ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「横浜」最新記事一覧

カクヨムWeb小説コンテストの大賞が発表 横浜駅が自己増殖する「横浜駅SF」の書籍化が決定
あらすじの段階で印象的すぎた“あのSF小説”です。(2016/6/24)

横浜駅が自己増殖し、日本列島を侵食した近未来――ネタツイートに始まる「横浜駅SF」書籍化
改築が続き、自己増殖するようになった横浜駅が日本列島を侵食――そんな近未来を描き、Web上で話題を集めた「横浜駅SF」の書籍化が決まった。(2016/6/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
だからいまも「現役」! 49歳のカズが教えてくれた人生のヒント
サッカーJ2横浜FCのFW三浦知良が、自身の持つJ2最年長ゴール記録を49歳3カ月24日に更新した。「スゴすぎる」という言葉しか浮かんでこないが、私たちの知らない世界でカズはどのような努力をしているのだろうか。彼の姿から何か学べることがあるのかもしれない。(2016/6/23)

IoT機器がスマホを上回る時代に備えて:
標準化進むセルラーIoT、モジュールは低価格に
IoT(モノのインターネット)機器をモバイルネットワークに接続する「セルラーIoT」の標準化が進んでいる。エリクソン・ジャパンは2016年6月16日に横浜市で記者説明会を開催し、セルラーIoTの技術解説やデモを行った。(2016/6/22)

西武や東急、17年春に座席指定列車導入 埼玉〜横浜を結ぶ直通運転
西武と東京メトロ、東急、横浜高速鉄道が2017年春に有料の座席指定列車を導入。埼玉と横浜を結ぶ直通運転を行う。(2016/6/16)

ポケモンと横浜市が協力協定を締結 「ピカチュウ大量発生」は今年も開催するってよ!
横浜が黄色くなる。(2016/6/11)

「好きな人とは正直に向き合いたい」 映画「オオカミ少女と黒王子」日比谷健役・横浜流星の恋愛観
胸キュンしました。(2016/6/9)

許斐剛先生、熊本地震のチャリティーイベントを発表 ゲストは3Dの手塚や跡部?
6月26日、横浜「DMM VR THEATER」で開催。(2016/6/1)

パンダっぽいけどイルカだよ!  「イロワケイルカ」が横浜・八景島シーパラダイスにやって来る
オセロにも見える。(2016/5/31)

グルテンNGな人もラーメン食べよ! 小麦粉を含まない「グルテンフリーラーメン」、新横浜ラーメン博物館が提供スタート
食のグローバル化に対応。(2016/5/30)

セキュリティ監視サービスを強化:
脅威の監視、インシデント対応サービスなどを提供──デロイト トーマツ リスクサービスが新たな監視拠点を開設
デロイト トーマツ リスクサービスが、横浜・みなとみらい地区に「サイバー インテリジェンス サービス」の拠点となる「サイバー インテリジェンス センター」を開設した。セキュリティ監視サービスを強化する。(2016/5/25)

デロイト トーマツ、横浜にセキュリティ拠点を開設 戦略から運用まで対応
20カ国以上にセキュリティサービス拠点を展開する計画で、監査法人グループの特徴という地域密着と世界の拠点を連携させたサービスを提供する。(2016/5/24)

品川駅前「T・ジョイ PRINCE 品川」、桜木町「横浜ブルク13」にIMAX導入
品川駅前「T・ジョイ PRINCE 品川」、桜木町「横浜ブルク13」にIMAXデジタルシアターが導入される。(2016/5/19)

太陽光:
貼るだけで窓が年間1400kWh発電、横浜のビール工場で導入
AGC旭硝子の“後付け”省エネ窓に太陽光発電機能を持たせた「アトッチ(太陽光発電仕様)」が、キリン横浜ビアビレッジに初めて採用された。同工場の試飲室の窓、75平方メートルに導入し、年間で1400kWhの発電を行うという。(2016/5/9)

東芝 H2One:
“港のスマート化”に向けて導入した自立型水素エネルギー供給システムが稼働
東芝が横浜市港湾局の「横浜港流通センター」に導入した自立型水素エネルギー供給システム「H2One」が運転を開始した。(2016/5/2)

船で行く、横浜から羽田・都心部へ 国交省の社会実験、参加者募集
国交省は、横浜と都心を一気に結ぶ船運実験への参加者募集を始めた。(2016/4/27)

蓄電・発電機器:
非常時に太陽光と水素で3日分の電力、横浜の港で東芝「H2One」が稼働
東芝が展開している自立型水素エネルギー供給システム「H2One」が、横浜市の大黒埠頭にある「横浜港流通センター」で運転を開始した。自治体向けでは初の稼働事例となる。災害などでライフラインが断絶された場合でも、再生可能エネルギーから製造した水素と燃料電池で、最大72時間の電力供給が行える。(2016/4/25)

羽田と秋葉原、横浜を結ぶ東京横断運河クルーズ、国交省が乗船者募集
秋葉原〜羽田空港〜横浜の船便運航を試験的に行う社会実験を、国交省が5〜6月に実施する。(2016/4/22)

宇都宮餃子祭りが4月22日〜24日に横浜で開催! 赤レンガ倉庫を見ながら焼きたて餃子を味わうシアワセ
会場内の通貨単位はG(たぶんゴールドではない)。(2016/4/7)

スマートシティ:
横浜に新たなスマートシティが2018年に誕生、街全体で電力を融通
横浜市で先進的なスマートシティの開発が進んでいる。港北区綱島地区にあるパナソニックの事業所跡地を活用し、Tsunashima サスティナブル・スマートタウン」としてパナソニック、横浜市、野村不動産、東京ガス、米Apple社など10団体が参画して開発を進める。マンション、商業施設の他、米Apple社の研究開発施設も建設する。再生可能エネルギーや水素などの利用率を30%まで高める他、IT技術を活用したサービスも提供していく計画だ。(2016/3/29)

にゃんこを描いた浮世絵が横浜に大集結! そごう横浜店で「あそぶ浮世絵 ねこづくし」展が開催ですにゃ〜
公式サイトにお得な優待券がありますにゃ〜。(2016/3/23)

人気絵師に学ぶ「コピック塗り絵 5つのコツ」イベントレポ
デジタル絵も良いが、アナログ絵にはアナログなりの良さがある。今回は東急ハンズ横浜店で行われていたコピックぬり絵講座に潜入してみた。(2016/3/23)

メスなのにツヨシと命名されたホッキョクグマ 釧路から横浜にお嫁入りして3月19日より公開
会いに来てねー。(2016/3/18)

燃料電池車:
CO2排出ゼロの物流拠点、風力発電と燃料電池フォークリフトで実現
岩谷産業と東芝、トヨタ自動車は、CO2排出量の少ない水素のサプライチェーンを京浜臨海部で構築する実証実験を行う。横浜市の風力発電の電力で製造した水素を、横浜市や川崎市に立地する企業の物流拠点で稼働する燃料電池フォークリフトに供給する。2017年度から本格的に実証運用を始める。(2016/3/15)

自己増殖する横浜駅が日本列島を制圧…… カクヨム小説「横浜駅SF」があらすじだけで読者の腹筋を粉砕
中身は本格的で、出オチでないところがすごい。(2016/3/9)

あの「海馬ランド」が横浜に出現 「青眼の白龍」のゴンドラで下界を見下ろしたくなる「遊☆戯☆王」コラボ企画
遊戯への復讐のために海馬が生み出したあのアミューズメントパークが、よこはまコスモワールドに降臨!(2016/3/2)

別物じゃんか〜!「牛鍋」と「すき焼き」の違いは“歴史”にアリ
かつて横浜で発祥し、東京で流行した「牛鍋」。「すき焼き」とはどう違うのでしょうか?(2016/2/14)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「日本人より日本人らしい」DeNAラミレス新監督の“人間力”
横浜DeNAベイスターズの新指揮官にアレックス・ラミレス氏が就任した。監督の力量は未知数だが、筆者の臼北氏は「うまくフィットすればチームを大きく変えることができる」という。その理由は……。(2016/2/10)

アイエエエ! 「忍者カプセルホテル」が横浜市に登場、外国人がイメージする“間違った忍者感”が全開
観光客的にはこれが正解。(2016/2/9)

池田球団社長が語る:
早期黒字化も視野に 横浜DeNAベイスターズ、スタジアム買収でどうなる?
今年1月末、悲願だった横浜スタジアムの運営権を手に入れた横浜DeNAベイスターズ。具体化してから急ピッチで進められたTOB成立までの経緯、これからのビジョンなどを池田社長が語った。(2016/2/5)

精巧なミニチュア再現も 「ウルトラマン」全39話をとことんたどる企画展
横浜・放送ギャラリーで2月19日から。(2016/1/28)

横浜スタジアムを改修、キーワードは「カラー」
横浜DeNAベイスターズと横浜スタジアムは「2016年横浜スタジアム改修プロジェクト」を発表した。改修のポイントはスタジアムの「カラー」。(2016/1/27)

注文から1時間以内に配送 Amazon「Prime now」が大阪、兵庫、横浜に拡大
注文から1時間以内に商品を届けるAmazonプライム会員向けサービス「Prime now」の対象エリアが大阪、兵庫、横浜に拡大した。(2016/1/26)

神戸でも初雪 西日本を中心に今期一番の寒さに
東京や横浜での初雪に続き、今日は神戸でも初雪を観測。冷え込みは来週にかけて続きそうです。(2016/1/13)

横浜をイメージしたフォント「濱明朝」が登場 クラウドファンディングで出資募集中
2017年6月の販売に向けて開発進行中。(2016/1/13)

横浜をイメージしたフォント「濱明朝」、クラウドファンディングで資金募る 文字を使ったオリジナルグッズも
横浜をイメージしたフォント「濱明朝」が開発資金をクラウドファンディングで募っている。(2016/1/12)

「闇狩人」舞台化 高杉真宙と横浜流星が悪を倒す
3都市での公演を予定。(2016/1/6)

うますぎだろ! 中澤選手で大喜利をした横浜F・マリノスの拠点移転ポスター10種がどれも秀逸
「みんなは週休2日、オレは蹴球7日」。(2015/12/21)

横浜線で柱倒れ南武線でポイント不具合――朝に首都圏JR線でトラブル続出 Twitterで駅混雑が話題に
休校を決定した高校も。(2015/12/3)

自然エネルギー:
ミドリムシで空を飛ぶ「国産バイオ燃料計画」、製造プラント建設で2020年に実現へ
微細藻類などが生成する油脂を改質して製造するバイオ燃料の実用化に注目が集まっている。バイオベンチャーのユーグレナは、横浜市臨海部にバイオ燃料の製造実証プラントを建設すると発表した。2020年までに実用化する計画だ。(2015/12/2)

ぴあで個人情報を含むノートPCが盗難に、社内規定が守られず
横浜 F・マリノスのチケット購入者の個人情報を含むノートPCが盗まれた。社内規定で個人情報の社外持ち出しが禁止されていたものの、担当者の不注意で削除されていなかった。(2015/11/30)

DeNA、横浜スタジアム運営会社を買収へ 球団と一体経営で「より市民に愛される球場を」
横浜DeNAベイスターズが、横浜スタジアム運営会社の子会社化を目指すTOBの実施を発表。(2015/11/20)

呂布が待ち構える車内に駆け込むのは命取りだと納得の「三國志」啓発ポスター公開
12月10日より順次、横浜の市営交通や港北警察署管内で掲示。(2015/11/18)

スピン経済の歩き方:
なぜ建設業界は責任とリスクを“下”に押しつけるのか
「杭打ち不正」が広がっている。横浜のマンションをきっかけに全国に広がりつつあるが、なぜ建設現場では責任が“下”に押しつけられるのか。その理由は……。(2015/11/17)

蓄電・発電機器:
走る水素ステーションが神奈川へ、遅れる普及に現実解としての「移動式」
神奈川県川崎市、相模原市、横浜市の3つの市で、移動式水素ステーションによる水素提供が始まる。JX日鉱日石エネルギーが提供する水素供給設備を搭載した大型トラックを利用するのが特徴だ。コスト課題が影響し普及の遅れが指摘される水素ステーションだが、定置式より設置費用が抑えられる移動式ステーションの採用は増えていきそうだ。(2015/11/17)

レノボ・ジャパン10周年、異業種との「共創」掲げる 横浜・米沢の“JAPAN TEAM”でThinkPad強化
10周年を迎えたレノボ・ジャパンが異分野やスタートアップとの「共創」を掲げる中長期戦略を発表。ThinkPadシリーズは、横浜と米沢を拠点に“日本発”の競争力を高めていく。(2015/11/11)

CADニュース:
造船大手の設計部門向けに仮想デスクトップ環境を構築
ネットワンシステムズは、造船大手のジャパン マリンユナイテッド 横浜事業所の設計部門向けに、3次元CAD設計業務用の仮想デスクトップ環境を構築したことを発表した。(2015/11/10)

蓄電・発電機器:
水素の活用で“スマートな港”を実現、大黒埠頭に東芝「H2One」を導入
港湾区域のエネルギー利用の効率化や災害時の事業継続計画対策を進めている横浜市は、大黒埠頭の「横浜港流通センター」に東芝の自立型水素燃料電池「H2One」を導入。電力デマンド抑制効果や電気料金削減効果などの検証に向けた実証試験を開始する。(2015/11/5)

横浜限定メニュー満載 めちゃかわいいポムポムプリンカフェ3号店が10月28日横浜にオープン
スイーツを食べ尽くしたい。(2015/10/22)

スピン経済の歩き方:
なぜ三井不動産は、マンションの「ズレ」を放置したのか
三井不動産レジデンシャルが販売した横浜市都筑区のマンション。連日報道されている通り、「傾いている」ことが判明し、大きく注目されている。住民から「ずれている!」と指摘されていたのにもかかわらず、なぜ同社は10カ月以上も放置していたのか。それは……。(2015/10/20)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。