同時に水力発電所が運転を開始した。発電能力は2万kWを超えて、一般家庭2万4000世帯分の電力を供給する。洪水対策のために造った新しいダムによって水没した古い水力発電所に代わるもので、発電規模は約2倍に拡大した。(2015/4/7)

「防水」のホントの意味、知ってますか?:
「iPhoneが自転車の下敷きに」「防水スマホでプールに入ったら……」――あなたに起こった「スマホ悲劇」を教えてください
スマホユーザーにとって最も恐れるべき事態の1つが、端末の破損や水没などのトラブル。誰もが1度は経験する、スマホトラブルの体験談を聞いてきた。(2015/2/10)

自転車はガジェットだ!:
ロード乗りが気にしたいスマホの運び方! さまざまな方法を星付けしてみた
ロードバイクと相性のいいスマホだからこそ、注意したいものが「水没」と「落下」だ。それに対してどのような対処をすればいいのだろう。(2015/1/25)

トップ3は故障・水没・破損――NifMoの「10〜50代女性のスマホトラブル関する調査」から
ニフティのスマートフォンサービス「NifMo」が行った「10〜50代女性のスマホトラブル関する調査」の結果が発表。発生ランキング上位は故障・破損・水没で、経験者の半数近くが2014年中に2回以上遭遇している。(2015/1/22)

自然エネルギー:
最先端の海洋エネルギー発電設備が水没、佐賀県の加部島の沖合で
政府が海洋エネルギーの実証フィールドに選定した佐賀県の沖合で進んでいた発電設備の設置工事が突如中断した。洋上の風力と海中の潮流の両方で発電できる画期的なシステムだが、12月18日に水没してしまった。事業者の三井海洋開発は水没した設備を回収して計画を練り直す。(2014/12/22)

滴る水もへっちゃらな楽天Koboの「Kobo Aura H2O」を使ってみた
防水機能を備えた電子書籍専用端末として楽天Koboから来春リリース予定の「Kobo Aura H2O」。実機を試用する機会が得られたので、さっそく水没(!)させてみた。(2014/12/18)

家の中に宝の山が?:
破損、水ぬれでも買い取りOK! ゲオに聞く「中古スマホ」の高価買い取り術
中古スマホの買い取りに力を入れる「ゲオ」が、中古携帯電話を高値で売るコツを教えてくれた。どんな状態の端末でも買い取ってくれるので、まずは店舗に行ってみよう。(2014/11/21)

まだあわてるような時間じゃない:
水没したスマホが復活するかも――「スマホ・携帯・デジタル機器用 乾燥剤パック」
上海問屋が、水没したデジタル機器向けの乾燥剤パックを発売した。価格は699円。(2014/8/27)

突然のゲリラ豪雨――通知が早いお天気アプリ・ベスト5(iOS編)
夕方になって突然の大雨。毎年恒例となりつつあるゲリラ豪雨だが、水没、雷と危険も隣り合わせ。なんとか避けられないか? そんなときこそお天気アプリの出番だ。(2014/8/8)

ドコモ、iPhoneの紛失・水濡れ補償「ケータイ補償」スタート
水濡れ・紛失・盗難などでiPhoneが使えなくなったユーザーに新しいiPhoneを届ける「ケータイ補償サービス for iPhone」の提供をドコモがスタート。(2013/12/18)

ドコモ、水濡れや破損、紛失などのトラブルを補償する「ケータイ補償サービス for iPhone」を提供
NTTドコモは、水濡れ・紛失・盗難などのトラブルでiPhoneが使えなくなったときに、新しいiPhoneを直接ユーザーに届ける「ケータイ補償サービス for iPhone」を、12月19日から提供する。(2013/12/18)

ゲリラ豪雨で都心が水没 Twitterには冠水・浸水写真が続々と
世田谷区では住宅浸水の被害もあったもよう。(2013/7/23)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。