ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「テキストマイニング」最新記事一覧

【10月12日開催】LIVEオンラインセミナー
SparkでGO! Spark環境 簡単構築セミナー 〜あなたの欲しい環境を“すぐに”、“簡単に”、“思いのままに”
(2016/9/21)

Over the AI ――AIの向こう側に(2):
我々が求めるAIとは、碁を打ち、猫の写真を探すものではない
ちまたには「人工知能」という言葉が氾濫しています。ですが、明言しましょう。「人工知能」という技術は存在しません。そして、私たちがイメージする通りの「人工知能」の実現も、恐らくはまだまだ先になるでしょう。(2016/8/29)

@cosme shoppingで導入:
Web接客の「KARTE」が「NaviPlus レコメンド」と連携開始
プレイドは、同社が提供するWeb接客プラットフォーム「KARTE」において、ナビプラスが提供するレコメンドエンジン「NaviPlus レコメンド」との連携を開始した。(2016/8/4)

小説もブログも Web上の作品を登録して作家デビューを目指す「ツギクル」β版公開
無料でWeb上の作品を発表し閲覧できるポータル「ツギクル」のβ版がオープン。先行して小説とブログの登録受付を行い、16年秋の正式オープンからAIによる作品分析などの各種機能提供を予定する。(2016/7/26)

日本に合わせた適切なローカライズ対応を実現:
データセクション、ソーシャルメディア分析のSprinklrに日本語センチメント分析エンジンを提供
データセクションは、統合ソーシャルマネジメントプラットフォーム「Sprinklr」に対する日本語センチメント分析エンジンの提供を開始したと発表した。(2016/6/20)

製造ITニュース:
東京・大阪にSAP HANA Cloud Platformのデータセンターを開設
SAP SEは、「SAP HANA Cloud Platform」のデータセンターを東京と大阪に開設する。国外データセンターの利用制限している企業や組織でも、SAP HANA Cloud Platformを利用できるようにする。(2016/6/20)

Weekly Memo:
SAPが「HANA Cloud Platform」に込めた大いなる野望
SAPがPaaS型クラウドサービス「SAP HANA Cloud Platform」の日本での事業展開を強化すると発表。このサービスには同社の大いなる野望が込められていることが分かる。(2016/6/13)

顧客の自由な発言から感情を分析:
人工知能を駆使したテキストマイニングシステム、エイジアが「WEBCAS」シリーズに追加
エイジアは、人工知能を搭載したテキストマイニングシステム「WEBCAS Sense Analyzer」を発売すると発表した。(2016/5/17)

【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第1回
データ分析がビジネス課題の解決に生かせていない本当の理由
ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。(2016/5/9)

Database Watch(2016年3月版):
Sparkは“誰”に例えられる?──多様化と進化を続ける「Hadoop」、人気急上昇「Spark」
先日、日本Hadoopユーザー会主催のイベントが開催されました。データベースと関係性が深いデータ分散処理プラットフォームである「Hadoop」と「Spark」の最近事情に迫ります。(2016/3/7)

「Watson」日本語版APIを提供スタート 三菱東京UFJ銀行、第一三共など導入へ
日本アイ・ビー・エムとソフトバンクが、Watsonの日本語版APIの提供を始めた。言語・音声認識の6種類を用意し、三菱東京UFJ銀行や第一三共などが導入を決めている。(2016/2/19)

エコシステム拡大に意欲:
Watson日本語版が提供開始、5つの産業分野を“狙い撃ち”
IBMの認知型テクノロジー「Watson」の日本語化サービスが正式にスタート。6つのAPIを公開した。記者会見ではパートナー5社のデモが披露されるなど、「Watsonエコシステム」の拡張に意欲的な様子がうかがえる。(2016/2/19)

ユーザーが現在利用している環境は「高い」「使いにくい」:
6割弱の企業がデータ分析ツールのリプレースを検討――ITR調査
アイ・ティ・アール(ITR)は、RDBMSやDBMSアプライアンス、データ分析/レポーティングなどを対象とした市場調査レポートを発刊した。それによると、現在利用しているデータ分析/レポーティング製品/サービスのリプレースを予定している企業は6割近くに上った。(2016/1/6)

あなたが今年“最もツイートした言葉”は? ユーザーローカルが分析ツールを公開
2015年にツイートした言葉を分析・可視化するツールを、ユーザーローカルが提供開始した。(2015/12/21)

医療技術ニュース:
統合失調症の病名変更が新聞報道に与えた影響
東京大学は、過去約30年間の新聞記事2200万件をテキストマイニングで解析し、精神分裂病から統合失調症への名称変更が新聞報道に与えた影響を明らかにした。(2015/12/17)

【連載】MROCでリアルタイムにユーザーの本音を引き出す 第3回:
人工知能で膨大な「カスタマーの声」を解析、リクルート流ビッグデータ活用術
リクルートグループ全体でMROC(Marketing Research Online Community)活用を活発化させる際に導入が必要となってきたテキストマイニングを基盤としたデータ解析について述べます。(2015/12/11)

「自然言語処理」のプロに聞く:
世界の言語をつなぎ、国を越えて仲良く話せる人を増やしたい――金山博さん
人間の話し言葉を分析する「自然言語処理」が注目を集めている。耳慣れない言葉かもしれないが、Siriやしゃべってコンシェルなど、私たちは知らず知らずのうちにその恩恵を受けているのだ。そこで「Watson」のシステムを支える研究員に、自然言語処理の面白さと未来について聞いてみた。(2015/10/14)

リサーチ会社がユーザーの立場で独自開発:
「自由回答」から手軽にインサイトを得るオンラインテキストマイニングツール、マイボイスコムが提供開始
マイボイスコムは2015年10月6日、同社が独自に開発したオンラインテキストマイニングツール「TextVoice」の提供を開始したと発表した。(2015/10/7)

どれを選べばいいか分からない担当者へ
いつか役に立つビッグデータ分析ソフトウェア9選 小さな機能差が大きな違いを生む
どれも同じような特徴や機能を備えていると思われがちなデータ分析ソフトウェア。本稿では9社の主要データ分析ソフトウェアベンダーの製品を比較し、各製品の違いを紹介する。(2015/9/15)

PR:「インダストリー4.0」は、日本のものづくりをどう変えるのか
IoTを製造プロセスに応用し、その上流から下流までネットワーク化することで製造業の変革に取り組むドイツ。「インダストリー4.0」は、日本のものづくりの将来にどのような影響を与えるのだろうか。「デル・エグゼクティブ・フォーラム」には、日本のものづくりとITをつなぐキーパーソンが集結。活発な議論がなされた。(2015/8/24)

5分でわかる最新キーワード解説:
バグは金曜日に生まれる?「MSR」最前線
MSR(Mining Software Repositories)とはソースコードやドキュメントなど、開発に関して蓄積された情報を精査し、生産性や品質の向上に役立てようとする技術です。「バグが発生する日は金曜日」など気付かなかったコトが見えるようになります。(2015/8/13)

ユーザーローカル、無料のテキストマイニングツール公開 Twitterの“口ぐせ”分析も可能
ユーザーローカルが無料のテキストマイニングツールを公開。Twitterアカウントと連携すれば、ツイート内容の分析も可能だ。(2015/7/10)

テレビとソーシャルの融合を加速:
データセクション、テレビ番組に関するツイートを即時分析できる「TV insight」を提供
データセクションは2015年7月6日、テレビ番組に関するTwitter上の発言を即時に分析し、テレビとソーシャルの融合を加速させるソーシャルメディア分析サービス「TV insight」の提供を開始した。(2015/7/8)

ヘルスケアだけで終わらせない医療IT(4):
Watsonはスマートフォン/ウェアラブル端末で収集したユーザーデータの活用で医療ITを革新できるのか
「IBM Watson」は、スマートフォンやウェアラブル端末などのデバイスから収集したデータと、電子カルテや遺伝子情報などの膨大な医療情報とを有機的に結び付けて医療現場の活動を支援できる認知システムとして注目を集めている。本稿では、2015年5月19日、20日に東京で開催された「IBM XCITE SPRING 2015」での講演内容を基に、IBM Watsonがどのように進化し、医療やライフサイエンス分野で活用されようとしているのかを紹介する。(2015/6/25)

Database Watch(2015年5月版):
SAPのPaaS「SAP HANA Cloud Platform」は日本に浸透するか?
SAPもクラウドプラットフォーム展開を本格化。日本国内でのデータセンター開設はいつになる? イベント「SAP Tech JAM」で、動向をウオッチした。(2015/6/1)

【連載】実践! ケーススタディから学ぶテキストマイニング:
第5回 データマイニングを事業に活かすための組織体制とは
これまではテキストマイニング、データマイニングをする上での手法や注意点を紹介した。第5回の今回は、データをビジネスに活かす方法、特に組織作りについてお伝えしよう。(2015/3/12)

グローバルビジネスに活用:
日立ソリューションズ東日本のテキスト分析システム、英語/中国語にも対応
日立ソリューションズ東日本は2月16日、コールセンターに寄せられたコメントや意見、クレームなどのほか、製品の故障報告、特許情報などあらゆるテキスト分析を可能にするテキストマイニングシステム「CoreExplorer(コアエクスプローラー)」の最新版「CoreExplorer 3.0」をリリースした。CoreExplorer 3.0では従来の日本語テキストに加え、中国語/英語に対応し、さらに分析機能が強化されている。(2015/2/16)

【連載】実践! ケーススタディから学ぶテキストマイニング:
第4回 データマイニングで陥りがちな「分析のワナ」
過去3回目の連載では、テキストマイニングの概論と、意図したインサイトを導き出す手法をご紹介した。しかしこれだけですべて上手く分析できる、というわけではない。テキストマイニングには、分析結果の信頼性を大きく左右するさまざまなワナが存在するのだ。第4回は、正確なインサイトを導き出すため、分析のプロセスにおいて注意すべきポイントについてお伝えしよう。(2015/2/5)

【連載】実践! ケーススタディから学ぶテキストマイニング:
第3回 実データに学ぶテキスト分析手法の使い分け
過去2回分の連載記事を通じて「テキストマイニング実施の価値とは何か」「一般的にどういった手法があるか」をご紹介してきた。第3回である今回は、実際にOKWave.jpに集まったQ&A投稿とそれを基にした分析レポートを題材に、テキストマイニングによって意図したインサイトを導き出すプロセスを具体的にご紹介していこう。(2015/1/8)

【連載】実践! ケーススタディから学ぶテキストマイニング:
第2回 顧客の声はどこから集める? 5つの分析手法の長所と短所
テキストマイニングに取り組む際は、実施の目的に照らして最適な分析手法を選定する必要がある。多様な分析手法の長所/短所について、それぞれ個別に解説する。(2014/12/10)

IT用語解説系マンガ:食べ超(62):
銀河テキストマイニングガイド
さようなら、いままでピボットテーブルをありがとう(2014/11/26)

【連載】実践! ケーススタディから学ぶテキストマイニング:
第1回 「誰も知らない需要」を読み解くテキストマイニング
市場分析や製品サービス改善など、幅広い領域において注目を集めているビッグデータ活用。企業はいかにして効率的/効果的に取り組むべきか? オウケイウェイヴのOKWave総合研究所 所長 佐藤哲也氏が、独自のQ&Aデータと分析ノウハウを用いて分かりやすく解説する。(2014/11/13)

IT用語解説系マンガ:食べ超(61):
重い話は軽量言語で打ち明けよう
フロント側で全て完結させるんだ!(2014/11/12)

【連載】インサイトをめぐる冒険:
第4回 潜在興味が照らし出す専門メディアの新たな価値
潜在興味を言語化できる武器「Topic Model」を手に入れたことで、消費者の「潜在インサイト」を的確に刺激する高精度なターゲティング広告の展開が可能となりました。実は、その広告を展開する専門メディア側の価値を高めるのにも、潜在興味は大きな力を発揮します。いったい、どのような価値を与えるのでしょうか? 今回は、一転して、専門メディア側から見て、「潜在興味がどのようなメディアの価値に影響するのか」についてお話したいと思います。(2014/9/2)

年間60万件の「顧客の声」を自動分析――フコク生命が挑む“ビッグデータ苦情対応”
フコク生命は、顧客から寄せられる年間約60万件もの問い合わせ内容を自動分析するシステムを構築したという。その背景や狙いを聞いた。(2014/8/26)

【連載】インサイトをめぐる冒険:
第2回 潜在興味を映す鏡――Topic Model が可能にする潜在インサイトの発見
コンテンツマーケティングを成功に導けるかどうかは、見込み客の潜在興味を探し出せるかどうかにかかっています。そのカギを握るのが、潜在興味を映し出す「鏡」を見つけること。どこにその「鏡」はあるのでしょうか。(2014/6/24)

調査リポート:
国内BI業界、マーケットシェアとユーザー期待値は?
ITRが発行した調査リポートによると、BI関連製品の国内売り上げシェアはSAP、オラクルの順であった。データ分析に関わるツールの選定基準の上位では、多様な分析機能を挙げるユーザーが多いことが分かった。(2014/6/18)

「お客さまの声」を分析:
フコク生命、IBMのテキストマイニング・ソフトウェアで苦情判別を自動化、業務量を9割削減
手作業で行っていた従来業務の負荷が10分の1に削減され、顧客から寄せられた苦情を漏れなく迅速に把握することができるようになり、顧客満足度向上の基盤が構築できたという。(2014/4/28)

フコク生命、「お客さまの声」分析で業務量を90%削減
手作業で行っていた「お客さまの声」の判定をシステム化し、作業量を10分の1に削減した。(2014/4/25)

Mahoutによる機械学習の実際:
Apache Mahoutの使い方:テキスト分類のアルゴリズムを活用する
機械学習は古くからある情報処理のアルゴリズムの総称です。これをApache Hadoop上で実施する際のフレームワークの1つがApache Mahoutです。本稿ではApache Mahoutを使った機械学習の初歩を学んでいきます。(2013/12/4)

“AI”はどこへ行った?(4):
AI活用の本命はビッグデータなのか?
人工知能(AI)は、登場初期の黄金期と、1980年代前半のブームを除き、長く「冬の時代」が続いてきた。だがここに来て、ようやくAIが本領を発揮できそうな分野が登場している。それが、クラウドやソーシャルメディア、スマートフォンなどのモバイル端末の普及により、にわかに注目を集めるようになったビッグデータだ。(2013/11/15)

市民の意見、市外の印象を分析:
富士通、浜松市に「FUJITSU DataPlaza ソーシャルメディア分析ツール」を導入
全国の自治体に先駆け、ビッグデータを活用して市内外からの浜松市へ寄せる期待や思いを発掘し、民意に即した新しい総合計画を進めていく。(2013/11/14)

【連載】デジタルの時代にマーケターが知るべきこと:
第4回 「とりあえず」を卒業したいマーケターためのビッグデータ入門
とりあえずデータ化し、とりあえず蓄積し、とりあえず分析すれば、とりあえず何かすごいことができるかも……。こういう経験ありませんか? 「とりあえず」を卒業したいマーケターのためのビッグデータ活用入門。(2013/9/24)

ソーシャル、モバイル、ビッグデータ:
新しい顧客価値の創造をもたらす3つの新技術――IBM Customer Experience Labの印チーム
米IBMは現地時間2013年9月12日、今年3月に開設したIBM Customer Experience Labの研究成果を同社プレスリリースにして発表した。この研究成果は、同研究所のインドのチームによって発表されたもの。(2013/9/18)

テキストマイニング製品紹介:プラスアルファ・コンサルティング編
顧客の気持ちが絵で分かるテキスト分析SaaS「見える化エンジン」
分析する人にも、分析結果を見る人にも使いやすいテキストマイニング製品を目指す。こうした設計思想に基づいて開発されたのが「見える化エンジン」だ。その特徴を紹介する。(2013/9/18)

ホワイトペーパー:
SNSをテキストマイニングして株価予測へ、カブドットコム証券のビッグデータ活用
SNSのコンテンツと株の売買の動きを分析したら何か見えるのでは? カブドットコム証券のビッグデータへの取り組みは、そんなアイデアから始まった。同社に対して、SNSを分析して数値化する方法を提示できたベンダーは1社だけだった。(2013/9/13)

資生堂、カタログハウスも活用
事例で納得「テキストマイニングの生かし方」
大量のテキスト情報を分析する「テキストマイニング」の活用の幅が広がっている。テキストマイニングの使いどころとは何か。活用事例を基に探る。(2013/8/30)

ITエンジニアのためのデータサイエンティスト養成講座(5):
「ビールと紙おむつ」のような相関関係を探る分析手法にはどんなものがある?――データ分析方法についての検討
分析から導き出される隠れた相関関係を探るには? 代表的分析手法の紹介と、サンプルを使った実際の分析手法を紹介します。(2013/8/22)

単一サーバでも高度な解析を実現、SASが分析プラットフォーム最新版を発表
SASはアナリティクスソフトウェアを支える基盤製品の最新版「SAS 9.4」を国内で提供開始した。(2013/8/1)

「投票行動分析にもビッグデータを」――Google、メディア接触と有権者の意識変化を調査
ネット選挙運動が解禁される参院選について、テレビやネットのメディア接触によって有権者の意識がどう変化するのかを分析する調査をGoogleが行う。(2013/7/10)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。