ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「T-Mobile」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「T-Mobile」に関する情報が集まったページです。

石川温のスマホ業界新聞:
スプリントとT-Mobile USが経営統合へ――孫社長、もはやアメリカ市場は「諦めモード」か
紆余曲折を経たが、ソフトバンクグループ傘下の米Sprintと、ドイツテレコム傘下のT-Mobile USの経営統合の話がまとまった。ソフトバンクグループの孫正義社長が当初描いていた構図とは異なり、経営権はドイツテレコムが主導する形となる。(2018/5/11)

米携帯市場の首位目指す:
「小さな妥協で大きな成果を」――SB孫社長がSprint合併を受け入れたワケ
ソフトバンクグループの孫正義社長が、傘下で米携帯市場4位のSprintと同3位のT-Mobile USの合併にコメント。「大きな成果を得るために、小さな妥協をした」という。今後は上位2社に大規模な競争を仕掛けるという。(2018/5/9)

「恥ずかしいが、飲み込む」 SprintとT-Mobile統合、ソフトバンク孫会長が“妥協”した理由
ソフトバンクグループ傘下の米Sprintが、独Deutsche Telekom傘下の米T-Mobile USと事業統合する。交渉決裂を繰り返し、ようやく実現したが、ソフトバンクグループの孫正義会長は“ある点”を妥協した。新会社の経営権だ。(2018/5/9)

ソフトバンク傘下のSprintとT-Mobileが合併で合意 T-Mobileとして5Gに邁進
米携帯市場3位のT-Mobileと4位でソフトバンク傘下のSprintが合併することで合意に達した。新会社の名称はT-Mobileになり、米国での5Gネットワークの覇権を狙う。孫正義氏とSprintのCEOは取締役に就任する。(2018/4/30)

ソフトバンク傘下のSprint、T-Mobileと合併へ 5Gのネットワーク構築を有利に
ソフトバンクグループの子会社のSprintと、米T-Mobileが合併に向けて同意した。米国のキャリアは3社になる。2社のインフラを活用することで、5Gネットワークの構築を有利に進めていく。(2018/4/30)

T-Mobile、TVサービスを2018年に立ち上げへ 「消費者に選択の自由を」とレジャーCEO
米通信事業者第4位のT-Mobileが、2018年中に有料放送テレビ市場に参入すると発表した。ジョン・レジャーCEOは「消費者の嫌われ者、CATV企業と衛星TV企業と戦う」と宣言した。(2017/12/14)

IoT時代の戦略に必要と判断:
「10日前に電話で断った」 SB孫社長、Sprint統合交渉の裏側語る
ソフトバンクグループの孫正義社長が11月6日開いた2017年4〜9月期の決算会見で、米Sprintと米T-Mobile USの統合交渉が破談に終わった背景を説明した。(2017/11/7)

気持ちは「晴れやか」――SprintとT-Mobile USの統合交渉「終了」で孫社長
ソフトバンクグループが2017年度第2四半期決算説明会を開催した。会の冒頭、孫正義社長は米SprintとT-Mobile USの統合交渉終了について「晴れやかだ」と説明した。(2017/11/6)

NVIDIA株上昇のファンドも貢献:
ソフトバンク、上半期は営業益35%増 統合破談のSprintが好調
ソフトバンクグループが2017年4〜9月期の連結決算を発表。米T-Mobile USとの統合が破談に終わった米携帯子会社Sprintが好調だった。米NVIDIA株が上昇した影響で「Softbank Vision Fund」も大きく貢献した。(2017/11/6)

「負け惜しみではなく、晴れやかな意思決定」――孫社長、SprintとT-Mobileの“交渉決裂”に言及
「99%の人には負け惜しみと思われるかもしれないが、晴れやかな意思決定をした」――SprintとT-Mobileの“交渉決裂”について、孫社長が決算説明会で言及した。(2017/11/6)

T-Mobile USと交渉中止:
ソフトバンク、Sprint株を追加取得 統合交渉破談で
ソフトバンクグループが、米子会社Sprintの株式を追加取得すると発表した。米携帯市場3位の米T-Mobile USとの統合交渉が破談に終わったことを受け、Sprintへのサポートをさらに強化する狙い。(2017/11/6)

ソフトバンク傘下のSprintとT-Mobileの経営統合は交渉決裂
米携帯市場3位のT-Mobileと4位でソフトバンク傘下のSprintが、合併交渉で合意にいたらなかったと正式に発表した。米メディアによると、合併後の指導権をめぐって合意できなかったという。(2017/11/5)

交渉打ち切りか:
Sprint・T-Mobile合併、ソフトバンク取締役会が疑問=関係筋
ソフトバンクの取締役会は、傘下の米携帯電話大手Sprintと米同業T-Mobile USの合併について、統合後企業の経営権を失うとの懸念から、疑問を示している。(2017/10/31)

ソフトバンクが狙うT-Mobile、純利益50%増の好決算
米携帯キャリア3位のT-Mobile USが増収増益の好決算を発表した。ソフトバンク傘下のSprintとの経営統合のうわさが高まる中、ジョン・レジャーCEOは会見を開かず、YouTube動画で「うわさに惑わされず業績だけを見てほしい」と語った。(2017/10/24)

ソフトバンク、SprintをT-Mobile USと経営統合か
ソフトバンクグループが、米Sprintを米T-Mobile USと経営統合させる方針で、独Deutsche Telekomと大筋合意したと、日本経済新聞が報じた。(2017/10/16)

合意の段階ではないが:
T-Mobile US、Sprint買収を模索=関係筋
米携帯電話大手T-Mobile USがソフトバンクグループ傘下の米同業Sprintを株式交換で買収する可能性を模索しているという。(2017/9/20)

ソフトバンク傘下のSprint、Verizonからのスイッチユーザーに1年無料キャンペーン
ソフトバンク傘下のSprintが、Verizonからの乗り換えユーザー獲得キャンペーンを開始した。Verizonから乗り換えると1年間はSprintのサービスをほぼ無料で使える。Sprintは業界3位の座をT-Mobileと争っている。(2017/6/14)

京セラ、北米向け高耐久スマホ「DuraForce PRO」をT-Mobileから発売
京セラは、北米向け高耐久スマートフォン「DuraForce PRO」をT-Mobileから発売。これによりすでに販売しているAT&T、Sprint、Verizon Wirelessを含めた米国の4大通信業者から購入可能となった。(2017/6/13)

T-Mobile、“1台で複数番号/1つの番号を複数端末”の「DIGITS」スタート
米通信キャリア3位のT-Mobileが、携帯番号を複数のスマートフォン・タブレット・PCなどで使える新サービス「DIGITS」を現行加入者に無料で提供する。このサービスでは、1番号当たり月額10ドルで携帯番号を追加することもできる。(2017/5/26)

孫社長が語る米国戦略 2019年に2.5GHz帯の5Gサービス開始、T-Mobileの買収意欲が再燃
ソフトバンクグループ、Sprint、Qualcommの3社が、2.5GHz帯を使った5G技術を共同で開発する。2019年後半に、5Gに対応した商用サービスと端末を米国で提供する予定。孫社長は「最も先進的なネットワークを、誰よりも早く大規模で作る」と自信を見せる。(2017/5/10)

石川温のスマホ業界新聞:
「スプリント売却か、それともT-Mobile買収か」――孫社長は「経営権譲渡報道」にMWCで何を語るのか
ソフトバンクグループが、傘下にある米Sprintの経営権をT-Mobile USに譲渡するという報道が一部にあった。ソフトバンクグループの孫正義社長の「腹の内」は一体どうなっているのだろうか?(2017/2/24)

ソフトバンク、SprintのT-Mobileへの売却検討中?──Reuters報道
ソフトバンクが、かつて断念したSprintとT-Mobileの合併を再検討しているとReutersが報じた。ただし、T-Mobileを買収するのではなく、Sprint株のほとんどを売却し、支配権を放棄したがっているという。(2017/2/18)

Deutsche Telekomのルータで大規模障害、マルウェア「Mirai」が関与か
Deutsche Telekom顧客のルータが外部からの攻撃を受けて障害に見舞われた。IoTマルウェア「Mirai」の関与が指摘されている。(2016/11/30)

「Pokemon GO」利用は1年間データ通信無料──T-Mobileが太っ腹なプレゼント
「Pokemon GO」の爆発的な人気を受け、米通信キャリアのT-Mobileが利用者プレゼントとして、向こう1年間の同ゲーム利用についてはデータ通信料を無料にする。ポケストップが目的地ならLyftの料金を無料にしたり、Wendy'sのフロスティを無料にするサービスも(これらは1日限定)。(2016/7/15)

ファーウェイとドイツテレコム:
ミリ波のMU-MIMOで70Gbpsの通信速度を達成
Huawei(ファーウェイ)は、Deutsche Telekom(ドイツテレコム)と共同でミリ波(73GHz帯)を用いたMU-MIMOのライブデモを実施したと発表した。ライブデモでは、最大70Gビット/秒の通信速度を実現し、MMFA技術により同一時間/同一周波数での送受信を可能にしたという。(2016/2/25)

Google、独自モバイル通信サービス「Project Fi」発表 LTE+Wi-Fi体験を低価格で
Googleが提携キャリア(SrpintとT-Mobile)のLTE網と100万以上のWi-Fiスポットをシームレスに利用できる月額20ドル+データ通信料のモバイル通信サービス「Project Fi」を立ち上げた。1つの電話番号でiPhoneやMacでも通話とメッセージングが可能だ。(2015/4/23)

Apple Pay対抗:
Google、米3大キャリアの端末に「Google Wallet」をプリインストールへ
Googleが、AT&T、T-Mobile、Verizonが販売するAndroid端末にモバイル決済サービス「Google Wallet」をプリインストールすると発表した。また3社によるジョイントベンチャーSoftcardのモバイル決済技術をGoogle Walletに統合することで、「Apple Pay」に対抗する。(2015/2/24)

クックCEO、ナデラCEO、コストロCEOも“氷バケツ”動画を公開 ビル・ゲイツ氏は?
草の根的に始まったSNSでの筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者サポート運動「Ice Bucket Challenge」がIT企業幹部に広まっており、Facebook、Apple、Microsoft、Twitter、T-MobileなどのCEOが氷水を頭からかぶる動画を公開している。【UPDATE】ビル・ゲイツ氏と米Amazonのジェフ・べゾフCEOも動画を公開した。【UPDATE2】Googleの共同創業者らも動画を公開した。(2014/8/15)

石川温のスマホ業界新聞:
「T-MobileUS買収断念ショック」か、孫社長が別人に━━SIMロック解除義務化、クーリングオフも容認へ
ソフトバンクの孫社長は、決算会見でSIMロック解除やクーリングオフについて、容認する発言をした。さらに、純増数については「形骸化していた」と語り、これまでとは全く違うスタンスを見せた。(2014/8/15)

ソフトバンク傘下のSprint、新CEOにやはり傘下のBrightstarのCEO
ソフトバンクが、T-Mobileの買収を断念したSprintの新CEOとして、孫正義会長が高く評価するBrightstarの創業CEO、マルセロ・クラウレ氏を指名した。(2014/8/7)

ソフトバンク、T-Mobileの買収を断念か──Wall Street Journal報道
ソフトバンク傘下のSprintが検討してきたT-Mobileの買収を断念したとWall Street JournalやBloombergが伝えた。当局による承認を得るのが非常に困難だという判断という。(2014/8/6)

ソフトバンクが買収交渉中のT-Mobileに仏キャリアIliadが買収提案
ソフトバンクによる買収で大筋合意したと報じられているT-Mobile USに対し、仏通信キャリアのIliadが買収を提案した。(2014/8/1)

ソフトバンク、Googleのベテラン幹部をバイスチェアマン兼「インターネット&メディア」のCEOに任命
Googleの上級副社長兼CBO(最高事業責任者)、ニケシュ・アローラ氏がソフトバンクにバイスチェアマン兼新設の米子会社のCEOに迎えられる。同氏はGoogle入社前はソフトバンクが買収しようとしているT-MobileのCEOを務めていた。(2014/7/18)

「iPhone 5sで1週間お試しください」──孫社長が狙うT-Mobileが“試運転”キャンペーン
米通信キャリア4位でSprintによる買収がうわさされるT-Mobile USが、自慢の高速ネットワークを競合の顧客に試してもらうためにiPhone 5sを7日間無料で貸し出す「Test Drive」キャンペーンを発表した。(2014/6/19)

石川温のスマホ業界新聞:
「アメリカのLTEは高くて遅くて本当に最悪だ」━━T-Mobile買収を前に孫正義社長がアメリカで宣戦布告
米国時間の3月11日に米国で講演を行ったソフトバンクの孫社長。Sprintに続き、米・第4位の通信キャリアT-Mobile USの買収を意識しているのだろうか。(2014/3/20)

孫正義氏、「SprintによるT-Mobile買収は米国に真の競争をもたらす」と主張
ソフトバンクの社長でSprintの会長でもある孫正義氏が米国の報道番組に出演し、SprintによるT-Mobileが実現すれば、2社寡占状態である米国の通信市場に健全な競争をもたらすことができると語った。(2014/3/12)

Open Mobile Summit 2013:
キャリアの役割は単なるダムパイプなのか?――ドコモ、T-Mobile、Verizonが語る
米サンフランシスコで11月中旬に開催された「Open Mobile Summit 2013」で、VerizonとT-Mobile、そしてNTT DOCOMO USAのキーパーソンがLTE時代のモバイル戦略を語った。キャリアの役割とは、単なるダムパイプなのか、それとも――。(2013/11/25)

京セラの防水・耐衝撃端末、米国T-Mobieの法人向け端末として発売
京セラは、米国T-Mobile向けとして初めて、防水・耐衝撃で4G LTEに対応した「Hydro XTRM」を納入。11月20日から法人顧客向けに発売される。(2013/11/15)

ドイツ書店チェーン大手4社とDeutsche Telekom、電子書籍端末「Tolino Shine II」を来週発表
ドイツの主要書店グループとドイツテレコムによる共通デジタル・リーディング・プラットフォーム「Tolino」ブランドの最新モデルが来週登場するとみられる。(2013/10/3)

Tolino Shineのファーストインプレッション
ドイツの主要書店グループとドイツテレコムの共通プラットフォーム「Tolino」の電子書籍リーダー端末「Tolino Shine」をSID Display Week 2013で体験。(2013/5/27)

Samsung GALAXY S 4、米国では7キャリアが発売へ
Samsung GALAXY S IIIの後継であるGALAXY S 4は、米国では4月24日にT-Mobileが発売する他、7キャリアが扱う。(2013/4/18)

iPhone、米キャリア4位のT-Mobileも4月12日発売
ついに米国では主要キャリアすべてがiPhoneを販売することになる。最後発のT-Mobileは実質的に競合より安い価格設定とLTEネットワークの拡大で挑む。(2013/3/27)

Kindleに対抗できるか――ドイツ複数書店が共通プラットフォーム「Tolino」発表
ドイツの主要書店グループとドイツテレコムが共通デジタル・リーディング・プラットフォーム「Tolino」ブランドを発表した。(2013/3/12)

米通信キャリアT-MobileとMetroPCSが合併へ――Sprint-Nextelに次ぐ4番手に
2社が合併すると合計の加入者数は4200万人となり、Verizon Wireless、AT&T、Sprint-Nextelに次ぐ全米4位のキャリアとなる。(2013/3/7)

iPhone、米キャリア4位のT-Mobileも販売開始へ
米国の主要キャリア、AT&T、Verizon Wireless、Sprintに加え、業界4位のT-Mobileも2013年からiPhoneを販売する。(2012/12/7)

せかにゅ:
携帯ショップに怒った客、店内を壊して逮捕【動画あり】
イギリスのT-Mobileのショップで、返金が受けられないことに怒った客がディスプレイを壊したり、消火器をまいたりして逮捕されました。(2012/7/3)

AT&T、T-Mobileの買収を断念
AT&Tが4Gネットワーク拡大の目的で計画したT-Mobileの買収を断念した。この買収は、米政府当局が独禁法違反の疑いで反対していた。(2011/12/20)

Nokia初のWindows Phone「Lumia 710」、米国で1月に発売
Nokia初のWindows Phone 7.5端末「Lumia 710」は、米国ではT-Mobileが1月に49.99ドルで発売する。ネットワークは4G(HSPA+)に対応する。(2011/12/15)

AT&TのT-Mobile買収に反対する報告書をFCCが公開
成立すればAT&Tが米通信キャリアとして圧倒的な首位になるはずの買収に米規制当局が待ったをかけた。AT&Tは買収の代わりに合弁会社の設立を検討しているという。(2011/12/1)

イー・アクセス、オーストリアで「海外データ1日定額」を開始
イー・アクセスは、オーストリアの通信事業者であるT-Mobile Austriaのネットワークを利用し、同国で「海外データ1日定額」を開始する。(2011/10/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。