ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

「Time Capsule」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Time Capsule」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

トランプ大統領「Appleは中国関税の影響が嫌なら国内で製造するがいい」とツイート
Appleが米通商代表部に送った、トランプ政権が検討している対中関税が製品の販売価格上昇につながるとして再検討を求める書簡について、トランプ大統領は「それなら製品を国内で製造すればいい」とツイートした。(2018/9/10)

macOS Mojave、「どこでも My Mac」は利用できない
次期macOSではリモートアクセス機能の一つである「どこでも My Mac」が利用できなくなる。(2018/8/22)

目元そっくり! 高畑充希、美人ママとの2ショットに「めっちゃ似てる」「お母さんも可愛い」の声
高畑さんうれしそう。(2018/7/14)

PR:AirMacシリーズ販売終了……Macユーザーが今買うべき無線LANルーターは?
Synologyの無線LANルーター「RT2600ac」がMacやiPhoneユーザーから注目を集めている。その理由は……(2018/6/26)

Apple、Wi-FiルーターのAirMacを終了
Wi-Fi隆盛の火付け役となったAirMacが終了することをAppleが認めた。(2018/4/27)

Apple、iOSやAirPortの更新版公開 HomeKit不正操作の恐れ
iOSとtvOSの更新版では、iPhoneやiPadを家電用のリモコンとして使える「HomeKit」の脆弱性を修正。AirPort Base Station向けのファームウェアアップデートでは、「KRACK」と呼ばれるWi-Fi関連の脆弱性に対処した。(2017/12/14)

気乗りしない林信行に無理矢理「Synology NAS」を送りつけた結果
もう原稿を待つのは限界です(編集G)。(2017/6/24)

Apple、無線ルータから撤退か
Appleが、2013年からアップデートしていない無線ルータ「AirMac」シリーズの部門を閉鎖すると、Wall Street Journalが情報筋の話として伝えた。(2016/11/22)

AppleのAirPortの深刻な脆弱性、修正ファームを公開
AirPort向けファームウェアの脆弱性を修正する更新版が公開された。悪用された場合、リモートの攻撃者に任意のコードを実行される恐れがある。(2016/6/21)

“ウェアラブル”の今:
音声アシスタントは家に据え置かれているべきなのか
「Amazon Echo」や「Google Home」のような、音声アシスタントを内蔵するデバイスは、非常に期待が集まる存在になりつつある。しかし、家の中で、特定の場所にこうしたデバイスが1台あるだけでは、それほど便利ではないように感じている。(2016/6/4)

“ウェアラブル”の今:
家に帰ると、Wi-Fiルーターが家の明かりを灯してテレビをつけてくれる
先日我が家で、自分が家に帰ると、Wi-Fiルーターがそれを認識して、自動的に家の明かりつけて、テレビの電源を入れてくれる、という環境が作れた。しかも、驚くほど簡単に。(2016/5/28)

Appleの40年を40秒で語るアニメーション公開、その歴史を解説しよう
登場する105のキーワード、無理やり解説してみた。(2016/3/25)

WindowsユーザーのためのMac入門:
最終回 Macを活用するための便利な設定とツール教えます
Macを活用する際に設定しておいた方がよい項目をいくつか紹介する。Macを購入したら、まずこれらの設定を行ってしまおう。Windows PCから移行した際の違和感を軽減できる。(2015/11/30)

“ウェアラブル”の今:
第46回 Google OnHubはスマホに次ぐ「ウェアラブルのまとめ役」になるか?
7年ぶりに新調した自宅のWi-Fiルーター「OnHub」には、さまざまな可能性を感じたが、その1つがウェアラブルデバイスのハブになり得る、という点だ。現状はまだ具体的な機能はないものの、今後の拡張が楽しみだ。(2015/10/10)

Windows Insider用語解説:
ギガビットクラスの高速通信を可能にする「IEEE 802.11ac」無線LAN規格
2014年1月に正式な規格として承認された「IEEE 802.11ac」は、理論最大速度6.9Gbit/sと、ギガビットイーサネット並の高速な通信を可能にする無線LAN規格だ。その概要を解説。(2014/9/11)

AirMac ExtremeとTime CapsuleにHeartbleed対策のファームウェアアップデート
2013年6月以降に発売されたAirMac ExtremeとTime Capsuleのファームウェアアップデート7.3.3が公開された。OpenSSLの脆弱性(いわゆる「Heartbleed Bug」)が修正される。(2014/4/23)

林信行の「iPad Air」先行レビュー:
iPad AirとiLife/iWorkが描く「未来へのなだらかなシフト」
iPad Airは、その名の通り、時代の“空気”を変えてしまうiPadになるかもしれない。クラス最軽量の薄いボディに次世代の性能を詰め込んだiPad Air。ここに6つの無料アプリとiCloudが加わると、1歩足を踏み入れれば2度と抜け出せなくなる快適な未来が広がり始める。(2013/10/30)

WWDC 2013所感(後編):
新しいアップルと、デザインが持つ本当の意味
ティム・クック時代の新生アップルは、ハード、OS、アプリ、サービス、さらには会社そのものまで再デザインした。林信行氏がWWDC 2013の内容を読み解く。(2013/7/2)

11ac対応:
3倍速い「AirMac Extreme」と「Time Capsule」が登場
アップルは、IEEE802.11acに対応した無線LAN製品として「AirMac Extreme」と「Time Capsule」の新モデルを発表した。転送速度は従来比3倍。(2013/6/11)

Haswellでロングバッテリーを実現:
「MacBook Air」に第4世代Core+12時間駆動の新モデル
米Appleの開発者会議「WWDC 2013」にて、「MacBook Air」がモデルチェンジ。第4世代Coreの採用により、性能の向上とともにバッテリー駆動時間を大きく延ばした。802.11acの高速無線LAN機能も加わっている。(2013/6/11)

広田稔のMacでゴー!!(16):
アップル製品は無線が快適! AirMacでケーブルレス生活を始めよう
新生活を始めたらまず用意したいのがネット環境。どうせならさまざまな周辺機器を無線LANで接続し、快適なデジタルライフを送りたい。(2013/4/4)

広田稔のMacでっていう(15):
「どこでもMy Mac」で始めよう!! 2013年のファイル管理術
唐突ですが、自宅に置いていたアップルの無線LANルータ「Time Capsule」が最近壊れて通信不能になりました。ええ、やっちゃいましたよデストローイ。(2013/3/1)

アップルの初売り:
Apple Storeが1月2日だけの限定特価、Mac各モデルが8400円引きに
予告通り「Apple Store」が初売りを開始。1月2日限定で、MacBook ProやMacBook Air、iPadなどが最大8400円引きで販売されている。(2013/1/2)

発売直前!!:
アップルが作り出した2つの“魔法”――「iPad mini」と第4世代「iPad」を徹底検証
2012年の冬商戦で最大ヒット間違いなしの「iPad mini」と第4世代「iPad」を林信行氏が徹底レビュー。どちらを買う? それとも、両方買う?(2012/10/31)

広田稔のMacでいこうよ:
独断と偏見で選ぶ! 「MacBook Air」と使いたい基本のハード&ソフト10(前編)
一昔前を振り返るとまるで“奇跡”のように増殖したMacユーザー。特にMacBook Airは電車の中や喫茶店で見かけることが本当に多くなった。そんなわけで、新しいMacユーザーのための新連載を開始するのだ。(2012/1/20)

アップル初売り:
Apple Storeが1月2日だけの限定特価に、Mac各モデルは8400円引き
アップルのオンラインストア「Apple Store」が初売りを開始。1月2日限定でMac各モデルが8400円引きで販売されるほか、iPodやiPad 2、各種関連製品も値下げされている。急げー。(2012/1/2)

Apple、Time CapsuleとAirMacのファームウェア更新版をリリース
「ファームウェア7.6」では、任意のコード実行に利用される恐れのある脆弱性に対処した。(2011/11/14)

Macを未来へといざなう最新OS:
ついに降り立った未来のパソコン環境――「OS X Lion」に迫る
待望のMac最新OS、「Lion」がついに登場した。Mac OS Xの最初のバージョンが出たのが2001年、それからちょうど10年目のLionは、これから先10年に渡ってPCの在り方を左右する、分岐点的なOSになると言っても過言ではないだろう。1984年に登場し、マウス操作を世界へ広げたMacが、今まさにPCの新しい時代、新しい操作を開拓しようとしている。(2011/7/20)

「消えた・壊れた うそだろ……」が起こる前に:
ワイヤレス運用も可能な自動バックアップ機能付きHDD、「Clickfree」の実力検証
PCのHDDが壊れたらどうなるか。そんな不安を“楽”に解消するHDDが「Clickfree」シリーズだ。無線LAN接続で自動バックアップできる「Clickfree ワイヤレス」を含めた3モデルの使い勝手をチェックする。(2011/1/20)

乱立する規格と技術の壁で:
混迷深まるHDビデオの無線伝送
無線によるマルチメディアストリーミングは、業界の大きな関心を集めている。とはいうものの、その実現レベルはまだ低く、また、さまざまな規格が乱立している状態にある。本稿では、IEEE 802.11をはじめとする各種無線規格を取り上げ、各企業/業界団体がそれぞれの規格を利用してどのような取り組みを行っているのか、またそれらはどのような進捗状況にあるのかを説明する。(2011/1/1)

iPad開発者会議リポート(後編):
iPad/iPhoneアプリ開発の成功に必要なもの
App Storeが“第2のゴールドラッシュ”というのは本当だろうか。「iPad Summit」リポートの後編では、実際にiPad/iPhoneアプリ開発で商業的な成功を手に入れたデベロッパーの視点を紹介していく。(2010/7/21)

iPad開発者会議リポート(前編):
iPad/iPhoneアプリ開発における本音と実情
米国サンフランシスコで開催されたiPad Summitで、iPadの実情とその可能性について意見が交わされた。開発者たちはこの新しいプラットフォームをどう見ているのだろうか。(2010/7/15)

アップルがTime Capsuleの不具合を正式に発表、無償交換へ
アップルの無線対応ルータ機能付きNAS「Time Capsule」で不具合が報告されている。該当モデルは無償修理/交換で対応する。(2010/7/12)

これが夏ボの使い道?:
アルミユニボディの新型「Mac mini」を試す
アルミボディに生まれ変わった「Mac mini」をMac OS XとWindows環境の両方で試した。リビングに置くAVマシンとしても最適。(2010/6/24)

電源内蔵でも超静音:
「世界で最もエネルギー効率が高いデスクトップPC」――新型「Mac mini」製品説明会
新型「Mac mini」の発表を受けてアップルが製品説明会を実施した。同社は今回のモデルチェンジを“Mac mini史上で1番の飛躍”と語る。(2010/6/16)

グラフィックス性能が2倍に:
アップル、アルミユニボディの新型「Mac mini」を発表
アップルがアルミユニボディの「Mac mini」を発表。GeForce 320Mベースの基本システムを採用しグラフィックス性能を向上したほか、HDMI出力やSDメモリーカードスロットも備えた。(2010/6/15)

15インチMBPを試す:
「Core i」世代に生まれ変わった最新「MacBook Pro」の実力は?
各社がArrandale世代のノートPCを投入する中、アップルも遅れてMacBook Proの15/17インチモデルにCore i5/i7を採用してきた。見た目はこれまでと同じだが、中身の進化はいかほどだろうか。(2010/5/20)

9万4800円:
アップルが新型「MacBook」を投入――「GeForce 320M」を採用し、さらに安く
ポリカーボネート製ボディを採用する「MacBook」が“ひっそり”とアップデートした。MacBook Proの下位モデルに並ぶスペックを備えながら、価格は従来機よりもさらに4000円ほど安い9万4800円。(2010/5/18)

iPadリポート総集編(3):
「高級Netbook…だと…?」 iPadの活用法を考えてみる
iPadを使い始めて3週間ほどが経過し、いくつか気になる問題も出てきた。ここでは特に大きなポイントを2つ取り上げつつ、現状のiPadがどんなことに活用できるかも考えてみた。(2010/4/30)

iPadリポート総集編(2):
iPadと電子出版は“若者の読書離れ”を止められるか?
iPadリポート総集編の第2回では少し目先を変え、新しく出てきた電子書籍関連の話題を追っていく。iPadと電子出版の組み合わせはユーザーにとってどんな可能性を秘めているのだろうか。(2010/4/27)

iPadリポート総集編(1):
「なんだ朝日新聞は読めないのか」――高齢者がiPadを使ったら?
iPadの特徴を挙げるなら、1つはその直感的な操作性だろう。そこで思いつくのが高齢者や子どもといったユーザー層の開拓だ。総集編前編では、ロードテストを兼ねて筆者の両親にiPadを試してもらった。(2010/4/23)

価格は5月10日に発表:
「iPad」の米国外発売が5月末に延期――日本ではWi-Fi/Wi-Fi+3Gモデルが同日発売予定
日本では4月末に発売予定とされていた「iPad」だが、手に入れられるのは1カ月先の話となった。(2010/4/14)

17型モデルがお得に:
「いつでも最高のパフォーマンスを」――新型MacBook Pro説明会
Core i5/i7を搭載した新型MacBook Proの発表にあわせて、アップルが報道関係者向けに製品説明会を実施した。アップルストア銀座ではすでに販売が開始されている。(2010/4/14)

ようやく登場:
アップル、Core i5/i7搭載の新型「MacBook Pro」を発表
アップルがMacBook Proのラインアップを一新。15/17型ワイドモデルでCore i5/i7とGeForce 330Mを採用し、次世代アーキテクチャに“ようやく”移行した。(2010/4/13)

専用アプリは? 2倍モードは?:
「iPad」で気になるアプリを試してみた
4月3日に登場したiPad専用アプリから定番の2ちゃんねるブラウザまで、気になるアプリをいくつか試してみた。筆者のおすすめは……。(2010/4/7)

電子ブックとしての使い心地は?:
注目の「iBooks」から「iWork」まで、「iPad」をさくっと使ってみた
4月3日に米国で入手したiPadを早速使ってみた。まずはセットアップ方法の詳細から、注目アプリの「iBooks」や「iWork」を紹介していこう。(2010/4/5)

箱を開封:
写真で解説する「iPad」と同時発売のアクセサリ
4月3日に米国で購入した「iPad」を持ち帰り早速開封した。同時発売のアクセサリ群とともに写真で紹介しよう。(2010/4/4)

ついに米国で発売:
行列に並んで「iPad」を買ってきました
「買ってきました」シリーズの最新作は米国で4月3日より販売が始まった「iPad」だ。今回は第1弾の「初代iPhone」、第2弾の「Google Nexus One」に続き、このiPad購入までのエピソードを紹介する。(2010/4/4)

点検 ストレスなきデジタル情報整理術:
デスク周りの次はPCのデスクトップを整理する
PCのデスクトップ画面がファイルのアイコンで埋め尽くされてはいないだろうか。今回はファイルの整理術と無料で使える整理ツールを紹介しよう。(2010/3/18)

Macworld Conference&Expo 2010:
規模は縮小したけれどMacworld Expoは大盛況
“アップル不在”の心配をよそに、Macworld Expoの展示会場は今年も熱気であふれていた。まずは「BEST OF SHOW」で紹介された新製品と、会場の注目ブースを紹介していこう。(2010/2/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。