ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Windowsムービーメーカー」最新記事一覧

もともと無料の製品を売りつける詐欺に要注意:
本物は2017年1月に提供終了――偽の「Windows Movie Maker」が大規模に拡散
Microsoftが無料で配布していた「Windows Movie Maker」の偽プログラムを拡散し、30ドル弱で売りつける詐欺が横行している。(2017/11/13)

NUCやUltrabookをもっと速く:
アキバで人気のSSDにmSATA版が登場――「Samsung SSD 840 EVO mSATA」徹底検証
抜群のコストパフォーマンスで高い人気を誇るSSD「Samsung SSD 840 EVO」にmSATA版が登場した。容量が1Tバイトまで用意されているのも興味深い。早速、性能をチェックしよう。(2013/12/12)

もはや普及モデルのSSDではない:
「Samsung SSD 840 EVO」徹底検証――“TurboWrite”で下克上の性能を発揮か?
価格性能比に定評がある2.5インチSSD「Samsung SSD 840」がモデルチェンジ。課題だった書き込み速度を独自のバッファ技術で克服し、上位機「840 PRO」に肉薄する性能を得た。その実力をさまざまなテストで明らかにしていく。(2013/7/26)

Serial ATA 6Gbpsの限界へ:
SSD市場の主役へと躍り出るか?――「Samsung SSD 840 PRO/840」徹底検証
「SSD 830」が好評のSamsungから、後継となる「SSD 840 PRO」と「SSD 840」が登場した。それぞれ250Gバイトクラスのモデルを入手したので、性能と消費電力を検証しよう。(2012/11/6)

鈴木淳也の「お先に失礼! Windows 8(もう仮称じゃない)」:
Windows 8 Consumer Previewで使いやすくなった基本操作をさらう
Windows 8 Consumer Preview(W8CP)がリリースされて2カ月以上。W8CPで「Windows 8」の総ざらいをして、「Windows 8 Release Preview」の登場を迎え撃つぞ!(2012/5/18)

親子パソコン組み立て教室:
いかがですか父上、あなたの息子が組み立てた自作ノートPCです
マウスコンピューターが「親子パソコン組み立て教室」を開催。全国から選ばれた小学生たちが長野県の飯山工場でノートPCの自作に挑む。父さんに実力見せてくれよォ。(2011/8/2)

長期試用リポート:
「DSC-HX9V」第2回――1080/60p記録について考える
DSC-HX9Vの特徴のひとつといえば、1080/60pまで到達したAVCHDでの動画撮影機能だが、いろいろ悩ましい点も多い。(2011/5/11)

25ナノプロセスでいいことあった?:
“C300”の後継モデル「Crucial Real SSD C400」でキュンキュン遊ぶ
Real SSD C300は、Serial ATA 6Gbpsに初めて登場したSSDとして注目された。その後継となるReal SSD C400が登場。“25ナノ”が導く性能とは!(2011/5/9)

SSDでもようやく反撃!:
インテルのSSDがSerial ATA 6Gbps転送に対応!――Intel SSD 510シリーズぐりっと使う
高速性と信頼性でSSDの普及に貢献したインテルのSSDといえば「X25-M」だ。その次世代モデルとなる「Intel SSD 510」は正式に発表された。その実力を検証する。(2011/2/28)

Windows 7、1年で2億4000万ライセンスを出荷:
Windows 7にしたなら、「Windows Liveも使おう」──“7”発売1周年のMSが新バージョンをデモ
Windows 7搭載PCを購入したなら、一緒にWindows Liveも使ってみては? Windows Live Essentials 2011の一部ツールは、かなり大きく進化していた。(2010/10/25)

Microsoft、「Windows Live Essentials 2011」をリリース
Windows Live Messengerやフォトギャラリー、Live Meshなどの無料サービスをパッケージにしたサービススイート「Windows Live Essentials 2011」がWindows Vista SP2以上のユーザー向けに公開された。(2010/10/1)

“Live Messenger 2011に最適”:
Microsoft、1080p対応のWebカメラ「LifeCam Studio」を発表
LifeCamシリーズ初の1080p対応カメラ「Studio」は、この秋リリース予定のWindows Live Messenger 2011での利用に最適としている。(2010/9/15)

デジカメ動画活用塾:
15分で理解するWindows Live ムービーメーカー、5つのTips
オマケの印象が強かったWindows OS付属の動画編集ソフトだが、最新版「Windows Live ムービーメーカー」はかなり使えるソフトになった。動画編集の基礎を体験するにも適している。(2010/8/23)

マイクロソフト、次期「Windows Live Essentials」β版を提供開始
マイクロソフトが新しい「Windows Live」の詳細について説明会を実施した。同日より新「Windows Live Essentials」(β版)のダウンロード提供も開始している。(2010/6/25)

Windows 7の売り上げが1億5000万本に
Windows 7は1秒間に7本のペースで売れているという。(2010/6/24)

「Office 2010」リリース、各社OfficeバンドルPCも発売:
MSが取り組む“クラウド”、個人ユーザーにも「小難しく考えることはないよ」をアピール
「Office 2010」のリリースとともに、PCメーカー各社の新モデルも一斉に登場。Officeをはじめとするソフトウェア製品群を、個人にも「いつの間にか使っていた」と思えるシームレスなクラウドサービスを展開していく。(2010/6/17)

iPhotoに匹敵するフォトツールも:
Microsoft、次期「Windows Live Essentials」の新機能を紹介
次期「Windows Live Essentials」では、複数のPCとMacのファイルを同期できるようになり、フォトレタッチツールの「Photo Gallery」にはユニークな写真合成機能が追加された。(2010/6/4)

デザイナーのためのWeb学習帳(6):
無料ソフトで超入門! 動画キャプチャ→編集→配信
プレゼン活用やマニュアル作成、コンテスト投稿など、動画を活用するための無料ソフトを紹介し、簡単な使い方や手順を説明します(2010/5/28)

Microsoft、「Producer 2003」の脆弱性に対処
3月の月例セキュリティ情報で解説していた脆弱性に対処している。(2010/5/6)

AVCHDネイティブ編集の実力は?:
ただ、AVCHDをサクッと編集したいだけなんだ――「EDIUS Neo 2 Booster」を試す
春はビデオカメラが活躍する季節だが、現在主流のAVCHD形式はなにかと編集しにくく困ることが多い。今回はAVCHDが“軽い”とウワサの編集ソフトを検証する。(2010/3/12)

MSの月例更新プログラムが公開、Excelとムービーメーカーの脆弱性に対処
3月の更新プログラムは2本とも「重要」レベル。WindowsムービーメーカーとExcelに存在する合計8件の脆弱性に対処した。(2010/3/10)

iPod touchだってできるもん:
元気のない自分にアドバイス――やる気リカバリー動画を自作する
iPod touchを生かしたアイデアを考えて実験する連載「iPod touchだってできるもん」。いよいよ最終回となりました。今回は「どうしてもやる気になれない」――。そんな時の自分にアドバイスできる動画を作ってみました。(2010/1/26)

イマドキのイタモノ:
“かっとび”GPUを統合した「Core i5-661」の実力を正式発表“前”に検証する
「Clarkdale」と呼ばれていたCore iシリーズがまもなく“正式に”発表される。「32ナノプロセス」「GPU統合」と初物づくしのCPUはどんな性能を見せるのか?(2010/1/4)

イマドキのイタモノ:
GeForce GT 240の“存在意義”を考える
過当競争気味の1万円前後級グラフィックスカードに投入されたNVIDIAの新鋭モデルが「GeForce GT 240」だ。ちょっと地味なこのGPUを“多角的”に検証する。(2009/12/11)

Windows 7新時代:
第2回 XP/Vista→Windows 7 完全移行マニュアル
住み慣れたXP/Vista環境をWindows 7に移行するための完全マニュアル。XP→Win7は変化が大きく、間違いなく移行するには知識が必要だ。(2009/9/24)

今度はポジティブキャンペーン:
Microsoft、「Windows 7」のテレビCM放映開始
10月22日のWindows 7の発売に向けたMicrosoftのキャンペーンCM第一弾は、4歳の少女が楽しそうにWindows 7を使いこなすイメージ広告になっている。(2009/9/12)

Microsoft、動画編集ソフト「Windows Live Movie Maker」リリース
Live Movie Makerでは、「AutoMovie」機能で写真や短いビデオクリップから簡単に動画を作成でき、メインメニューからYouTubeに動画を投稿できる。(2009/8/21)

周辺機器の“7”対応状況は!?:
そういえば今使っている周辺機器、「Windows 7」でも動くのだろうか
Windows 7へのアップグレードにより、今まで使っていた周辺機器が動作しなくなる可能性がある。現時点でのPC周辺機器メーカーが公開するWindows 7対応状況の一部をまとめた。(2009/6/26)

Windows 7はメールソフト非搭載 Liveとの連携でオンライン強化へ
「Windows 7」にはメールソフトや画像管理ソフトなどが非搭載で、Windows Liveで無償ダウンロード提供する。背景には、オンライン上の“MS勢力”を拡大する狙いがありそうだ。(2009/5/26)

デバイスステージで利便性向上:
Windows 7の「デバイス管理」と「リモート再生」は何が変わる?
Windows 7には、接続したデバイスを一元管理して個別に詳細情報へアクセスできる機能が追加された。コンテンツの再生と配信の機能も強化されているが……。(2009/5/21)

Vistaの次に来るもの「Windows 7」のβ版試用リポート
Windows 7 β版から垣間見た企業クライアントPCの未来
2010年1月にも登場するのではないかといわれている「Windows 7」。Vistaを導入済みの企業にとっても、XPを使い続けている企業にとっても、気になる存在だ。そこで、つい先日公開されたばかりのβ版を試してみた。(2009/1/26)

オバマ政権スタッフ、ホワイトハウスのIT環境に不満
「Facebookによる支援者とのコミュニケーションもない。外から電子メールにログインできない」――オバマ政権のスタッフはこのような不満を漏らしているようだが、そこには懸念される点もある。(2009/1/23)

3分LifeHacking:
実例で見る“ウケる動画”の10のポイント
うまく動画が作れないんでCGMサイトに投稿するのもはばかられる……。もう一歩、うまい動画を作るにはどうしたらいんだろう? そんなときに参考になる10のポイント。(2008/11/19)

Microsoft、「Windows Live」最新版のパブリックβをリリース
最新のWindows Liveスイートには動画編集ツールが追加されたほか、Messengerが大幅に刷新された。(2008/9/18)

「日本人が優しすぎるから」――ニコ動で“育つ”香港の歌姫
歌は下手だと思ってた。ただ日本人の優しさに感動し、その気持ちを伝えたくて「ニコニコ動画」で歌い始めた。「私には歌うことしかできないから」――香港に住む18歳。歌で思いを届けようともがく。(2008/9/5)

ねとらぼ:
動画投稿って難しい 「ニコ動」アップに四苦八苦
うわ、この形式だとこのソフトじゃ編集できないのか! え? 投稿ボタンを押してもアップできないんですけど――「ニコ動」に投稿するまでの苦労をレポートする。(2008/7/18)

誰でも動画の作り手に――DTM企業が「ニコニコムービーメーカー」を開発した理由
ニコニコ動画専用の動画ソフト「ニコニコムービーメーカー」は、「Singer Song Writer」で知られるDTMソフトの老舗が開発した。動画制作のハードルを下げ、“創る”のすそ野を広げたいという。(2008/3/24)

盛り上がれぇぇぇっ、インテル!──意外とまじめだった「Intel in Osaka 2007」
秋葉原が「Phenom」で盛り上がっていた同日同時刻、大阪ではインテルのイベントでこれまたたいそう盛り上がっていた。(2007/11/26)

PR:標準ソフトのみで写真を10倍楽しむ方法――Windows Live フォト ギャラリー徹底活用
デジカメで撮った写真を整理したり修正したりするのは意外と面倒。だが、マイクロソフトがフリーで提供している「Windows Live フォト ギャラリー」を使えば、デジタル写真の管理や修整が楽になり、印刷や公開も手軽にできるようになる。いったいどんなソフトなのか?(2007/11/12)

CEATEC JAPAN 2007:
未来のデジタルライフスタイルは日本から世界へ――マイクロソフト基調講演
CEATEC JAPAN 2007で最初の基調講演を行ったマイクロソフト。Vistaとパートナー企業の製品をいかに融合していくのか、デモを交えながら説明した。(2007/10/3)

これぞVAIOの最上級:
「VAIO type R master VGC-RM52DL9」でHD映像を思うままのカタチに(前編)
ソニーの「VAIO type R master」は個人で本格的なビデオ編集を行いたい場合、非常に強力なソリューションとなる。今回はじっくりHD映像を編集してみた。(2007/7/4)

米国牛は安くてうまいか?:
Vistaのプレミアム体験を9万円ノートで――Gateway「MT3303j」
安いけどVista BasicのノートPCは遠慮したい、かといってHome Premiumは高い……。そんな人のために9万円以下のHome Premium搭載ノートPCは使えるのか試してみた。(2007/6/20)

ドスパラ、動画向けPC「Prime Create Movie」発売記念イベントを開催――アキバ店
サードウェーブは、動画向けPC「Prime Create Movie」発売を記念したイベントをドスパラアキバ店にて開催する。日時は4月22日。(2007/4/19)

家電代わりは無理? Vistaのデジタルメディア機能をチェック
高精細(HD)ビデオのサポートや提供するAV機能の見直しなど、Windows Vistaではホームエンターテインメント向けの強化が施されているが、コンシューマーがPCを家電製品の代わりに使用するようになるには、まだ克服すべき課題が残されていると言えそうだ。(2007/4/2)

デジタルコンテンツ製作向けの高機能PC「PC Prime Create」4製品を発売――ドスパラ
サードウェーブは、各種デジタル業務向けとなる高機能デスクトップPC「Prime Create」シリーズ計4製品を発売する。(2007/3/29)

角砂糖のようなVistaノート?:
必要なものを行儀よく並べた“白い新型”――ソニー「VAIO type N VGN-N50HB」
VAIO type N VGN-N50HBは、シンプルかつおしゃれなホワイトボディにWindows Vista Home Basicを搭載した低価格帯のノートPC。VAIO春モデルで売れ筋の1台だ。(2007/3/29)

新生モバイルノートPCの実力は?:
Vista×ワンセグ×新ボディ――富士通「FMV-BIBLO LOOX T50U/V」を試す
Vistaの登場とともにフルモデルチェンジを果たした富士通「FMV-BIBLO LOOX T」。人気のモバイルノートPCがどのように生まれ変わったのかをチェックした。(2007/3/22)

米国牛ノートの逆襲:
Vista Home Premium×Core 2 Duo T7200で15万円台のワイドノートPC――Gateway「MT6827j」
「低予算でガンガン使えるVista搭載ノートPCが欲しい」という人は、Gatewayの15.4インチワイド液晶搭載モデル「MT6827j」をチェックしてみては?(2007/3/7)

+D Shopping バイヤーズガイド:
Windows Vista世代のPCは進化した“テレパソ”で決まり!
デスクトップPCに新しいジャンル「テレビサイドPC」が登場した2007年春のラインアップ。ということで、今回のバイヤーズガイドは「Vista搭載」で進化した“テレパソ”なのだ。(2007/2/21)

「これはVistaとCore2 Duoのコンビネーションでないとできない」──インテル定例記者会見
Windows Vistaの深夜発売イベントでインテルの吉田氏は「Windows VistaとCore2 Duoは1番の組み合わせである」と興奮気味に語っていた。なにがどう「イチバン」なのだろうか。(2007/2/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。