ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  X

  • 関連の記事

「Xbox One」最新記事一覧

セガ、「シェンムー I&II」PS4向けに18年発売
セガが「シェンムー I&II」を2018年に発売する。ドリームキャスト向けに発売した第1作「シェンムー 一章 横須賀」と第2作「シェンムーII」をリメークし、日本国内ではPS4向けに発売する。(2018/4/16)

セガフェスで「シェンムー I&II」「新サクラ大戦」発表! ニンテンドースイッチ用新生「SEGA AGES」も
きたぁあああああああああ!!!(2018/4/14)

「『荒野行動』サービス継続」訴訟報道に公式がコメント 「虚偽提訴・デマには法的措置」
「荒野行動」に著作権などを侵害されたとして、「PUBG」開発元が米裁判所に提訴したとの報道に対して、荒野行動の公式Twitterがコメント。「虚偽提訴・デマに対して、弊社はあらゆる法的措置を講じる権利を有している」としている。(2018/4/9)

モンハンワールドも好調:
17年度の国内家庭用ゲーム市場、2年連続で拡大 Switchがけん引
ゲームメディア「ファミ通」(Gzブレイン)が発表した2017年度のゲーム市場調査の結果によると、国内家庭用ゲーム市場はハード・ソフト合計で3878.1億円(前年比21.8%増)と、2年連続で拡大した。(2018/4/3)

国内家庭用ゲーム市場規模、前年比121.8%の約3878億円に ファミ通調べ
ハード市場だけで見ると前年比152.7%。累計400万台を突破したNintendo Switchの影響がうかがえます。(2018/4/2)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(23):
AMDは2016、Intelは2014……。最新CPUチップの刻印が意味するもの
今回は、脆弱性問題で揺れるAMDやIntelの最新プロセッサのチップに刻まれた刻印を観察する。チップに刻まれた文字からも、両社の違いが透けて見えてくる。(2018/4/2)

「Skyrim VR」がSteam VR向けに4月3日リリース 対応機種はHTC VIVE/Oculus Rift/Windows MR
Oculus Rift正式対応。(2018/3/29)

「モンスターハンター:ワールド」全世界出荷数750万本達成 カプコン史上最高の実績に
カプコンにおける単一タイトルの出荷本数として史上最高に。(2018/3/5)

「モンスターハンター:ワールド」750万本超を出荷 カプコン史上最高を更新
カプコンの「モンスターハンター:ワールド」の出荷本数が全世界で750万本を突破。単一タイトルでは同社史上最高を更新したという。(2018/3/5)

「ソニック」長編映画に セガ、Paramountが共同製作へ
Sega of Americaが、映画会社の米Paramount Picturesとゲームシリーズ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の長編映画の共同製作で合意。(2018/2/23)

Nintendo Switchが腫瘍発見のきっかけに 決め手は「マリオカート8 デラックス」のHD振動
コインを取ったときの振動に痛みを感じ、医者に診てもらったところ……。(2018/2/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
次世代のWindows 10とウワサされる「Polaris」とは何か
Microsoftがデスクトップ、ノート、2in1タブレットなどのPC製品向けに“新しい”Windows 10を開発中とのウワサがある。「Polaris」と呼ばれるこの新OSの謎を追う。(2018/2/9)

「モンスターハンター:ワールド」600万本突破 カプコン史上最速
1月26日にカプコンが発売した「モンスターハンター:ワールド」が世界で600万本出荷。同社史上最速ペースという。(2018/2/9)

「YouTube TV」が「Roku」で利用可能に 「Apple TV」より先に
Googleが米国で提供している有料のコンテンツサービス「YouTube TV」が、メディアストリーミング市場シェア1位の「Roku」で使えるようになった。「Apple TV」も“間もなく”サポートする見込み。【UPDATE】Apple TV向けアプリも公開された。(2018/2/2)

「ドラゴンボールファイターズ」累計出荷本数200万本突破 「2.5D」のグラフィックで発売前から注目集める
圧巻のグラフィック。(2018/2/1)

Microsoft、Azure倍増で2桁台の増収(法人税関連で赤字転落)
Microsoftの2017年10〜12月期決算は、「Azure」や「Office 365」などのクラウド事業が好調で12%増の増収だった。(2018/2/1)

「ドラゴンボール ファイターズ」海外発売初日にして、近年Steamでもっとも多く遊ばれている格闘ゲームに
国内向けには2月1日の発売が予定されている。(2018/1/30)

「モンハン」最新作、全世界で500万本出荷 発売から3日間で
「モンスターハンター」シリーズ最新作「モンスターハンター:ワールド」の出荷本数が全世界で500万本を突破。発売から3日間でシリーズ最高の出荷本数を記録したという。(2018/1/29)

「FFXV」に“ROYAL EDITION”と“WINDOWS EDITION” 新ボス・新マップ・新アクションなど追加
パッケージ版/ダウンロード版ともに7800円(2018/1/16)

「SAO」ゲーム化5周年を記念した「ファンミーティング」開催 VR体験も
『ソードアート・オンライン』ゲームシリーズのファンミーティングを開催。世界観を体感できるVRアトラクションも出展(2018/1/11)

家庭用ゲームのハード/ソフト市場、11年ぶり前年増 「ドラクエ11」300万本突破やNintendo Switchがけん引
めでたいニュース。(2018/1/9)

果敢なチャレンジ精神に天晴!――「麻倉怜士のデジタルトップテン」(中編)
中編は6位から4位までカウントダウン。デノンが先陣を切って普及価格帯AVアンプに採用を決めたイマーシブサラウンド規格「Auro-3D」や、復活の足音を高らかに鳴らすシャープの8Kに対する取り組みなどがランクイン。(2017/12/30)

PR:PC市場の未来を作る若きリーダーたち AMD×Lenovo日本担当者トップ対談
国内PC市場のトップシェアを占めるレノボ・ジャパンの留目社長と、AMDでアジア地域を統括するデビッド氏の対談が実現。(2017/12/11)

「Street Fighter 30th Anniversary Collection」海外で発表 発売は2018年5月
初代「ストリートファイター」も。(2017/12/11)

名作RPG「ロマンシング サガ2」リマスター版がNintendo Switch、PS4など最新機種への移植決定
「流し斬りが完全にはいったのに……」で知られるあのゲーム。(2017/12/8)

ロックマン最新作「ロックマン11」来年発売 シリーズ30周年を記念
カプコンが「ロックマン」シリーズ最新作「ロックマン11 運命の歯車!!」を2018年後半に発売する。シリーズの30周年記念した完全新作という。(2017/12/5)

「ロックマン11」、2018年発売 従来のゲーム性に3D表現を取り入れ高精細で美麗な世界へ
プラットフォームはPS4・Nintendo Switch・Xbox One・PC。(2017/12/5)

おなじみの仕様は継続:
「ロックマン」新作、18年後半に発売 30周年を記念
カプコンが、人気ゲームタイトル「ロックマン」シリーズの最新作「ロックマン11 運命の歯車!!」を2018年後半に発売すると発表。(2017/12/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
稼働6億台を超えたWindows 10はうまくいっているのか
リリースから3年で10億台のデバイス数を目指していたWindows 10。目標を達成できるペースではないものの、2017年11月には6億台の大台に達している。Windows 10およびWindows as a Serviceの戦略はうまくいっているのだろうか。(2017/12/3)

「Windows 10」稼働端末、ようやく6億台超
MicrosoftのナデラCEOが、「Windows 10」の月間稼働台数が6億台を超えたと発表した。5月の5億台から1億台増えるのに約半年かかった。(2017/12/1)

「YouTube TV」が「Apple TV」や「Xbox One」でも利用可能に Amazonの「Fire TV」は非対応
YouTubeが米国で提供している月額35ドルの主要テレビ局やCATVネットワークのテレビ番組見放題サービス「YouTube TV」の「Apple TV」や「Xbox One」向け単体アプリが公開され、これらの端末でも視聴できるようになった。(2017/10/31)

Microsoft、「Kinect」の生産を終了
Microsoftは「Kinect」の生産を終了した。在庫限りで販売を終える。販売済み製品のサポートは続けるという。(2017/10/26)

RPG+恋愛ゲーム? 海外で「武器」とデートする謎ゲーム「ボーイフレンド・ダンジョン」発表
ちょっと「ソウルイーター」を思い出す……。(2017/10/21)

MRだけじゃない!! 日本語フォント「UDデジタル教科書体」にも注目――Windows 10 FCU
日本マイクロソフトが、大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」に関する説明会を開催。同社の取り組みについて報告がなされた。(2017/10/19)

セガ「ソニックフォース」と「HOOTERS」のコラボイベントが開催中 フーターズガールたちがメインテーマ曲でダンスも
15時〜17時までコラボメニューも登場します。(2017/10/16)

カーネル・サンダース、WWEのプロレスゲームに参戦 強靭な肉体とキレのある技で相手レスラーをボッコボコに
イッツトゥルー、イッツダムントゥルー!(2017/10/13)

「ゲームライターに腕前は必要か」議論を巻き起こした「Cuphead」 やってみたら本気で難しかった
ベテラン記者がヘタだったのか、ゲームが難しすぎたのか? 実際に遊んで確認したのですがマジきつい。(2017/10/10)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10秋の大型アップデートで「ストア」が変わる
AppleやGoogleのアプリストアに後れを取っているWindowsストア。いよいよWindows 10の次期大型アップデート「Fall Creators Update」でテコ入れされるようだ。(2017/9/28)

「Xbox One X」日本でも11月7日発売 予約スタート
「Xbox One X」は日本でも11月7日に発売へ。予約受け付けは既にスタートしている。(2017/9/20)

FC「くにおくん」が全部入り&オンラインプレイ対応で復活! Switch、PS4、Xbox One、Steamで販売
海外版タイトルも収録。(2017/9/20)

Xbox Oneの上位機種「Xbox One X」11月7日発売へ 4K対応で価格は4万9980円
PS4に対するPS4 Proのような位置付け。(2017/9/20)

PS2の名作「大神」が4K対応で再リマスター PS4・Xbox One・PC向けに12月発売
2012年にPlayStation 3向けにリマスターされた「絶景版」がさらに美しく。(2017/9/13)

あるベテラン記者のゲームプレイがあまりにもヘタ→国内外で「ゲームライターにゲームの腕前は必要か」と議論に発展
「ゲームの魅力を伝えるには一定の腕前が必要」「ヘタな人の視点で紹介できればいい」など意見は割れていますが、そもそも動画上のプレイングが本当にヘタすぎる。(2017/9/6)

Microsoft、「Twitch」対抗「Mixer」のライブ配信可能なiOS/Androidアプリ公開
Microsoftがライブ実況サービス「Mixer」のiOS/Androidアプリ「Mixer Mobile」アプリを公開した。モバイルゲームの実況も、Periscopeのような普通のライブ実況も可能で、XboxやPCでの「Co-Streaming」にも参加できる。(2017/9/1)

「FF15」の田畑氏がPC版を語る上で切り離せない「ヌードMod」について言及 「ユーザーのモラルに任せたい」
(2017/8/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 Pro for Workstations」は何がスゴイのか
機能を絞り込んだ教育市場向けの「Windows 10 S」に続き、今度は機能を拡張したワークステーション向けの「Windows 10 Pro for Workstations」が登場する。(2017/8/22)

「ジュラシック・ワールド」の恐竜パークを運営できるシミュレーションゲーム登場 恐竜が脱走するシーンも
2018年夏、PC・PlayStation 4・Xbox Oneで発売。(2017/8/21)

「Xbox One X」の限定モデル「Project Scorpioエディション」、世界で予約開始
Microsoftが11月7日発売予定の「Xbox One X」の予約を開始した。今予約すると、本体とコントローラに「Project Scorpio」ロゴが付く。これとは別に、マインクラフトカラーで「マインクラフト」バンドルの「Xbox One S Minecraft Limited Edition Bundle」も予約開始した。(2017/8/21)

スポーツ見放題「DAZN」、PS3・PS4に対応
スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN」が、PS3とPS4に対応。(2017/8/9)

Spotify、Xbox Oneアプリを日本を含む34カ国で公開 ゲームのBGMに
Xbox OneでゲームをプレイしながらSpotifyの音楽をBGMとして楽しめるようになった。(2017/8/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。