ニュース
» 2010年03月30日 11時09分 UPDATE

世界最薄のQWERTYキー搭載スライド型Windows phone――「IS02」

auから世界最薄のスライド型QWERTYキーボード搭載Windows phoneが登場する。東芝製の「IS02」は、グローバルモデル「K01」をベースに日本向けのカスタマイズを施したWindows phoneだ。

[園部修,ITmedia]

 東芝が開発した「K01」を日本向けにカスタマイズした「IS02」は、auとしては2機種目のWindows phoneとなる。au初のWindows phone「E30HT」は、もともと法人向けの端末として導入され、その後個人ユーザーも購入可能になったモデルだが、IS02は最初から個人ユーザーにも販売するモデルだ。

PhotoPhoto 東芝製のWindows phone「IS02」。ボディカラーはブラック×ホワイトの1色

 特筆すべきは、QWERTYキーボードを搭載したスライドボディを採用しながら、厚さは世界最薄の12.9ミリを実現したこと。閉じた状態では、キーボードを持たない「TG01」(ドコモの「T-01A」やソフトバンクモバイルの「X02T」のベースモデル)が少し厚くなったようなイメージで、キーを引き出すと4段のQWERTYキーが現れる。

 ディスプレイは4.1インチの有機ELで、解像度はワイドVGA(480×800ピクセル)。Windows Mobile 6.5.3で対応した静電式タッチパネルを採用する。これまでのWindows phoneは感圧式のタッチパネルを搭載していたためスタイラスで操作するのが一般的だったが、IS02は指先で軽快に操作できる。

 タッチパネルで操作しやすいよう、東芝独自のユーザーインタフェース「NX!UI」を搭載しているのもポイントだ。画面レイアウトを自分好みにカスタマイズする機能や、よく使う機能やWebサイトを優先的に表示する「パーソナルログ」など、Windows Mobileを使いやすくする仕掛けを盛り込んでいる。

 もちろんWindows Liveサービスとの連携やMy Phoneによる各種データの保管・共有にも対応。PCと接続してモデムとして利用できるPCデータ通信機能も搭載する。

Photo 4.1インチの有機ELディスプレイを搭載するが、サイズはiPhone 3GSより一回り大きい程度。厚さは12.9ミリで、QWERTYキーボードを搭載しながらiPhone 3GSの12.3ミリに迫る
sa_wp11.jpgPhoto

sa_wp13.jpgPhoto

sa_wp15.jpgPhoto

Photo
IS02の主なスペック
機種名 IS02
外形寸法(幅×高さ×厚さ) 約66×123×12.9ミリ
重さ 約158グラム(暫定値)
OS Windows MobileR 6.5.3 Professional Edition
メインディスプレイ 4.1インチワイドVGA(480×800ピクセル)有機EL(タッチパネル)
通信機能 CDMA 1x EV-DO Rev.A、最大3.1Mbps(下り)/最大1.8Mbps(上り)
外部インタフェース 無線LAN(IEEE802.11b/g)、Bluetooth 2.0+EDR準拠
アウトカメラ AF付き有効約322万画素CMOS
インカメラ
内部メモリ 非公開
外部メモリ microSDHC(別売り/最大16GB)
接続端子 microUSB
連続通話時間 約220分(暫定値)
連続待受時間 約280時間(暫定値)
充電時間 約160分(暫定値)
カラー ブラック×ホワイト
主な搭載ソフトウェア NX!UI、OfficeMobile、Outlook Mobile、ActiveSync、Internet Explorer Mobile、Adobe Reader LE、ClipBook、名刺OCRリーダー、eBookほか

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.