ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「吉田和正」最新記事一覧

McAfee FOCUS JAPAN 2013 Report:
脅威に先手を、「モノのインターネット時代」に向けたセキュリティ始まる
あらゆるモノがインターネットに接続させる時代が近づきつつある。セキュリティ専業のMcAfeeは、Intelとの共同戦線でこれからの社会に予想される脅威に立ち向かうと宣言した。(2013/10/31)

Intel Japan 2.0:
インテル新社長が会見――江田体制でアジア地域の成長に注力
10月10日付けで交代したインテル代表の新旧社長、吉田氏と江田氏が記者会見を行い、新体制での方針を語った。(2013/10/28)

ビジネスニュース:
インテル新社長の江田氏が会見、「アジア市場への架け橋になる」
インテルの新社長に就任した江田麻季子氏は、「成長著しいアジア市場への架け橋になれるよう日本の顧客に貢献していきたい」と述べ、アジア進出を支援できるよう、日本法人の事業体制をさらに強化する方針を明らかにした。(2013/10/28)

インテル新旧社長が会見、吉田氏から江田氏にバトンタッチ
10月10日付で社長を退任した吉田和正氏と、同日付で社長に就任した江田麻季子氏が会見に臨み、新体制への移行理由や今後の方針について説明した。(2013/10/28)

企業動向:
インテル、吉田和正氏が代表取締役社長を退任。後任は江田麻季子氏
米Intelの日本法人であるインテルは、吉田和正氏が社長職を辞し、新たに、Intel セミコンダクター(アジア・パシフィック地域統括)でマーケティング&コンシューマー・セールス担当ディレクターを務めていた江田麻季子氏が代表取締役社長に就任したことを発表した。(2013/10/10)

インテルの吉田和正社長が退任、後任は江田麻季子氏
インテル日本法人の代表取締役社長に江田麻季子氏が就任。吉田和正氏は年内に退社する。(2013/10/10)

ビジネスニュース 企業動向:
インテルがBay Trail搭載タブレット端末を日本で披露、モバイルに注力
インテルは、同社のモバイル製品戦略と今後の展開などについて記者説明会を開催した。会場では、モバイル製品向けSoC「Bay Trail」(開発コード名)をベースとしたタブレット端末やその応用事例などを紹介した。(2013/9/27)

東京・丸の内に体験型アトラクション:
“2-in-1”Ultrabookでインテルを体験してほしい――「Experience Intel. Look Inside」
インテルCPU搭載デバイスの体験ツアー「Experience Intel. Look Inside」が6月21日から23日まで東京・丸の内の「KITTE」で行われる。(2013/6/20)

Intel Technology Day in AKIBA 2013:
「Core i7が世界一売れる街」で新CPUを語る――インテルの“Haswell”紹介イベント
インテルは、Haswellこと「第4世代Coreプロセッサー」を一般ユーザーに紹介するイベント「Intel Technology Day in AKIBA 2013」を東京・秋葉原にて開催。新旧CPUの比較デモやマザーボード、PCの展示を行った。(2013/6/2)

販売解禁:
第4世代Core発売、深夜のアキバに300人超が集結
6月2日午前0時。“Haswell”ことインテルの最新CPU「第4世代Coreプロセッサー」が秋葉原で発売された。(2013/6/2)

ユーザーに訴えるのは機能から体験へ:
インテル、新世代Atomと新しいUltrabookプロモーションを紹介
インテルは、3月18日にスマートフォン向けCPUに関する概要とUltrabookの新しいプロモーションを日本の関係者に説明した。(2013/3/18)

HaswellでUltrabookはファンレスに:
有言実行だった2012年のインテルと、熱いパッションで挑戦する2013年のインテル
インテルが、2012年の実績を振り返り2013年の目標を掲げる説明会において、Haswellの登場で大きく飛躍するPCやUltrabookへの期待を示した。(2013/1/18)

三十独身男の孤独な夜も盛り上げる:
進化したUltrabookは右脳でも左脳でも使える
Ivy Bridgeを搭載してWindows 8を導入してコンバーチブルモデルも登場して、Ultrabookは2012年で大きく進化した。そのことをインテルは“体を張って”示してくれた。(2012/11/20)

「彼は決断も速かったです」(吉田氏):
「前進する力が次世代のIntelを作った」──オッテリーニ氏、Intel CEOを退任へ
IntelのCEOを8年間勤めたポール・オッテリーニ氏が、2013年5月に退任する意向を明らかにした。後継者は、Intel社内だけでなく外部の人材も検討するという。(2012/11/20)

McAfee FOCUS JAPAN 2012 Report:
高度化・巧妙化するセキュリティリスクに次なる一手を――McAfee首脳陣
マカフィーがユーザーカンファレンスの「McAfee FOCUS JAPAN 2012」を開催。サイバーセキュリティ分野における最新の取り組みを披露した。(2012/11/14)

Ultrabook購入希望が2割から9割に:
“変形”Ultrabookに札幌ユーザーが驚く──インテルUltrabook体験イベント
インテルが日本各地でUltrabookの体験イベントを行っている。札幌では老若男女の来場者が訪れ、コンバーチブルなUltrabookに驚き、Windows 8に未来を感じた。(2012/11/5)

女子大生に「Facebook」疲れなし? 女子アプリコンテスト受賞者に聞いた今時ネット事情
ギークではない普通の女子がスマホアプリを作るコンテストで入賞した、「一般女子の感覚」を持った女子大生2人組にイマドキのネットやアプリ事情について聞いてみた。(2012/9/4)

価値を与えるのはソフトウェアなのです:
UltrabookとWindows 8はPCを再発明する──「Intel Software Innovation Forum」基調講演
“CPUとチップセット”のイメージが強いインテル。しかし、Ultrabook普及のために彼らが必要としているのは、「ソフトウェア開発者」の理解と協力だった。(2012/7/31)

あれもこれも、インテルの技術のおかげです:
Ultrabookを使うと“いいこと”がある
インテルは、6月26日にUltrabookを利用場面から訴求する説明会を行い、日帰り旅行にUltrabookを持ち歩くことでユーザーが得られるメリットを紹介した。(2012/6/26)

ビジネスニュース 企業動向:
「PC/モバイルの音の進化に期待」、Intelが温故知新のスピーカー新技術に投資
Trigence Semiconductorは、Intelの戦略投資部門であるIntel Capitalから投資を受けたと発表。海外への事業展開を強化するとともに、Dnote処理用LSIの継続的な設計・開発や人材の拡充といった事業基盤の強化を進める。(2012/5/29)

100人の“ウル虎”が踊る:
「VAIO T(?)」「LaVie Z」など未発表Ultrabookも公開──インテル、六本木でUltrabookイベント
インテルがUltrabookの認知イベントを実施。未発表モデルを含むPC各メーカーの最新Ultrabookがずらりと並び、おなじみの音楽とともに100人(匹?、体?)もの踊る“アレ”も登場した。(2012/5/11)

吉田社長も自分の足で楽しみました:
“Ivy Bridge”搭載PCに純正マザーが集結!──「Intel Technology Day in Akiba 2012」
深夜販売の興奮が残る秋葉原で、インテルが大規模イベントを行った。昼間の主役はインテル純正マザーにショップブランドPC、そして……、そう! 吉田社長だ! (2012/4/29)

これがTick“+”だ!:
PR:「22ナノ」と「3Dトライゲート」が僕たちを幸せにする理由
インテルがアピールし続けてきた第3世代インテル Coreプロセッサー・ファミリーがついに登場。「ただのTickじゃない! Tick+だ!」とインテルが訴える3Dトライゲートがユーザーにもたらすメリットを分かりやすく紹介する。(2012/4/27)

第3世代のメリットを自ら体験:
吉田社長、「Ivy Bridge」で自作する
“Ivy Bridge”こと第3世代Coreプロセッサー・ファミリーが発表になった4月24日に、インテルは“Ivy Bridge”世代のメリットを訴求する説明会を行った。(2012/4/24)

技術の進化は片思いではなく両思い:
インテル、「ヒューマン・インタラクティブ・テクノロジー・アプリケーション・センター」公開
インテルは、4月13日につくば本社に新設する“ユーザー体験を創造する場”を関係者に公開し、そこを拠点とした、コラボレーション構想を説明した。(2012/4/13)

10個のコンセプト/テクノロジーを披露:
「ユーザー体験のイノベーションをつくばから発信」――次世代コンセプトデモを展示するセンターを新設
インテルは、同社と業界各社のテクノロジーを活用した将来のコンピューティング利用モデルと、新しいユーザー体験の創造を目指す場として「インテル ヒューマン・インタラクティブ・テクノロジー・アプリケーション・センター」をつくば本社内に新設する。(2012/4/13)

トリの次は「トラ」:
「ノートPCじゃありません。“Ultrabook”です」──インテルの“一般層向け”Ultrabook認知プロモーション
インテルが2012年度に強力プッシュする商材「Ultrabook」。Ultrabookとはそもそも何か、何ができるようになるのか、「新カテゴリ」として展開するUltrabookプロモーションが始まった。(2012/3/14)

いまの日本でインテルはどうあるべきかを考える:
「2011年のUltrabookは2012年の準備」──インテル吉田社長、2011年を総括する
インテルは、12月20日に2011年の事業における統括と2012年に向けた展望を、吉田社長自らが関係者に説明した。(2011/12/21)

IDF 2011の復習をしましょう:
インテル、UltrabookとIvy Bridgeの関係を紹介
インテルは日本の関係者に向けて、同社吉田社長が「これからドカンと大きくやろうとしている」というUltrabookで導入する新技術の概要を紹介した。(2011/9/26)

つくば発の経済成長を――インテル、筑波大学、つくば市が人材育成分野で協業
茨城県つくば市は、筑波大学やインテルと協業して“グローバルイノベーション都市”としての発展を目指す。(2011/7/26)

みなさん、おひさしぶり:
インテル、“Oak Trail”と“その先”を訴求
インテルは、4月27日に2011年の1〜4月における主な活動に関する報告と、IDF 2011 北京で発表した“Oak Trail”世代のAtomプラットフォームの説明を行った。(2011/4/27)

インテル吉田社長がビジネス番組「賢者の選択」に登場 収録の様子をUstream配信
「BS-TBS」などで放送しているビジネス情報番組「Turning Point 賢者の選択」にインテルの吉田和正社長が登場。その収録風景をUstreamで公開する。配信は学生が担当し、4月27日16時から。(2011/4/25)

すばらしいメイドインジャパンが一番重要:
吉田社長、「日本から優れたタブレットデバイスが近いうちに登場する」
インテルはSandy Bridge世代のCPUを訴求する「Intel Forum 2011」を開催。同社社長の吉田和正氏は、タブレットデバイスでも日本メーカーの技術力に期待する。(2011/1/18)

週末も移動ばっっっかりだった……:
インテルの吉田社長、多忙でPCの自作台数が目標に届かず
インテルが「その年の出来事」を総括する恒例の「インテル10大ニュース」を発表。代表取締役社長の吉田和正氏は多忙だった2010年を振り返った。(2010/12/15)

ビジネスアプリケーションの未来:
SAPジャパン、インメモリコンピューティングを実現する「SAP HANA」を発表
ハードとソフトをエンジニアリングレベルで融合したインメモリコンピューティング。SAPはこの技術にビジネスアプリケーションの未来を見る。(2010/12/7)

「IDF 2010のTech Inside並みに話しています」:
インテルが期待する「Sandy Bridge」と「女子力」
インテルは、Intel Developer Forum 2010(IDF 2010)で紹介された次期主力CPU「Sandy Bridge」の詳細説明を日本の関係者を対象に行った。(2010/10/1)

2010インテルCoreプロセッサー・ファミリー、Windows 7、モバイルWiMAX:
PR:ついに「モバイルPC元年」が到来──2010年、モバイルノートPCが劇的に変わった
遅い、重い、高い、面倒、そもそも使う機会がない……「PCを外に持ち出す」を、特別なことと思っていないだろうか。でも、WiMAX内蔵PCを使うと考え方がぱっと変わるに違いない。なぜ変わるのか、なぜ2010年が「モバイルPC元年」なのか。今までのモバイルPC環境を振り返ってみよう。(2010/6/30)

これまでとは違う“ノンPC”の世界を作る――UQが見据えるWiMAXの未来
まもなく商用サービス開始から1周年を迎えるUQコミュニケーションズが、2010年度の事業プランを説明。WiMAX対応ルータを追加してWiMAX製品を拡充するとともに、2010年度までに基地局を8000局増設する。(2010/6/7)

UQ WiMAX1周年、より快適な「スピード」を訴求──2012年、“下り330Mbps”へ高速化
モバイルWiMAXサービス開始から1年、UQの野坂新社長、田中現社長が今後の事業戦略を述べた。インテル+マイクロソフトと共同で実施する訴求・認知活動に加え、2012年に下り330Mbpsサービスの導入することも示唆した。(2010/6/7)

Weekly Memo:
HPの新UNIXサーバにみるクラウド戦略の真意
日本HPが先週発表したミッションクリティカルシステム向けのUNIXサーバ新製品には、同社のクラウド事業にかける強い思いが込められているようだ。(2010/5/6)

日本HPら、Itanium 9300番台搭載サーバ群を発表――「Itaniumのロードマップは力強く推進」とインテル吉田社長
日本HPはミッションクリティカルシステム「HP Integrity」製品群について、Itanium 9300番台を搭載する形で刷新。インテル吉田社長は「Itaniumのロードマップは力強く推進」とした。(2010/4/27)

Weekly Memo:
新IAサーバにみた富士通の意地
富士通が先週発表したミッションクリティカルシステム向けのIAサーバ新製品には、同社のコンピュータメーカーとしての強い思いが込められているようだ。(2010/4/5)

ミッションクリティカルな領域でもXeon!
2010年に投入した新世代サーバ向けCPUをアピールする「インテル インテリジェント・サーバー・デイ」で、強化されたXeonの性能と機能が紹介された。(2010/3/31)

インテルの社長が6コア搭載「Core i7-980X」で自作する
インテルが、“Gulftown”こと「Core i7-980X エクストリーム・エディション」を正式に発表。その説明会で最も注目されたのが吉田社長の自作PCだ。(2010/3/17)

インテル、国内で32ナノCore iシリーズをアピール
新世代のCore iシリーズを国内関係者にアピールする「インテル・フォーラム2010」が行われ、同社の吉田社長が「技術の変革が必要な理由」を説明した。(2010/1/26)

インテルが2010年に力を入れる「3つのテーマ」
「先行きが暗い中で年が明けた」2009年から、「明るい兆しの中で始まった」という2010年。インテルが取り組む「次の活動の源泉」とは?(2010/1/15)

年末恒例の「2009年インテル10大ニュース」を発表
インテルは2009年最後の定例記者会見を12月16日に行った。恒例の10大ニュースでは「モバイルコンピューティング」と「32ナノ22ナノ」にフォーカスが当てられた。(2009/12/17)

Netbookで、仕事できますか?:
これが、プロのための“ホンモノ”のPC──第3世代「Let’snote」が込めたメッセージ
パナソニックが、Windows 7搭載の「第3世代」新Let'snoteを発表。16時間駆動バッテリーや標準電圧版CPU、モバイルWiMAXを標準搭載し、「これこそが、“モバイルPCの本質を見極めたPC”」と自信を見せる製品に、どんな意味を込められているのか。(2009/9/30)

Intel Technology Day in Akiba 2009:
「3.5GHz超えは朝飯前」――インテルがCore i5/i7&P55マザーをアピール
インテルの新型CPU発売から初の週末を迎えた9月12日に、秋葉原でユーザーイベントが実施された。天野氏によるCPU解説や、オーバークロックデモなどを目当てに多数の観衆が集まった。(2009/9/14)

“Lynnfield”PCと“P55”マザーボードが集結──インテルが訴求するLynnfieldの性能
“Lynnfield”と“P55”が発表された日本時間の9月8日に、インテルは説明会を開き、新プラットフォームのメリットを紹介した。(2009/9/8)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。