ニュース
» 2009年09月15日 15時15分 UPDATE

販売は「改善に努めています」:日本でもAndroidマーケットへの有料アプリ“登録”が可能に

グーグルが9月15日、日本のAndroidアプリ開発者もAndroidマーケットを通じて有料アプリケーションの販売が可能になったことを明らかにした。

[園部修,ITmedia]

 グーグルは9月15日、Google Japan Blogで、日本からでもAndroidマーケットに有料アプリが登録できるようになったことを明らかにした。これにより、日本のAndroidアプリ開発者も、Androidマーケットで有料アプリケーションの販売が可能になる。

 日本の開発者は、これまで無料のアプリしか登録できなかったため、有料アプリの配信ができなかったが、これからはデベロッパー登録を行い、コンテンツをアップロードして説明を加え、公開するだけで有料アプリのダウンロードが可能な国や地域へ向けて、アプリの販売が可能になる。

 ただし、日本のAndroidマーケットでは無料アプリのみ配信されているため、公開された有料アプリをダウンロードできるのは、有料アプリの配信に対応している地域のみ。日本市場ではまだ有料アプリを販売することはできない。日本のユーザーに対しては「有料のアプリケーションもご利用いただけるよう改善に努めていますので、しばらくお待ちください。」(Google Japan Blog)とコメントしている。

 ちなみに日本でAndroidマーケットに登録したアプリケーションの料金は、国外のユーザーにも日本円で表示されるという。こうしたアプリを購入した海外のユーザーには、日本円の料金に相当する金額が現地通貨で請求される。日本の開発者には、収益の70%が日本円で支払われる。

 有料アプリの料金収受は、Google Checkoutを利用する。有料アプリを配信する場合は、開発者が作成したGoogle Checkoutの販売アカウントに対して代金が振り込まれるようになるようだ。日本で有料アプリの購入が可能になった場合には、エンドユーザーもGoogle Checkoutの購入者アカウントを作成することになるという。クレジットカードでの支払いも可能になる予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう