ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「横浜」最新記事一覧

シウマイと崎陽軒について特集したピンポイントなムック本「崎陽軒Walker」が3月30日に発売 創業110周年を記念して
「崎陽軒の全商品食べくらべ」や「横浜工場を徹底解説」などのコーナーも。(2018/3/31)

電気自動車:
燃料電池車のレンタカー、横浜のスマートシティで開始
ホンダは、同社レンタカーサービス「EveryGo」のステーションを「Tsunashimaサスティナブル・スマートタウン」に設置し、燃料電池車「CLARITY FUEL CELL」を2018年秋に導入する。(2018/3/29)

スマートシティ:
横浜にスマートシティがオープン、街と地域が一体でSDGsを目指す
パナソニックなどが建設を進めていたスマートシティプロジェクト「Tsunashima サスティナブル・スマートタウン」がまちびらきを迎えた。環境に優しいスマートシティを中心に、周辺地域や企業・大学・自治体が一体となってイノベーション共創に取り組む。(2018/3/28)

4年ぶり! プラレール「E233系横浜線」が新シャシーで刷新
2段階スピード調整機能付きに。2018年3月22日発売。(2018/3/22)

3月20日に横浜オープン:
スシロー、回らない新業態「スシローコノミ」 初のフードコートモデル
スシローがフードコート向けの新業態「スシローコノミ」を横浜市にオープンする。フードコートでも好きなすしを選べることを売りにする。(2018/3/19)

大雨で日産スタジアムや新横浜公園が浸水、Twitterに写真続々と 実は洪水を防ぐための“裏の顔”
鶴見川から水があふれ出て、日産スタジアムの柱がつかっているけど、大丈夫なの?(2018/3/9)

闘魂を燃やせ 横浜の会社が世界初の「プロレス採用」を実施、プロレス好きなら誰でもOK
迷わず応募せよ。応募すれば分かるさ。(2018/3/7)

「住みたい街ランキング」2018年版 1位は横浜に 吉祥寺は3位
住みたい自治体ランキングでは東京都港区がトップでした。(2018/3/1)

電動システム:
日産e-POWERの2車種目は「セレナ」に、「ノート」のシステムとの違いは
日産自動車は2018年2月28日、横浜市内で会見を開き、シリーズハイブリッドシステム「e-POWER」をミニバン「セレナ」に搭載すると発表した。同年3月1日から発売する。e-POWERの搭載はコンパクトカー「ノート」に続き2車種目となる。今後もe-POWER搭載車種を拡大していく。(2018/3/1)

恒例のランキングに変化が:
「住みたい街ランキング」、吉祥寺が3位に転落 1位は……
恒例の「住みたい街ランキング」が発表。昨年1位の吉祥寺が3位に転落し、横浜が初の1位となる激動の結果に。(2018/2/28)

京浜急行バス、空港バスや夜間バスに無料Wi-Fi 3月から
京浜急行バスが3月1日から空港バスや高速バスで無料Wi-Fiサービスを順次提供する。対象は羽田空港や成田空港、横浜駅などを起点とする空港バスや中距離バス、品川・横浜からの夜間高速バスなど251台。(2018/2/26)

2020年代早期に実用化へ:
日産とDeNA、「Easy Ride」テスト開始 自動運転車が横浜走る
日産自動車とDeNAが、自動運転車にモニターを乗せて一般道を走行する実証実験を横浜で行うと。共同開発中の交通サービス「Easy Ride」の現状確認・評価が目的。2020年代早期の実用化を目指すとしている。(2018/2/23)

メカ設計と試作:
目が不自由でも、機能が分かって使いやすいスイッチとは
三菱電機は、盲学校の横浜訓盲学院と共同で家庭用エアコンのリモコンを試作した。(2018/2/20)

自然エネルギー:
青森県で32MWの風力発電が稼働、1.5万世帯分の発電量で地域貢献も
日立キャピタルのグループ会社であるよこはま風力発電は、青森県横浜町に32.2MWの「横浜町雲雀平(ひばりたいら)風力発電所」を建設し、商用運転を開始した。年間発電量は、一般家庭の約1万5000世帯分に相当する6万8000MWhとなる予想だ。(2018/2/9)

「おいw、ロードスターが焼き芋売ってたぞ」 夜の横浜であったかブーム、オープンカー焼き芋屋さんが出没中
うわーーー超カッコいい。しかもおいしそう。(2018/2/1)

社長がついに公の場に:
はれのひ、破産 負債総額最大11億円 社長が謝罪「一生の思い出台無しに」
振り袖販売・レンタル会社「はれのひ」が1月26日、横浜地裁から破産申請を受けた。負債総額は最大約10億円。債権者は約1600人。(2018/1/26)

IoTとO2Oアプリでショッピングセンターの来店状況を分析――KDDIら、横浜JOINUSで実証実験
KDDIは、ZOYI、ARISE analytics、ipocaとともに2018年2月から、横浜駅と接続するショッピングセンター「JOINUS」で、来店状況などを分析する実証実験を行う。IoTセンサーで得る顧客動線や来店数、O2Oアプリで得る顧客属性などを活用する。(2018/1/25)

チョコ好きには天国かも 「横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム」がオープン
チョコレートを作っている過程を見たり、チョコレートの文化や歴史を学んだりできます。(2018/1/25)

キリン横浜工場 CO2半減へ、グループを先導 天然ガスで熱電併給
地球環境保全は企業にとって共通の課題だ。とくに気候変動が原料となる生物資源や水資源に悪影響を与えかねないため、大量のエネルギーを使う飲料メーカーにとって、温室効果ガスの削減は避けて通れない。(2018/1/22)

電力供給サービス:
「農業×太陽光」を応援できる電力プラン、0円で住宅太陽光発電の設置も
横浜環境デザインは農業と太陽光発電を両立する「ソーラーシェアリング」を応援できる電気料金プラン「ヨコハマのでんき」を展開。太陽光発電の第三者所有モデル事業も開始する。(2018/1/15)

横浜で待つニャ 「ねこ休み展 in 横浜みなとみらい」12月15日から開催
戌年だけど猫まみれ。(2017/12/7)

自動運転技術:
日産とDeNAの配車サービスが一般向け実証実験、無人運転車投入は次のフェーズで
日産自動車とディー・エヌ・エー(DeNA)は、横浜市みなとみらい地区において共同開発した交通サービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験を行う。(2017/12/7)

“無人運転”目指す「Easy Ride」、日産とDeNAが来年3月に実証実験 横浜で
日産とDeNAが、自動運転車に一般モニターが乗車できる実証実験を2018年3月に始める。将来は無人運転サービス「Easy Ride」として、20年代早期の提供開始を目指す。(2017/12/5)

成長型組み込みAI基盤:
生産ラインや車載に「成長し続ける」組み込みAI基盤、富士通が展開
富士通は、「Embedded Technology 2017」「IoT Technology 2017」(2017年11月15〜17日/横浜市・パシフィコ横浜)で、「成長し続ける組み込みAI基盤」を紹介した。工場のラインや車載など、学習の効果は得たいが、制御はエッジ側で行わなければならない環境に向けて提案する。(2017/11/28)

スターバックス481店舗が12月11日にライトダウン(消灯) 「京都議定書」採択から20年
埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市の九都県市内の一部店舗が対象。(2017/11/23)

ET2017:
成長し続ける組み込みAI基盤、富士通がパッケージで展開
富士通は、「Embedded Technology 2017」「IoT Technology 2017」(2017年11月15〜17日/横浜市・パシフィコ横浜)で、「成長し続ける組み込みAI基盤」を紹介した。(2017/11/16)

ET2017:
データ取得頻度を下げた低コストなIoTソリューション、東芝が提案
東芝プラットフォームソリューションは、「Embedded Technology 2017」「IoT Technology 2017」(2017年11月15〜17日/横浜市・パシフィコ横浜)で、簡単で短期間実装が可能で、低コストであるIoTソリューション「ToIS」をアピールした。(2017/11/15)

横浜市住宅供給、新築マンションをスマートハウス化 Amazon Echoなどを全戸に導入
横浜市住宅供給が、IoT、AIを駆使した新築分譲マンション「横浜MIDベースタワーレジデンス」を発表。エネルギーIoTプラットフォーム「エネトーク」や「Amazon Echo」を全戸に導入し、音声で家電の操作などが行える。(2017/11/13)

平均観客動員数は過去最高を更新:
19年ぶり日本シリーズ進出ベイスターズ DeNAへの貢献は?
19年ぶりに日本シリーズに進出した横浜DeNAベイスターズ。球団の好調はDeNAにどのような影響があったのだろうか。(2017/11/9)

ぴあ、横浜の「1万人規模アリーナ」12月着工 2020年の“会場不足”解決へ
ぴあが2020年春に横浜市で開業予定の「1万人規模のアリーナ」が12月に着工される。(2017/11/9)

台風22号の影響で「横浜マラソン」中止 「調布市花火」などイベント中止相次ぐ
先日の台風21号も影響。(2017/10/28)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
DeNAラミレス監督の采配力と人心掌握術に感動
横浜DeNAベイスターズが広島東洋カープを下し、19年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。ベイスターズのアレックス・ラミレス監督の采配は恐ろしいほどにさえ渡り、短期決戦の戦い方は「こうあるべき」という手本を示したわけだが、その裏でどのようなことが行われてきたのか。ラミレス監督の采配力と人心掌握術に迫った。(2017/10/26)

横浜税関ビルに自分の巨大化した顔が映るとんでもない顔ハメ看板 スマートイルミネーション横浜2017で爆誕
上海にも同じ顔ハメ看板が設置され、現地人の顔をリアルタイムでビルへ映し出します。(2017/10/23)

データマーケティングの請負人が語る:
横浜DeNAベイスターズが5年間で来場者数を76%増やすためにやったこと
ホームゲームの観客動員数が急伸する横浜DeNAベイスターズ。長年の人気低迷期を乗り越えてここに至るまでのマーケティング戦略について担当者が語った。(2017/10/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“泥試合”を強行した日本のプロ野球は、やっぱりおかしい
10月15日、甲子園球場がある兵庫県西宮市は雨。グラウンドに水たまりがたくさんあるなかで、阪神対横浜のクライマックスシリーズは行われた。レギュラーシーズンであれば「中止」レベルであるにもかかわらず、なぜ試合は行われたのか。その裏には……。(2017/10/19)

横浜・八景島シーパラダイス「深海生物大量死」問題で見解発表 関連機関の告発で話題に
ノウハウの不十分さや飼育経験の不足が原因であったとも。(2017/9/13)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
小田急の特急ロマンスカーが残した足跡
小田急ロマンスカーの60周年を記念して、横浜駅から徒歩数分の原鉄道模型博物館で特別展「小田急ロマンスカー物語」が始まった。流線型に展望車、子どもたちの憧れだったロマンスカー。その功績は小田急電鉄の業績向上にとどまらず、世界の高速鉄道誕生のきっかけをもたらした。(2017/9/8)

迎車地点や目的地の指定も可能:
タクシーの配車や決済をアプリで DeNAが横浜で実験
DeNAが、タクシー配車アプリ「タクベル」を活用したサービスの実証実験を横浜市で実施する。乗客の利便性向上とドライバーの業務効率化が狙い。2018年1月以降の実用化を予定している。(2017/9/4)

タクシー業界はこの先生きのこるか? “AI”使うDeNAの配車アプリ「タクベル」の狙い
ディー・エヌ・エーが、AIを活用したタクシー配車アプリの実証実験を9月12日からスタート。まずは横浜市のタクシー約200台が対象となる。(2017/9/4)

シャープが横浜ベイスターズ専用ウェアラブル端末を9月上旬発売 腕の動きを感知して試合の盛り上がりを共有
野球観戦が楽しくなりそう。(2017/8/30)

ポケモンGO、横浜みなとみらいのイベントで200万人以上が1億2000万匹以上ゲット
バリヤード、色違いピカチュウ、そしてミュウツー登場。横浜みなとみらいのイベントでは、多数のトレーナーが大量のポケモンをゲットした。(2017/8/16)

ポケモンGOにミュウツー初めて出現 横浜イベントの限定ポケモンとして
8月14日に横浜スタジアムで開催中「Pokemon GO STADIUM」にて、限定レイドバトルのポケモンとして登場しました。(2017/8/14)

横浜スタジアムに「ミュウツー」降臨! Pokemon GO STADIUM現地レポート
横浜スタジアムで行われている「Pokemon GO」の抽選参加形式のイベント「Pokemon GO STADIUM」の様子を現地からレポートする。(2017/8/14)

夜のYOKOHAMAで謎のアンノーンを追う! Pokemon GO PARK現地レポート番外編
横浜みなとみらいエリアで始まった「Pokemon GO PARK」。バリヤードやアンノーンといった普段とは違うポケモンが出現しているとあって、多くの人で賑わっている。そして夜も……。(2017/8/12)

自然エネルギー:
農業の新しいビジネスモデルに、ソーラーシェアリングのススメ
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」。農業と太陽光発電を両立させるソーラーシェアリングを行うためには、どのような点に気をつければ良いのだろうか。複数の施工実績を持つ横浜環境デザインが解説する。(2017/8/7)

バリヤード、みなとみらいに見参! 「Pokemon GO PARK」の詳細が明らかに
8月9日〜15日に横浜・みなとみらい地区で開催される「Pokemon GO PARK」の詳細が明らかとなった。期間中、ヨーロッパ限定の「バリヤード」を始めとするレアポケモンが会場内に出現する。(2017/8/4)

材料技術:
ガラス繊維強化樹脂の板ばねが年産35万個、「繊維強化複合材は大量生産できる」
ヘンケルジャパンは、自動車向けに繊維強化複合材と接着剤の技術サポートを行う拠点「コンポジットラボ」を横浜市磯子区に開設した。バッテリーの重量を相殺するために特に軽量化が求められる電気自動車を中心に繊維強化複合材の需要が拡大し、用途は車体骨格から足回りまで広がると見込む。(2017/7/21)

ぴあ、「1万人規模の音楽アリーナ」横浜に建設 2020年開業へ
1万人規模の音楽コンサートアリーナを、ぴあがみなとみらいに建設へ。2020年春の開業を目指す。(2017/7/20)

民間単独で:
ぴあ、1万人規模の大型音楽アリーナ建設へ 20年春開業
ぴあは収容客数が1万人規模の大型音楽アリーナを横浜市のみなとみらい地区に建設する。(2017/7/20)

横浜港でヒアリ繁殖の可能性? 幼虫やサナギなど含め700個体以上を発見
女王アリは発見されていない。(2017/7/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。