ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「G'zOne W62CA」最新記事一覧

KDDI、「G'zOne W62CA」「Woooケータイ W62H」「Sportio」をアップデート
KDDIは、auの「G'zOne W62CA」「Woooケータイ W62H」「Sportio」にケータイアップデートの提供を開始した。基地局との通信が最適化され、通話品質が向上する。(2011/7/7)

「G'zOne CA002」の“ここ”が知りたい:
第3回 フォントは見やすくなった?――「G'zOne CA002」
カシオ計算機製の「G'zOne CA002」は「G'zOne W62CA」のマイナーチェンジモデルだが、W62CAでは不満だった多くの部分が改良されている。そんなW62CAユーザーが切に感じる使い勝手について、多数の質問が寄せられた。(2009/7/13)

「G'zOne CA002」の“ここ”が知りたい:
第2回 もっさり感は改善された?――「G'zOne CA002」
カシオ計算機製の「G'zOne CA002」は、同社伝統の「G'zOne」シリーズの最新作。約1年前に登場した「G'zOne W62CA」は、その動作スピードに不満を感じるユーザーが多かっただけに、「どこが進化したのか」についての質問が多く寄せられた。(2009/7/6)

「G'zOne CA002」の“ここ”が知りたい:
第1回 「G'zOne W62CA」から何が変わった?――「G'zOne CA002」
「G'zOne W62CA」から約1年ぶりに登場したG'zOneシリーズの最新作「G'zOne CA002」は、前作の「スリークタフ」というコンセプトを継承したマイナーチェンジモデル。それだけに、W62CAからの変更点についての質問が多く寄せられた。(2009/7/1)

W62CAからどこが変わった? キーの反応速度は?:
写真で解説する「G'zOne CA002」
「G'zOne CA002」は防水、耐衝撃性能を備えたG'zOneシリーズの最新作。前作「G'zOne W62CA」をベースにデザインを一新し、ユーザーニーズに応える形でブラッシュアップした。(2009/5/28)

センサーアプリがさらに充実――タフネスケータイの最新モデル「G'zOne CA002」
「G'zOne CA002」は、基本性能やデザインは「G'zOne W62CA」をベースに、アウトドアのアクティブなシーンでさらに使いやすく進化した。「Run&Walk」がモーションセンサーに対応し、センサーアプリ「G'zGEAR」に2つのアプリを追加した。(2009/5/25)

「W62CA」に電源が入らなくなるなどの不具合
4月24日に公開されたau「W62CA」のケータイアップデート用ソフトウェアに、不具合があることが判明。KDDIは改善済みソフトウェアの配信を開始した。(2009/5/12)

「W62CA」と「Premier3」に電源リセットやフリーズなどの不具合
auの「W62CA」と「Premier3」に電源リセットやフリーズなどの不具合があることが判明。KDDIはケータイアップデートの提供を開始する。(2009/4/24)

「G'zOne W62CA」ロードテスト:
第3回 カシオ計算機初のKCP+で変わったポイント(操作性編)
前回は、カシオ計算機初のKCP+端末「G'zOne W62CA」と、KCP端末「W61CA」の外観およびグラフィックという「見た目」の違いを確認した。今回は、実際の操作面でどのような違いがあるのかを見ていく。(2008/11/25)

「G'zOne W62CA」ロードテスト:
第2回 カシオ計算機初のKCP+で変わったポイント(外観&グラフィック編)
「G'zOne W62CA」は、カシオ計算機の端末としては初のKCP+端末だ。従来のカシオ端末と比べて、一体どんな部分が変わったのだろうか。まずは「見た目」上の変更点をチェックした。(2008/10/16)

auの「W62CA」と「W62H」に不具合――ソフトウェア更新で対応
カシオ計算機製の「G'zOne W62CA」と日立製作所製の「Woooケータイ W62H」に不具合があることが判明。KDDIは「ケータイアップデート」のソフトウェア更新で対応する。(2008/10/10)

「G'zOne W62CA」ロードテスト:
第1回 初体験の防水・耐衝撃ケータイに迫る
カシオ計算機製のタフネスケータイ「G'zOne」シリーズは、防水性と耐衝撃性を兼ね備えた人気端末だ。今まで防水機能や耐衝撃構造を持つ携帯電話は一度も購入したことがなかったユーザーが、G'zOne W62CAを使うとケータイライフはどう変わるのだろうか。(2008/9/25)

開発陣に聞く「G'zOne W62CA」:
G'zOne W62CAのオリジナルツール「G'zGEAR」と新キャラ「Eco&EgoG」の秘密
新しくスマートに生まれ変わった「G'zOne W62CA」には、外観や機構設計の部分だけでなく、ソフトウェアやユーザーインタフェースにも新たな取り組みが行われている。今回はソフトウェア周りを担当した開発陣に詳しく話を聞いた。(2008/8/14)

開発陣に聞く「G'zOne W62CA」:
“クール”ではなく”スリーク”──「G'zOne W62CA」が追い求めたもの
根強いファンがいる「G'zOne」シリーズの最新モデル、「G'zOne W62CA」は、大胆な薄型化によってさらなる進化を遂げた。それでいて、従来どおりの防水性能と耐衝撃性能を備えている。“普通の防水ケータイ”とは決定的に違うG'zOneの最新モデルはどうやって生まれたのか。開発陣に聞いた。(2008/8/13)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
防水&タフでさくさく快適、画質と機能に期待しすぎなければ……ね──「G'zOne W62CA」
固定ファンも多い“G'zOne”シリーズが帰ってきた。防水&タフネスの「G'zOne W62CA」のカメラ機能はどう進化しただろうか。今回はハイエンドなカメラ機能を備える EXILIMケータイ W53CAとの画質比較を含めて、写りや使い勝手をチェックしていく。(2008/8/13)

「W62SH」「G'zOne W62CA」「Woooケータイ W62H」発売──分割は月々2000円前後から
KDDIは7月17日、シャープ製の「W62SH」を発売した。また19日にはカシオ計算機製の「G7zOne W62CA」と日立製作所製の「Woooケータイ W62H」の販売も始まっている。(2008/7/23)

防水・タフネスケータイ「G'zOne W62CA」、7月19日に発売
カシオ計算機製の防水・タフネスケータイ「G'zOne W62CA」が7月19日から店頭に並ぶ。Bluetoothやおサイフケータイを利用でき、au Smart Sportsなどの新サービスにも対応。厚さも19.9ミリと前モデルよりスリムになった。(2008/7/18)

ワークアウトのお供に――「G'zOne W62CA」、フィットネスの見本市にお目見え
「G'zOne W62CA」は、防水・耐衝撃性能に加え、ワークアウトをサポートするau Smart Sportにフル対応したタフネスケータイの新モデル。このW62CAが、「ヘルス&フィットネスジャパン2008」の会場にお目見えした。(2008/6/24)

写真で解説する“タフネスケータイ”「G'zOne W62CA」(ソフトウェア編)
2年ぶりの登場となったタフネスケータイ「G'zOne」。2008夏モデルの一台にラインアップされたカシオ計算機製「G'zOne W62CA」は、カシオ初のKCP+対応機であり、BluetoothやEZ FeliCaなど、最新のサービスにフルに対応している。今回新たなカシオ端末ならではのキャラクターも搭載した意欲作だ。(2008/6/13)

写真で解説する“タフネスケータイ”「G'zOne W62CA」
カシオ計算機製の「G'zOne W62CA」は、その名のとおり、防水&耐衝撃性能を持ったタフネスケータイ「G'zOne」シリーズの最新作。前作の「G'zOne W42CA」から丸2年。ファン待望のG'zOne最新作は、Run&WalkやBluetoothといったauの最新サービスに対応し、デザインもスリムに、そしてスタイリッシュに進化している。(2008/6/4)

タフネスケータイ「G'zOne」がスリム&スタイリッシュに進化──「G'zOne W62CA」
カシオ計算機製の「W62CA」は、防水&耐衝撃性能を持ったタフネスケータイ「G'zOne」シリーズの最新作。伝統の“こだわり”を継承しながら、au Smart SportsやBluetoothに対応するなど、最新スペックをキャッチアップして、スリムかつスタイリッシュに進化した。(2008/6/3)

N906i、821N、P706ie、W62CA、ディズニー──2008年夏モデル、大量にJATE通過
906i、706i、W6x、82xなど、携帯各社の2008年夏モデルと思われる機種が大量にJATEを通過した。(2008/5/16)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。