ニュース
» 2010年05月24日 17時23分 UPDATE

価格は4万円台:ナビタイム、au通信網で利用できるカーナビ「CAR NAVITIME」発表

ナビタイムジャパンが、au通信網で利用できるカーナビ“CAR NAVITIME”「WND-01K」を7月以降に発売する。同製品では、最新の地図情報や口コミ情報を入手できるほか、ケータイやPCとの連携機能も備えている。

[田中聡,ITmedia]
photo ナビタイムジャパンの“CAR NAVITIME”「WND-01K」

 ナビタイムジャパンは5月24日、auの通信網を利用した自動車向け通信機能付きナビゲーション専用端末 “CAR NAVITIME”(カーナビタイム)「WND-01K」を発表。2010年7月以降に発売する。本体価格は、CAR NAVITIMEのオンラインショップで4万3800円。端末はナビタイムジャパンが販売し、通信契約はKDDIが行う。

 ボディサイズは約149(幅)×92.5(高さ)×28.5(厚さ)ミリ、重さは約300グラム。ディスプレイのサイズはワイドQVGA表示(480×272ピクセル)対応の5インチで、タッチパネルに対応している。ワンセグの視聴も可能。

 同製品は、auの通信ネットワークを利用するアライアンス型サービス「Link→au」の第1弾の製品として開発されたもの。ナビタイムジャパンは、「EZ助手席ナビ」「NAVITIME」で「ドライブサポーター」などの同乗者向けのケータイサービスを提供している。同社がこれまで培ってきたコンテンツやサービスを生かし、“無線通信機能を活用したナビゲーション専用デバイス”「WND(Wireless Navigation Device)」という新しいカテゴリーの創出を狙う。

最新の地図や口コミ情報を取得、ケータイやPCとも連携

 WND-01Kの大きな特長は、以下のとおり。

  1. 通信を使ってリアルタイムに情報を更新できる
  2. 約650万件のスポット情報を検索できる
  3. EZナビウォーク、EZ助手席ナビ、NAVITIMEと情報を共有できる

 WND-01Kでは、auの通信網を利用することで、最新の地図データや地点情報(口コミ情報、ランキング、グルメクーポンなど)、アプリの取得が可能になる。通信によってサーバから新しい情報を取得できるので、道路や新しい建物の表示、駐車場やコンビニエンスストアなどのスポットを自動で更新する。また、レストランの口コミ評価や駐車場の満車、空車情報などの情報もリアルタイムで反映される。サーバの地図データは年3回の更新を予定している。なお、新規開通などで更新された道路情報を利用するには、2011年初頭に予定している、アプリのバージョンアップが必要。

photo レストランの口コミ評価や駐車場の満車、空車情報などが地図上にアイコンで表示される

 渋滞予測に基づいた最適ルートを検索できるほか、走行中もVICS渋滞情報を元にオートリルートし、都道府県をまたいでの渋滞情報「オンデマンドVICS」にも対応している。走行する自動車から送信されるGPS測位データを収集、分析した「プローブ交通情報」も入手できる。

 検索機能も充実している。約650万件のスポット情報から、名称、住所、電話番号、ジャンルなどのキーワードから検索できる「フリーワード検索」、探したい場所や施設のジャンルから検索できる「ジャンル検索」、季節ごとのお勧めスポット情報が分かる「おすすめ特集」を用意。さらに、EZナビウォーク、EZ助手席ナビ、 NAVITIMEで検索数の多かったスポットを探せる「人気スポットランキング」もある。検索時には「クチコミ評価の高いお店」「クーポンのあるお店」など、詳細な条件も設定できる。

photophoto 条件を設定して目的地を検索できる(写真=左)。地図上に表示されるアイコンは最大32種類。アイコンにタッチすると詳細情報を確認できる(写真=右)

 ケータイとPCとの連携にも対応しており、EZナビウォーク、EZ助手席ナビ、NAVITIMEの利用者は、「NAVITIME ID」か「au one-ID」でログインすれば、ケータイやPCと同じ情報をWND-01Kでも共有できる。例えば、外出前にケータイやPCで検索したルートをWND-01Kに転送しておけば、カーナビで再入力せずにルートを呼び出せる。

photo ケータイやPCから転送したルート検索の履歴をWND-01Kでも利用可能(画面=上)。WND-01Kで検索したクーポン情報をケータイへメール送信できる(画面=下)

 従来の同乗者向けケータイサービスとの違いとして、通信圏外の場所でもナビゲーションが利用でき、ジャイロセンサーと専用GPSで、より正確な位置情報を測位できる。また、WND-01Kは運転者が操作できる。

WND-01Kの購入方法と料金プラン

 WND-01Kは、PCサイト「CAR NAVITIME」(外部リンク)や「au Online Shop」(外部リンク)で購入できるほか、一部のau取扱店でも販売をする。au Online Shopはauケータイからは「EZトップメニュー」または「au oneトップ」→「auお客様サポート」からアクセスできる。

 発売に先立ち、CAR NAVITIMEのWebサイトではWND-01Kの先行予約を行う。予約の開始時期は別途Webサイトで案内される。あわせて、先行予約開始日に通知メールが届く「予約開始通知サービス」の受け付けも同サイト上で開始する。

 WND-01Kの利用には、KDDIまたは沖縄セルラーとの通信契約が必要となり、「Link→auお申込サイト」(外部リンク)から申し込める。KDDIは、WND-01K向けの専用プラン「WNDプラン」を提供する。WNDプランは「誰でも割シングル(特定機器)」と同時に加入すると、月額525円で使い放題になる。誰でも割シングル(特定機器)に加入しない場合は月額1050円となる。なお、誰でも割シングル(特定機器)は2年間(24カ月)が契約期間となり、契約期間中に解約や廃止をすると、契約解除料9975円が発生する。また、新規契約時には、契約事務手数料(2835円)が必要になる。

 KDDIは5月25日から、東京・原宿のKDDIデザイニングスタジオでWND-01Kの実機を展示し、その機能を体験できる。また、6月9日〜6月11日に幕張メッセで開催される「Interop 2010」のナビタイムジャパンブースでWND-01Kが公開される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.