ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「中古車」最新記事一覧

Fiat、Amazon.itで「Panda」など自動車のオンライン販売開始
自動車大手のFiat Chrysler AutomobilesがイタリアのAmazon(Amazon.it)でFiat Pandaなどの人気車種のオンライン販売を開始した。(2016/11/21)

ボットネットの大規模化につながる?
“アンナ先輩”が公開したマルウェア「Mirai」に専門家が震え上がる訳
大規模な分散型サービス拒否(DDoS)攻撃で使用されたIoTボットネットのマルウェア「Mirai」のコードが公開された。セキュリティ専門家は、さらなる脅威につながりかねないと警笛を鳴らす。(2016/11/7)

「カーセンサー中古車検索」アプリ、車種の画像検索機能を追加
リクルートマーケティングパートナーズの「カーセンサー中古車検索アプリ」に、車の画像から車種を判別できる検索機能が追加。定番500車種では90.3%の検索精度を実現し、ユーザーが利用するほど精度が向上する仕組みを取り入れている。(2016/10/27)

視点:
インダストリー 4.0 における「つながるビジネスモデル」 の重要性 ――商用車におけるリマニファクチャリング事例
つながるビジネスモデルとは何かについてを商用車市場でのリマニファクチャリングを事例として紹介する。(2016/10/26)

イベントレポート:
侍だけではデジタルビジネスのセキュリティ対策として不十分である理由
ガートナー ジャパンは2016年10月5日から7日にかけてCIO向けカンファレンス「Gartner Symposium/ITxpo 2016」を開催した。本稿ではその中から、セキュリティ関連のセッションを紹介する。(2016/10/14)

社名変更に秘められた狙い:
PR:勝ち抜くためにリーダーは何をしたのか 必要なのは「突破力」――IDOM・北島昇
中古車買い取り大手のガリバーを運営する「IDOM(イドム)」は、環境変化への危機感を原動力に、組織、働き方、人事など、さまざまな改革を推し進めている。同社がとりわけ力を入れてきたのが、北島氏がかじ取りをしている新規事業開発である。「NOREL」「クルマジロ」「クルマコネクト」など、わずか数年で次々と新事業を立ち上げることができたのはなぜなのだろうか? 北島氏の仕事への考え方、プロジェクトを推進してゆくチカラの秘けつを探る。(2016/9/30)

フロスト&サリバン アフリカ自動車市場:
アフリカ新車販売台数が2025年までに326万台規模に、製造拠点としても投資拡大
フロスト&サリバンは、アフリカの自動車市場についての見通しを新たにまとめ、最新の分析結果を発表した。(2016/9/28)

軽自動車の乱売控えたスズキ 鈴木修会長の経営改革、いよいよ総仕上げ
軽自動車を主力とするスズキが、国内専用規格の軽販売でひたすらシェアを追い求める「乱売競争」とは距離を置き始めた。(2016/9/26)

スズキ、軽自動車の乱売競争と決別
軽自動車を主力とするスズキが、国内専用規格の軽販売でひたすらシェアを追い求める「乱売競争」とは距離を置き始めた。(2016/9/20)

伊藤園や中古車販売のIDOMが総力戦で挑む変革とは?
ビジネス環境が目まぐるしく変化する中、企業がさらなるビジネス成長を遂げるためには全社一丸となった総力戦が不可欠だ。本稿では伊藤園やIDOMの取り組み事例を紹介する。(2016/9/16)

製造IT導入事例:
「カーセンサーnet」がディープラーニングサービスを活用し、車の内装色による絞り込み検索を開始
中古車情報サイト「カーセンサーnet」は、リクルートテクノロジーズが提供する「ディープラーニングを応用した画像解析機能」を活用し、新機能「”車の内装色”による絞り込み検索」を開始した。(2016/8/31)

幻の和製スーパーカー「NSX」10年ぶり復活! きょう国内投入
ホンダは、10年ぶりの復活となる高級スポーツカー「NSX」を25日に国内投入。ファンのみならず熱い注目が注がれている。(2016/8/25)

10年ぶり:
幻のスポーツカー「NSX」が復活! ハイブリッド車で573馬力、値段は15万6000ドルから
ホンダは、高級スポーツカー「NSX」を25日に国内投入する。10年ぶりの復活にファンのみならず注目を集めている。(2016/8/23)

編集部主催セミナー、開催します!:
「お〜いお茶」はなぜ売れているの? 伊藤園に学ぶ“組織力”
全てのビジネスパーソンにとって重要な課題の「業績アップ」。編集部が主催する課題解決セミナーでは「お〜いお茶」の伊藤園や「中古車販売ガリバー」を運営するIDOMと一緒に、好業績を支える「部門連係」と「営業の仕組みづくり」について読者の皆さんと考えます。(2016/8/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
マツダとボルボがレストアプログラムを提供する意義
先週、幕張メッセで開かれたイベント「オートモビル カウンシル」で2つの話を聞いた。この取り組みは、今後「自動車文化」を本当に豊かにしていくかもしれない。(2016/8/8)

トヨタ「86」開発の陰にはマツダエンジニアの助言があった
トヨタのスポーツ車「86」(ハチロク)開発の裏には、マツダエンジニアの助言があった。チーフエンジニアを務めたスポーツ車両統括部長の多田哲哉氏に狙いを聞いた。(2016/8/3)

8月1日発売:
「ハチロク」開発の陰にマツダからの助言 トヨタのチーフエンジニアに聞く
トヨタ自動車はスポーツ車「86(ハチロク)」を約4年ぶりに改良し、8月1日に発売する。チーフエンジニアを務めたスポーツ車両統括部長の多田哲哉氏に狙いを聞いた。(2016/8/1)

新車でも「中古車売り出し中」になる「オバカーシェード」登場 車上荒らしでも興味が失せるレベル
「黒髪七三分け」と「肉焼いてます」もあります。(2016/7/29)

MVNOに聞く:
郵便局で「IIJmio」を販売する狙いは?――200万契約を目指し、IIJは次のフェーズへ
個人向けの格安SIMサービスではシェア1位を獲得するなど好調を維持しているIIJ。郵便局での取り扱いも話題を集めている。同社はMVNE事業にも注力しており、個人を含めて2016年度に200万契約を目指す。IIJの最新動向やその背景を聞いた。(2016/7/29)

外国メーカー車の国内シェアが1割弱に:
東京・山の手エリアの新車は2台に1台が外車というのはホントなのか?
国内市場のシェアが5期連続で過去最高を更新し、東京・山手エリアの新車は2台に1台が輸入車との指摘もあるなど、輸入車メーカーの攻勢が激しくなっている。(2016/7/19)

Computer Weekly製品ガイド
情報セキュリティ管理の未来を担うID・アクセス管理
ID・アクセス管理(IAM)が企業のアクセスポリシーの中心に位置付けられる理由について解説する。(2016/7/13)

人工知能「KIBIT」がクルマ選びを支援 ガリバーが導入
中古車販売のガリバーは人工知能「KIBIT」を活用し、自動接客サービスを開発する。(2016/6/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「中古車で十分」の先に起こる日本の不幸化
「新車なんて買えない。中古車で十分だ」。これが今の日本の消費者のリアルな声だ。そこには日本経済の停滞が大いに関係するのは言うまでもない。(2016/5/30)

製造マネジメントニュース:
2016年度のスズキは55万台の軽自動車を“丁寧に”売る
スズキは、2016年3月期(2015年度)決算を発表した。四輪/二輪ともに世界販売台数は前期を下回ったが、四輪の商品ミックスが改善したことにより増収増益となった。2017年3月期(2016年度)の業績見通しは、インドルピーを中心に為替が現地通貨高で推移する為替差損を織り込み減収減益を見込んでいる。(2016/5/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
中古車買い取りビジネスの仕組み
街道沿いなどでよく見掛ける「中古車買い取ります」という看板。こうした中古車買い取り業者のビジネスモデルとは一体どのようなものなのだろうか?(2016/3/14)

PR:部下の遅刻に「ゆとり乙w」、上司にスタンプも当たり前 社会人たちの“お仕事チャット”の中身がすごかった
(2016/3/1)

「クルマを買いたい」人、減少
あなたは今後、クルマを購入したいと思いますか? 全国の男女に聞いたところ……。マイボイスコム調べ。(2016/2/15)

神尾寿が語るモバイル業界(3):
2016年、販売奨励金が抑えられてもiPhoneは売れると思う理由
キャッシュバックや販売奨励金を抑えられることで、2016年は特にiPhoneが売れなくなるといわれているが、神尾氏はむしろ「逆だと思う」という。また、Android勢が逆襲するために必要なこととは?(2016/1/30)

神尾寿が語るモバイル業界(2):
2015年に変わったのはドコモ、タスクフォースでは「キャリアが総務省に勝った」
神尾寿氏とともに、2015年のモバイル業界を振り返る短期連載。第2回では通信キャリア3社と、総務省が10月〜12月にかけて実施した携帯電話料金のタスクフォースについて評価する。(2016/1/22)

3C分析:
フレームワークは、使用上の注意をよく守ってお使いください
マーケティングの難しさを口にする人の話を聞くと、分析・立案の際のフレームワークが誤用されている場合が多い。そこで、「間違いがちなフレームワークを総点検する」というシリーズを開始したいと考えた。第1回は「3C分析」だ。(2015/12/24)

ABテストによるUX改善のコツ大解剖(終):
ペルソナによる個別最適化でWebサイトのCVRを改善するポイント
ABテストを利用したサイト改善の限界にぶつかっている人たちに向けて、リクルートグループ内で実践している改善ノウハウをお伝えする連載。今回は、「ペルソナ(嗜好性)」の重要性とカーセンサーにおける、3つの「探し方の嗜好性」の例、ペルソナによるアダプティブUXの有効性などについて。(2015/12/21)

ABテストによるUX改善のコツ大解剖(4):
CVRをあと10%アップする、ビッグデータ分析とアダプティブUXの使い方
ABテストを利用したサイト改善の限界にぶつかっている人たちに向けて、リクルートグループ内で実践している改善ノウハウをお伝えする連載。今回は、中古車販売サイト「カーセンサー」を例に「検討フェーズ」を軸とした個別最適化やビッグデータ分析の有効な生かし方について解説する。(2015/11/25)

ABテストによるUX改善のコツ大解剖(3):
カーセンサー、ゼクシィのサイトが取り入れている「アダプティブUX」とは何か
ABテストを利用したサイト改善の限界にぶつかっている人たちに向けて、リクルートグループ内で実践している改善ノウハウをお伝えする連載。今回は、シナリオベースABテストによるサイト改善の三つの限界と、そこから一歩進んだ考え方であるアダプティブUX=個別最適化について解説する。(2015/11/11)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
2019年、東海道新幹線に大変革が訪れる
JR東海は10月22日、東海道新幹線のN700A追加投入と700系の2019年引退を発表した。東海道新幹線の電車が最高時速285キロメートルのN700Aに統一されると、東海道新幹線に劇的な変化が起きる。それは「のぞみ」所要時間の短縮だけにはとどまらない。(2015/11/6)

Windows 10 PCも対象
「iPhone」「Android」も管理、Microsoft製とは思えないモバイル管理ツールの“柔らかさ”
米Microsoftの「Microsoft Intune」は、iOS/Android端末といったモバイル端末だけでなく、Windows端末を中心とした幅広い端末を統合管理できる。(2015/10/30)

ABテストによるUX改善のコツ大解剖(1):
リクルートの有名サイト事例に見る、シナリオベースABテストの基本的な考え方と改善プロセス、チーム体制
ABテストを利用したサイト改善の限界にぶつかっている人たちに向けて、リクルートグループ内で実践している改善ノウハウをお伝えする連載。初回はユーザー体験(シナリオ)の良しあしの検証と、改善するABテストの基本的な考え方、サービス改善PDCAプロセス、チーム体制について。(2015/9/30)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
全国に大量発生の観光列車、ほとんどが「一代限り」か
鉄道は巨大な装置産業だ。線路にも駅にも車両にもお金がかかる。だから設備投資は計画的に、慎重に取り組まなくてはいけない。それでもやむを得ず設備が余る。実は、各地で誕生する観光列車は、余剰設備を活用するアイデアだ。それだけに寿命は短いかもしれない。(2015/9/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
地方交通救済の最終手段は「15歳から運転免許」かもしれない
過疎地域における鉄道の存在理由に「通院と通学」が挙げられる。鉄道はバスと違って定時性があり、同時に多くの人を運べる。しかし視点を変えると、この問題を解消すれば鉄道もバスも不要となる。選挙権取得年齢も下がることだし、次は運転免許年齢を下げたらどうだろう。(2015/8/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
検証! 日本の自動車メーカーがやるべきこと
これまで数回にわたり日本の自動車メーカーの戦略を論じてきた。今回はその総括と、これから先に国産メーカーが進むべき道筋を考えたい。(2015/8/3)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「交通政策白書」が示す地方交通の現状と将来
「交通政策白書」に目を通した感想は「地方鉄道は厳しい」だった。国の責任で国民の移動手段を確保するにあたって、やはり地方鉄道はコストがかかりすぎるのだろう。白書は国の方針として「地方はバス」と宣言しているようにみえる。(2015/7/31)

クルマポータルサイト「Goo-net」の性能向上/サービス拡大の真実:
PR:4カ月でDB統合、販売店支援を5.3倍高速化したプロトコーポレーション
プロトコーポレーションは2015年1月、クルマ情報誌「Goo」やクルマポータルサイト「Goo-net」をはじめとする基幹事業のデータベース群をOracle Exadata X4-2上に統合した。「ここまで劇的に性能が向上するのなら、もっと早く導入すればよかった」──このプロジェクトを統括した同社の山本正博氏はそう語る。[パフォーマンス改善][プライベートクラウド/データベース統合][運用管理効率化][Engineered System][Oracle Enterprise Manager](2015/5/19)

ロボット開発ニュース:
中古車買い取りにPepper活用、ガリバーが導入
中古車販売のガリバーインターナショナルが、ソフトバンクのロボット「Pepper」を自動車買い取りの受け付け業務に導入する。(2015/5/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
進むクルマのIT化と、カー・ハッキングの危機を考える
ドライブするとき、スマホをつないだり、USBメモリを挿して音楽を聴くという人が多いはず。しかしクルマのIT化が進む現代、もしそこからウイルスが侵入してクルマが乗っ取られたとしたらどうなるだろうか。(2015/3/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
200万円超えモデルも――なぜ”高額な軽自動車”が増えるのか
今や新車販売台数の4割を占める軽自動車。人気は続くと思いきや「4月以降、新車の軽自動車の売れ行きは下がる」と池田氏は予測する。一方、軽自動車の値段は上がり200万円超のモデルも登場する見込みだ。その理由とは?(2015/3/20)

杉山淳一の時事日想:
熊本電鉄が地下鉄電車を走らせる理由
今、地方電鉄会社の悩みのタネは「中古電車不足」だ。新しい電車を買うおカネはないから、JRや大手私鉄の中古電車を買いたい。ところが、地方電鉄の設備に見合う中古電車が激減しており、争奪戦の様相だ。長期的に見れば路線を改良したほうが安上がりかもしれない。(2015/2/27)

仕事をしたら“レコード”が売れた:
中古レコードの「バイヤー」って何をしているの? 買い付け・値付けの奥深さ
中古レコードを扱う「HMV record shop 渋谷」が、2014年にオープンした。レコードを店頭に並べるために、バイヤーたちは買い付けに回ったというが、どういった苦労があったのか。店の責任者で、バイヤーとしても活躍する小松正人さんに聞いた。(2015/2/25)

烏賀陽弘道の時事日想:
お腹が減った、どうすれば? 福島原発に近いホテル(1泊7500円)に宿泊
筆者の烏賀陽氏は、福島原発の被災地を南北に貫く国道6号線を取材して、その日は近くのホテルに宿泊することに。シングル1泊7500円。決して安くないホテルで目にしたものは……。(2015/2/5)

IoT:
ウェアラブル、クルマ、スマートホーム――IoTの本命はどれ?
情報通信総合研究所は「IoT時代の最新動向と今後の展開〜クルマのICT化を中心に」と題した記者説明会を開催。「2015 International CES」の展示を事例として、近年注目を集めているIoT(Internet of Things:モノのインターネット)の最新動向について解説した。(2015/1/29)

最新事例に学ぶHTML5ベースのモバイル化実現方法とは:
PR:業務システムのモバイル対応と既存資産活用、両者を1ソリューションで満たす道
日本ネクサウェブは、2014年4月に行った国内での企業統合後では初めてとなる本格的なセミナーを、11月11日に開催した。東京・市ヶ谷での「日本ネクサウェブ・グランドセミナー2014」がそれである。テーマは「『モバイル対応しろ』と『MOTTAINAI』に同時に応えるには〜最新事例に学ぶHTML5ベースのモバイル化実現方法」。多様なモバイルデバイスの登場で複雑化する企業情報システムの開発運用現場に向けて、同社製品を活用した処方箋を説いた。(2014/11/28)

屋台で買うのが最も手軽:
海外プリペイドSIM導入マニュアル――「ミャンマー・ヤンゴン2014年」編
数年前までは自国民ですら携帯電話の入手が困難だったミャンマーも、海外の通信事業者が参入し、容易にプリペイドSIMが買えるようになった。現地3社のプリペイドSIMの使い勝手も三者三様、それぞれを試してみた。(2014/11/27)

PR:中古車査定のアップル 中古車の販売も買取も、中古車のことはアップル



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。