ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「テキストマイニング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「テキストマイニング」に関する情報が集まったページです。

医療の「知る権利」と「知らない権利」
Facebookの医療データ共有プロジェクト停止で争点となったプライバシー問題とは
匿名化した患者データをFacebookのユーザープロフィールと照合するという研究目的のプロジェクトに対し、一部の専門家からプライバシー問題を懸念する声が出ている。(2018/4/27)

電子カルテや医師のメモを自然言語処理で分析
米国大学病院の医療用テキストマイニングツール活用事例、導入の苦労や成果は?
ペンシルベニア大学系列の医療グループ「Penn Medicine」は、自然言語処理技術で非構造化データを利用して、分析の質や患者ケアの向上につなげた。導入から活用までのプロセスや課題を紹介する。(2018/4/3)

企業が保有する日本語文章を価値化:
「不満買取センター」運営のInsight Tech、日本語文章を解析するクラウドサービス「ITAS」を提供開始
Insight Techは、日本語文章解析クラウドサービス「ITAS」を本格展開すると発表した。(2018/3/27)

AIソリューション開発を強力に支援:
非構造化データから問題を早期発見――SAS、アナリティクス環境「SAS Platform」の最新リリースを発表
AIソリューション開発を容易にする「SAS Platform」の最新リリースが発表された。新製品の「SAS Visual Text Analytics」「SAS Visual Data Mining and Machine Learning」の新リリース、Webインタフェースが主な特徴だ。(2018/2/1)

日本腎臓学会のテキストマイニング事例
医師が論文検索に「TensorFlow」活用、人間なら心が折れる作業も深層学習で効率化
医師が診療ガイドラインを策定するための論文検索に深層学習を活用した。用いたのはGoogleが開発した「TensorFlow」。人間の労力を減らし、人間が見落としていたものを発掘するなどの効果が得られた。(2018/1/11)

ディープラーニングでテキストマイニング:
TensorFlowを使った機械学習を論文抽出に適用、ヒントは大学入試問題対策の裏ワザ
医師が、ディープラーニングフレームワークのTensorFlowを自ら用い、診療ガイドラインの作成における「心の折れる作業」である論文スクリーニング作業を自動化。効果を実証した。ヒントは共通一次試験の対策本にあった。(2017/12/21)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(16):
続・ハードウェアはこれからのデータベースの在り方をどう変えるか――ストーンブレーカー氏が語る機械学習への進化
これからのデータベースの在り方について、リレーショナルデータベース技術のパイオニアの1人であるマイケル・ストーンブレーカー氏に話を聞いた。今回は、同氏へ行ったインタビューの後編をお届けする。(2017/11/24)

システムと組織の両面で改革:
カードの不正利用もAIで暴く――JCBのデータ活用、その裏で活躍する分析チームの姿
国産クレジットカードの草分け的存在であるJCB。最近では、カードの不正利用検知にAIを利用するなど、データ活用を進めている。膨大なデータを保有するクレジットカードをビジネスに役立てるため、システムと組織の両面で改革を進めているのだという。(2017/11/13)

Over the AI ―― AIの向こう側に(13):
弱いままの人工知能 〜 “強いAI”を生み出すには「死の恐怖」が必要だ
AI(人工知能)には、「人間のアシストをする“弱いAI”」と「知性を持つ“強いAI”」があるという考え方があります。私は、現在の「AI」と呼ばれているものは、全て“弱いAI”と思っています。では、私たちは“強いAI”を生み出すことができるのでしょうか。それを考えるには、人間にとって、恐らくDNAレベルで刻まれているであろう普遍的な感覚、「死への恐怖」がヒントになりそうです。(2017/7/27)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(29):
機械学習/Deep Learningが気になる人も要注目、「アルゴリズム」の基本が学べる無料の電子書籍150ページ
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第29弾では「コーディングに役立つ!アルゴリズムの基本」10回分を1冊のPDFとしてまとめた。アルゴリズムとは何か? なぜ学ぶべきなのだろうか?(2017/6/30)

マストドンつまみ食い日記:
ユーザーローカル、マストドン検索に参入
「マストドンリアルタイム検索」が提供開始された。(2017/5/24)

【期間限定】オンラインセミナー
ディープラーニング&SparkでGO! GO! AI環境構築のヒント 一挙公開!
(2017/5/23)

IT投資、どうすれば経営陣を説得できる? 日本IBMのCTOに聞いてみた
新聞でもAIやFintechといったキーワードが毎日のように取り上げられている今、ITトレンドに興味を持つ企業の経営者が増えつつある。「何か新しいビジネスができないか」と考える“経営陣”に正しくITを伝える重要性は増しているという。(2017/3/27)

オンラインセミナー「ディープラーニングとSparkでGO!」
ディープラーニング、Sparkによるデータ活用の始め方と、環境構築に最適な基盤の選び方
(2017/2/9)

FinTech時代、銀行系システムはどうあるべきか(4):
銀行がFinTech時代を勝ち抜くために行うデータ活用の事例とアーキテクチャ、テクノロジー
本連載では、銀行系システムについて、その要件や歴史を整理しつつ、スマートフォンを使う銀行取引やブロックチェーンなど、新しい技術が及ぼす影響を考察していきます。今回は、銀行を取り巻く環境の変化を整理し、顧客理解をより深める「データ分析」について詳細に見ていきます。(2017/1/17)

コグニティブ製品を開発するオープンテキスト、「Watson」の半額以下にできる理由
IBMやマイクロソフトが使い、人工知能におけるキーワードの1つになった「コグニティブ」。EIMを手掛けるオープンテキストもソリューションを開発しているという。Watsonよりもはるかに安くソリューションを提供できるとのことだが、その理由とは?(2016/12/16)

【10月12日開催】LIVEオンラインセミナー
SparkでGO! Spark環境 簡単構築セミナー 〜あなたの欲しい環境を“すぐに”、“簡単に”、“思いのままに”
(2016/9/21)

Over the AI ――AIの向こう側に(2):
我々が求めるAIとは、碁を打ち、猫の写真を探すものではない
ちまたには「人工知能」という言葉が氾濫しています。ですが、明言しましょう。「人工知能」という技術は存在しません。そして、私たちがイメージする通りの「人工知能」の実現も、恐らくはまだまだ先になるでしょう。(2016/8/29)

@cosme shoppingで導入:
Web接客の「KARTE」が「NaviPlus レコメンド」と連携開始
プレイドは、同社が提供するWeb接客プラットフォーム「KARTE」において、ナビプラスが提供するレコメンドエンジン「NaviPlus レコメンド」との連携を開始した。(2016/8/4)

小説もブログも Web上の作品を登録して作家デビューを目指す「ツギクル」β版公開
無料でWeb上の作品を発表し閲覧できるポータル「ツギクル」のβ版がオープン。先行して小説とブログの登録受付を行い、16年秋の正式オープンからAIによる作品分析などの各種機能提供を予定する。(2016/7/26)

日本に合わせた適切なローカライズ対応を実現:
データセクション、ソーシャルメディア分析のSprinklrに日本語センチメント分析エンジンを提供
データセクションは、統合ソーシャルマネジメントプラットフォーム「Sprinklr」に対する日本語センチメント分析エンジンの提供を開始したと発表した。(2016/6/20)

製造ITニュース:
東京・大阪にSAP HANA Cloud Platformのデータセンターを開設
SAP SEは、「SAP HANA Cloud Platform」のデータセンターを東京と大阪に開設する。国外データセンターの利用制限している企業や組織でも、SAP HANA Cloud Platformを利用できるようにする。(2016/6/20)

Weekly Memo:
SAPが「HANA Cloud Platform」に込めた大いなる野望
SAPがPaaS型クラウドサービス「SAP HANA Cloud Platform」の日本での事業展開を強化すると発表。このサービスには同社の大いなる野望が込められていることが分かる。(2016/6/13)

顧客の自由な発言から感情を分析:
人工知能を駆使したテキストマイニングシステム、エイジアが「WEBCAS」シリーズに追加
エイジアは、人工知能を搭載したテキストマイニングシステム「WEBCAS Sense Analyzer」を発売すると発表した。(2016/5/17)

【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第1回
データ分析がビジネス課題の解決に生かせていない本当の理由
ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。(2016/5/9)

Database Watch(2016年3月版):
Sparkは“誰”に例えられる?──多様化と進化を続ける「Hadoop」、人気急上昇「Spark」
先日、日本Hadoopユーザー会主催のイベントが開催されました。データベースと関係性が深いデータ分散処理プラットフォームである「Hadoop」と「Spark」の最近事情に迫ります。(2016/3/7)

「Watson」日本語版APIを提供スタート 三菱東京UFJ銀行、第一三共など導入へ
日本アイ・ビー・エムとソフトバンクが、Watsonの日本語版APIの提供を始めた。言語・音声認識の6種類を用意し、三菱東京UFJ銀行や第一三共などが導入を決めている。(2016/2/19)

エコシステム拡大に意欲:
Watson日本語版が提供開始、5つの産業分野を“狙い撃ち”
IBMの認知型テクノロジー「Watson」の日本語化サービスが正式にスタート。6つのAPIを公開した。記者会見ではパートナー5社のデモが披露されるなど、「Watsonエコシステム」の拡張に意欲的な様子がうかがえる。(2016/2/19)

ユーザーが現在利用している環境は「高い」「使いにくい」:
6割弱の企業がデータ分析ツールのリプレースを検討――ITR調査
アイ・ティ・アール(ITR)は、RDBMSやDBMSアプライアンス、データ分析/レポーティングなどを対象とした市場調査レポートを発刊した。それによると、現在利用しているデータ分析/レポーティング製品/サービスのリプレースを予定している企業は6割近くに上った。(2016/1/6)

あなたが今年“最もツイートした言葉”は? ユーザーローカルが分析ツールを公開
2015年にツイートした言葉を分析・可視化するツールを、ユーザーローカルが提供開始した。(2015/12/21)

医療技術ニュース:
統合失調症の病名変更が新聞報道に与えた影響
東京大学は、過去約30年間の新聞記事2200万件をテキストマイニングで解析し、精神分裂病から統合失調症への名称変更が新聞報道に与えた影響を明らかにした。(2015/12/17)

【連載】MROCでリアルタイムにユーザーの本音を引き出す 第3回:
人工知能で膨大な「カスタマーの声」を解析、リクルート流ビッグデータ活用術
リクルートグループ全体でMROC(Marketing Research Online Community)活用を活発化させる際に導入が必要となってきたテキストマイニングを基盤としたデータ解析について述べます。(2015/12/11)

「自然言語処理」のプロに聞く:
世界の言語をつなぎ、国を越えて仲良く話せる人を増やしたい――金山博さん
人間の話し言葉を分析する「自然言語処理」が注目を集めている。耳慣れない言葉かもしれないが、Siriやしゃべってコンシェルなど、私たちは知らず知らずのうちにその恩恵を受けているのだ。そこで「Watson」のシステムを支える研究員に、自然言語処理の面白さと未来について聞いてみた。(2015/10/14)

リサーチ会社がユーザーの立場で独自開発:
「自由回答」から手軽にインサイトを得るオンラインテキストマイニングツール、マイボイスコムが提供開始
マイボイスコムは2015年10月6日、同社が独自に開発したオンラインテキストマイニングツール「TextVoice」の提供を開始したと発表した。(2015/10/7)

どれを選べばいいか分からない担当者へ
いつか役に立つビッグデータ分析ソフトウェア9選 小さな機能差が大きな違いを生む
どれも同じような特徴や機能を備えていると思われがちなデータ分析ソフトウェア。本稿では9社の主要データ分析ソフトウェアベンダーの製品を比較し、各製品の違いを紹介する。(2015/9/15)

PR:「インダストリー4.0」は、日本のものづくりをどう変えるのか
IoTを製造プロセスに応用し、その上流から下流までネットワーク化することで製造業の変革に取り組むドイツ。「インダストリー4.0」は、日本のものづくりの将来にどのような影響を与えるのだろうか。「デル・エグゼクティブ・フォーラム」には、日本のものづくりとITをつなぐキーパーソンが集結。活発な議論がなされた。(2015/8/24)

5分でわかる最新キーワード解説:
バグは金曜日に生まれる?「MSR」最前線
MSR(Mining Software Repositories)とはソースコードやドキュメントなど、開発に関して蓄積された情報を精査し、生産性や品質の向上に役立てようとする技術です。「バグが発生する日は金曜日」など気付かなかったコトが見えるようになります。(2015/8/13)

ユーザーローカル、無料のテキストマイニングツール公開 Twitterの“口ぐせ”分析も可能
ユーザーローカルが無料のテキストマイニングツールを公開。Twitterアカウントと連携すれば、ツイート内容の分析も可能だ。(2015/7/10)

テレビとソーシャルの融合を加速:
データセクション、テレビ番組に関するツイートを即時分析できる「TV insight」を提供
データセクションは2015年7月6日、テレビ番組に関するTwitter上の発言を即時に分析し、テレビとソーシャルの融合を加速させるソーシャルメディア分析サービス「TV insight」の提供を開始した。(2015/7/8)

ヘルスケアだけで終わらせない医療IT(4):
Watsonはスマートフォン/ウェアラブル端末で収集したユーザーデータの活用で医療ITを革新できるのか
「IBM Watson」は、スマートフォンやウェアラブル端末などのデバイスから収集したデータと、電子カルテや遺伝子情報などの膨大な医療情報とを有機的に結び付けて医療現場の活動を支援できる認知システムとして注目を集めている。本稿では、2015年5月19日、20日に東京で開催された「IBM XCITE SPRING 2015」での講演内容を基に、IBM Watsonがどのように進化し、医療やライフサイエンス分野で活用されようとしているのかを紹介する。(2015/6/25)

Database Watch(2015年5月版):
SAPのPaaS「SAP HANA Cloud Platform」は日本に浸透するか?
SAPもクラウドプラットフォーム展開を本格化。日本国内でのデータセンター開設はいつになる? イベント「SAP Tech JAM」で、動向をウオッチした。(2015/6/1)

【連載】実践! ケーススタディから学ぶテキストマイニング:
第5回 データマイニングを事業に活かすための組織体制とは
これまではテキストマイニング、データマイニングをする上での手法や注意点を紹介した。第5回の今回は、データをビジネスに活かす方法、特に組織作りについてお伝えしよう。(2015/3/12)

グローバルビジネスに活用:
日立ソリューションズ東日本のテキスト分析システム、英語/中国語にも対応
日立ソリューションズ東日本は2月16日、コールセンターに寄せられたコメントや意見、クレームなどのほか、製品の故障報告、特許情報などあらゆるテキスト分析を可能にするテキストマイニングシステム「CoreExplorer(コアエクスプローラー)」の最新版「CoreExplorer 3.0」をリリースした。CoreExplorer 3.0では従来の日本語テキストに加え、中国語/英語に対応し、さらに分析機能が強化されている。(2015/2/16)

【連載】実践! ケーススタディから学ぶテキストマイニング:
第4回 データマイニングで陥りがちな「分析のワナ」
過去3回目の連載では、テキストマイニングの概論と、意図したインサイトを導き出す手法をご紹介した。しかしこれだけですべて上手く分析できる、というわけではない。テキストマイニングには、分析結果の信頼性を大きく左右するさまざまなワナが存在するのだ。第4回は、正確なインサイトを導き出すため、分析のプロセスにおいて注意すべきポイントについてお伝えしよう。(2015/2/5)

【連載】実践! ケーススタディから学ぶテキストマイニング:
第3回 実データに学ぶテキスト分析手法の使い分け
過去2回分の連載記事を通じて「テキストマイニング実施の価値とは何か」「一般的にどういった手法があるか」をご紹介してきた。第3回である今回は、実際にOKWave.jpに集まったQ&A投稿とそれを基にした分析レポートを題材に、テキストマイニングによって意図したインサイトを導き出すプロセスを具体的にご紹介していこう。(2015/1/8)

【連載】実践! ケーススタディから学ぶテキストマイニング:
第2回 顧客の声はどこから集める? 5つの分析手法の長所と短所
テキストマイニングに取り組む際は、実施の目的に照らして最適な分析手法を選定する必要がある。多様な分析手法の長所/短所について、それぞれ個別に解説する。(2014/12/10)

IT用語解説系マンガ:食べ超(62):
銀河テキストマイニングガイド
さようなら、いままでピボットテーブルをありがとう(2014/11/26)

【連載】実践! ケーススタディから学ぶテキストマイニング:
第1回 「誰も知らない需要」を読み解くテキストマイニング
市場分析や製品サービス改善など、幅広い領域において注目を集めているビッグデータ活用。企業はいかにして効率的/効果的に取り組むべきか? オウケイウェイヴのOKWave総合研究所 所長 佐藤哲也氏が、独自のQ&Aデータと分析ノウハウを用いて分かりやすく解説する。(2014/11/13)

IT用語解説系マンガ:食べ超(61):
重い話は軽量言語で打ち明けよう
フロント側で全て完結させるんだ!(2014/11/12)

【連載】インサイトをめぐる冒険:
第4回 潜在興味が照らし出す専門メディアの新たな価値
潜在興味を言語化できる武器「Topic Model」を手に入れたことで、消費者の「潜在インサイト」を的確に刺激する高精度なターゲティング広告の展開が可能となりました。実は、その広告を展開する専門メディア側の価値を高めるのにも、潜在興味は大きな力を発揮します。いったい、どのような価値を与えるのでしょうか? 今回は、一転して、専門メディア側から見て、「潜在興味がどのようなメディアの価値に影響するのか」についてお話したいと思います。(2014/9/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。