ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「横浜」最新記事一覧

横浜税関ビルに自分の巨大化した顔が映るとんでもない顔ハメ看板 スマートイルミネーション横浜2017で爆誕
上海にも同じ顔ハメ看板が設置され、現地人の顔をリアルタイムでビルへ映し出します。(2017/10/23)

データマーケティングの請負人が語る:
横浜DeNAベイスターズが5年間で来場者数を76%増やすためにやったこと
ホームゲームの観客動員数が急伸する横浜DeNAベイスターズ。長年の人気低迷期を乗り越えてここに至るまでのマーケティング戦略について担当者が語った。(2017/10/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“泥試合”を強行した日本のプロ野球は、やっぱりおかしい
10月15日、甲子園球場がある兵庫県西宮市は雨。グラウンドに水たまりがたくさんあるなかで、阪神対横浜のクライマックスシリーズは行われた。レギュラーシーズンであれば「中止」レベルであるにもかかわらず、なぜ試合は行われたのか。その裏には……。(2017/10/19)

横浜・八景島シーパラダイス「深海生物大量死」問題で見解発表 関連機関の告発で話題に
ノウハウの不十分さや飼育経験の不足が原因であったとも。(2017/9/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
小田急の特急ロマンスカーが残した足跡
小田急ロマンスカーの60周年を記念して、横浜駅から徒歩数分の原鉄道模型博物館で特別展「小田急ロマンスカー物語」が始まった。流線型に展望車、子どもたちの憧れだったロマンスカー。その功績は小田急電鉄の業績向上にとどまらず、世界の高速鉄道誕生のきっかけをもたらした。(2017/9/8)

迎車地点や目的地の指定も可能:
タクシーの配車や決済をアプリで DeNAが横浜で実験
DeNAが、タクシー配車アプリ「タクベル」を活用したサービスの実証実験を横浜市で実施する。乗客の利便性向上とドライバーの業務効率化が狙い。2018年1月以降の実用化を予定している。(2017/9/4)

タクシー業界はこの先生きのこるか? “AI”使うDeNAの配車アプリ「タクベル」の狙い
ディー・エヌ・エーが、AIを活用したタクシー配車アプリの実証実験を9月12日からスタート。まずは横浜市のタクシー約200台が対象となる。(2017/9/4)

シャープが横浜ベイスターズ専用ウェアラブル端末を9月上旬発売 腕の動きを感知して試合の盛り上がりを共有
野球観戦が楽しくなりそう。(2017/8/30)

ポケモンGO、横浜みなとみらいのイベントで200万人以上が1億2000万匹以上ゲット
バリヤード、色違いピカチュウ、そしてミュウツー登場。横浜みなとみらいのイベントでは、多数のトレーナーが大量のポケモンをゲットした。(2017/8/16)

ポケモンGOにミュウツー初めて出現 横浜イベントの限定ポケモンとして
8月14日に横浜スタジアムで開催中「Pokemon GO STADIUM」にて、限定レイドバトルのポケモンとして登場しました。(2017/8/14)

横浜スタジアムに「ミュウツー」降臨! Pokemon GO STADIUM現地レポート
横浜スタジアムで行われている「Pokemon GO」の抽選参加形式のイベント「Pokemon GO STADIUM」の様子を現地からレポートする。(2017/8/14)

夜のYOKOHAMAで謎のアンノーンを追う! Pokemon GO PARK現地レポート番外編
横浜みなとみらいエリアで始まった「Pokemon GO PARK」。バリヤードやアンノーンといった普段とは違うポケモンが出現しているとあって、多くの人で賑わっている。そして夜も……。(2017/8/12)

自然エネルギー:
農業の新しいビジネスモデルに、ソーラーシェアリングのススメ
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」。農業と太陽光発電を両立させるソーラーシェアリングを行うためには、どのような点に気をつければ良いのだろうか。複数の施工実績を持つ横浜環境デザインが解説する。(2017/8/7)

バリヤード、みなとみらいに見参! 「Pokemon GO PARK」の詳細が明らかに
8月9日〜15日に横浜・みなとみらい地区で開催される「Pokemon GO PARK」の詳細が明らかとなった。期間中、ヨーロッパ限定の「バリヤード」を始めとするレアポケモンが会場内に出現する。(2017/8/4)

材料技術:
ガラス繊維強化樹脂の板ばねが年産35万個、「繊維強化複合材は大量生産できる」
ヘンケルジャパンは、自動車向けに繊維強化複合材と接着剤の技術サポートを行う拠点「コンポジットラボ」を横浜市磯子区に開設した。バッテリーの重量を相殺するために特に軽量化が求められる電気自動車を中心に繊維強化複合材の需要が拡大し、用途は車体骨格から足回りまで広がると見込む。(2017/7/21)

ぴあ、「1万人規模の音楽アリーナ」横浜に建設 2020年開業へ
1万人規模の音楽コンサートアリーナを、ぴあがみなとみらいに建設へ。2020年春の開業を目指す。(2017/7/20)

民間単独で:
ぴあ、1万人規模の大型音楽アリーナ建設へ 20年春開業
ぴあは収容客数が1万人規模の大型音楽アリーナを横浜市のみなとみらい地区に建設する。(2017/7/20)

横浜港でヒアリ繁殖の可能性? 幼虫やサナギなど含め700個体以上を発見
女王アリは発見されていない。(2017/7/15)

スマートホーム:
“つながる”エネファームを全278戸に導入、スマホで外から遠隔操作も
東急電鉄、三菱地所レジデンスなどが販売する横浜市の新築マンションの全戸に、家庭用燃料電池「エネファーム」の採用が決まった。東京ガスが2017年8月から提供予定の「ネットワーク接続サービス」を利用することで、外出先でもスマートフォンアプリから風呂や床暖房、発電のオン/オフ操作などが行える。(2017/7/11)

「そのヌードには、秘密がある」 横浜美術館で「ヌード」展開催
ドキドキ。(2017/7/5)

改正FIT時代の太陽光発電事業のポイント:
これからの太陽光発電、「デューデリジェンス」が事業の明暗を分ける
2017年4月から施行された改正FIT法。長期的な事業計画の策定や適切な運用保守が求めるようになるなど、太陽光発電事業を取り巻く環境は大きく変化した。こうした中で、今後の太陽光発電事業を成功させるためるには、どういった点に注意する必要があるのか。横浜環境デザインが解説する。(2017/7/3)

横浜市ら、IoTを活用した「移動式住居」で実証実験 災害時の仮設住宅にも
被検者は1週間ここに住み、データを得る。(2017/6/23)

大人がガチで作るプラレールってすごい 国内屈指の“ダンジョン駅”横浜駅をプラレールで再現する猛者登場
細かいところまでよくできている。(2017/6/22)

IoTスマートホームを活用した「未来の家プロジェクト」開始 ドコモらが横浜市で
and factory、横浜市、NTTドコモは、IoT機器やセンサーで住人の快適な生活をサポートする「未来の家プロジェクト」を実施。約2年間の実証実験を行い、実際の生活ログを解析しながら評価する。(2017/6/22)

今年はピカチュウ以外も!? 「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」横浜で夏開催
ピカチュウ“だけじゃない”……何が来るのか楽しみ。(2017/5/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東海道貨物支線の旅客列車運行計画はどうなった?
東海道本線の東京〜横浜間と並行する東海道貨物支線を貨客併用化する構想がある。協議会発足から約17年。まだ整備に着手されていない。この路線の進捗(しんちょく)はどうなっているのか。(2017/5/19)

召喚獣バハムート、横浜に襲来 FF×横浜市コラボ企画で高層ホテルにプロジェクションマッピング上映
MM(みなとみらい)がFF(ファイナルファンタジー)に。(2017/5/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
販売好調! 花月嵐の家系ラーメン「藤崎家」とは
らあめん花月嵐が3月より期間限定商品として販売している、横浜家系ラーメン「藤崎家」が好調だ。6月初旬まで売る予定だが、計画以上に売れてしまい、販売を終了している店もあるという。人気の理由とは?(2017/5/16)

人テク展2017 開催直前情報:
人テク展は562社出展で過去最大規模、自技会70周年の特別企画も
自動車技術会は「自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展2017 横浜」の開催概要を発表した。期間は5月24〜26日で、562社が1175ブースで出展する過去最大規模となる。(2017/5/11)

CAE事例:
「解析と実測のコリレーション」で自動車用コネクターの開発期間が3分の1に
コネクター大手のヒロセ電機は、研究開発拠点の横浜センターに新たに「EMC試験室」を導入。EMC試験室と解析技術の組み合わせによって、自動車向けコネクターの開発期間を従来比で3分の1程度に短縮し、製品投入を加速させていく考えだ。(2017/5/9)

「AI搭載自動運転バス」の運用を見据え:
DeNAと横浜市、「AIを用いた地域交通課題解決プロジェクト」を共同で開始
DeNAと横浜市が、自動運転社会を見据えた新しい地域交通の在り方を提案する「無人運転サービス・AIを用いた地域交通課題解決プロジェクト」を共同で開始。自動運転バス「Robot Shuttle」の一般試乗イベントを2017年4月に行う。(2017/4/25)

横浜市との共同プロジェクト:
DeNA、自動運転車「ロボットシャトル」の試乗会を開催
DeNAが、神奈川県横浜市との共同プロジェクトの一環で、自動運転バス「ロボットシャトル」の試乗イベントを開催する。(2017/4/24)

地域交通に自動運転の検討本格化 横浜市とDeNA、金沢動物園で無人バスの実証実験
DeNAと横浜市が共同で自動運転バスの試乗イベントを金沢動物園で行う。事前に体験した一般の試乗者の感想は?(2017/4/24)

横浜に犬と人のための大型複合施設「WANCOTT」 ホテルやドッグパークなど備える
「WANCOTT(ワンコット)」ではホテル、トレーニング、ケアなどのサービスを提供。(2017/4/22)

電力供給:
新電力プラン「横浜FCでんき」 削減した電気代の一部を地元サッカーチームに還元
イ―ネットワークシステムズは、地元のスポーツチームを応援する新しい電力プラン「横浜FCでんき」を発表した。削減した電気代の一部を練習施設の増設費用、クラブ運営費として還元する。(2017/4/7)

BIM/CAD:
大成建設、シールド工事向けCIMシステムを構築 施工管理情報の統合と見える化
大成建設は、シールド工事における施工管理情報・記録を統合し、見える化したCIMシステム「T-CIM/Shield」を発表した。新規受注工事に対して積極的に導入を図り、第1弾として、首都高速道路発注の高速横浜環状北西線シールドトンネル工事に導入するという。(2017/4/5)

十四松が大活躍!? おそ松さんとポムポムプリンのコラボカフェ 4月1日横浜にオープン
期間限定メニューも登場します。(2017/3/29)

電力供給サービス:
廃棄物の提供で電気料金が割安に、JFEがリサイクル発電サービスを展開
JFEエンジニアリングの子会社で新電力のアーバンエナジーが、4月から「パシフィコ横浜」の一部施設に電力供給を開始する。JFEエンジニアリング側がパシフィコ横浜の施設から回収した廃棄物で発電を行い、その電力を割安な料金で供給する。電力需要家側の資源リサイクルと、電力コストの削減に同時に寄与するユニークな電力供給サービスだ。(2017/3/29)

水曜インタビュー劇場(変わらない公演):
売り場を減らしたのに、なぜ崎陽軒のシウマイはバカ売れしているのか
東京や新横浜で新幹線に乗ると、車内でビールを飲みながら「シウマイ」を食べているサラリーマンをよく目にする。崎陽軒の「シウマイ弁当」だ。駅弁市場は縮小しているのに、なぜシウマイ弁当は売れているのか。その理由を、同社の担当者に聞いたところ……。(2017/3/29)

空き家の駐車場を「タイムズ」に転用 維持コスト軽減へ 京急とパーク24
まず横浜市でスタートし、対象範囲を順次拡大するという。(2017/3/23)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座(番外編):
カメラの祭典「cp+2017」で見つけたiPhone用撮影グッズ
毎年2月、横浜で開かれるカメラと周辺機器のイベント「cp+」。2017年もパシフィコ横浜で開催されたわけですが、iPhone向け撮影グッズが多数あったので、紹介してみようと思う次第です。(2017/3/11)

自然エネルギー:
駅の食品廃棄物から3000世帯分の電力、JR東日本がバイオガス発電へ
JR東日本グループは駅ビルなどで発生する食品廃棄物を利用してバイオガス発電事業に乗り出す。横浜市の臨海工業地帯にJFEグループと共同でバイオガス発電施設を建設して、2018年8月に運転を開始する予定だ。1日80トンの食品廃棄物からバイオガスを発生させて3000世帯分の電力を作る。(2017/3/9)

工場ニュース:
ロボットやICTなどの実験機能を集約する新実験棟を建設
IHIは、技術開発拠点である横浜事業所内に新たに実験棟を建設することを発表した。ICT・ロボティクス技術などの実験機能を集約することで、必要な機器や薬品などを一元管理し、効率かつ迅速な技術開発を進めていく。(2017/3/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「通勤ライナー」の価格はもったいない
西武鉄道、東京メトロ、東急電鉄、横浜高速鉄道が直通の有料座席指定列車を走らせる。新型車両まで用意した。そこて再び鉄道会社の「通勤ライナー」という施策が注目されている。良いアイデアだけど、惜しい。もう一工夫ほしい。(2017/2/24)

スマートファクトリー:
プラントでも加速するIoT、ハネウェルが「つながる工場」訴求
ハネウェルジャパンは横浜市内でパートナーイベント「2017 ジャパンテクノロジーサミット」を開催し、プロセスオートメーションにおける「つながる工場」化を訴えた。(2017/2/23)

Amazonで試乗車を“注文” 日産「ノート e-Power」が自宅に届く
Amazonのプライム会員向けに、日産の「ノート e-POWER」の試乗体験を“注文”できるサービスが期間限定で登場。対象エリアは神奈川県横浜市と川崎市の一部。(2017/2/17)

エネルギー管理:
廃棄物発電の運転をAIが助ける、JFEが遠隔監視センターに導入
JFEエンジニアリングは横浜市の遠隔監視センターに最新のAI(人工知能)技術を導入して、廃棄物発電施設の運転状況を最適化する。ベテランの運転員のノウハウをデータに変換して蓄積しながら、発電施設のセンサーが収集した温度やガスの成分をもとに異常を素早く検知して対策を伝える。(2017/2/8)

省エネビル:
横浜に低炭素マンション、エネファームを全66戸に採用
明和地所は横浜市に建設する分譲マンション「クリオ横濱綱島」の全66戸に、東京ガスが販売する家庭用燃料電池エネファームを採用する。これにより神奈川県で初めて低炭素建築物認定を取得した。(2017/1/26)

キュレーションサイト「MERY」3月再開のウワサ DeNA「一切決まっていない」と否定
横浜スタジアムを「MERYスタジアム横浜」にするとのウワサには「まったく根も葉もない情報」とコメント。(2017/1/25)

「いじめを認めると校長の退職金は5000万から2000万に減額?」 ウワサの真相を元教師と都育庁に聞いた
横浜市のいじめ問題をきっかけに「なぜいじめを認定できないのか」と物議をかもしています。(2017/1/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。