ニュース
» 2011年04月20日 19時41分 UPDATE

ソフトバンクモバイル、テレビ電話を使った遠隔カウンセリングを導入

ソフトバンクモバイルとダイヤル・サービスは、福島県相馬市の避難所にて、スマートフォンのテレビ電話機能を使った遠隔カウンセリングの無償提供を開始した。

[富永ジュン,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルとダイヤル・サービスは、福島県相馬市の避難所において、スマートフォンのテレビ電話機能を使った遠隔カウンセリングの無償提供を開始した。

 避難所にWi-Fi環境を構築してスマートフォンを設置し、避難所の子どもや保護者が、スマートフォンのテレビ電話機能を使って首都圏のカウンセラーの顔を見て会話をすることで、遠隔カウンセリングによるメンタルケアを受けられる。遠隔カウンセリングでは、ダイヤル・サービスの対面型遠隔相談サービス「aelwa(会える輪)」が提供される。

 4月20日から福島県相馬市の一部の避難所に導入し、準備ができ次第、他の避難所にも導入する。さらに、他の自治体の避難所への拡大も検討する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.