ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「被災者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「被災者」に関する情報が集まったページです。

VR:
戸田建設がトンネル工事の災害発生時の救助と避難手順を学べるVRを開発
戸田建設は、仮想現実の中で、トンネル工事における災害発生時の救護手順や火災発生時の避難方法、各種安全設備の関係法令を学習できる安全教育ソフト「バーチャルNATM-TR」を開発した。今後、トンネル工事の現場で勤務するスタッフにバーチャルNATM-TRを活用する他、社外販売も展開していく。(2021/2/12)

災害時にEV無償貸与 宮城・山元町と宮城三菱自販が協定
宮城県山元町が、大規模災害時に電気自動車を無償貸与する協定を宮城三菱自動車販売と締結した。災害時の停電やガソリン不足時でも、家電への充電や職員の「足」となる。(2021/1/18)

ここがヘンだよ「Go Toトラベル」:
Go Toトラベルの陰で切り捨てられた豪雨被災地 旅館業者が悲鳴をあげる「なりわい再建補助金」の欠陥
「Go Toトラベル」の陰で恩恵にあずかれない「切り捨てられた」人たちがいる。豪雨被災地の旅館業者だ。廃業するかどうかまで苦悩する経営者も多い中、足かせになっているのは……。現地を取材したジャーナリストが、政府の進める被災者支援策「なりわい再建補助金」の欠陥を指摘する。(2020/12/16)

「くにおくんのドッジボールだよ全員集合!」「スーパードンキーコング3」などNintendo Switch Onlineに登場
ほかにも「すごいへべれけ」や「スマッシュピンポン」など、全5タイトルが12月18日追加。(2020/12/15)

クルマの新たな活用法:
トヨタとホンダが協働する「電気のバケツリレー」とは?
トヨタとホンダが、両社製品を組み合わせた移動式発電・給電システムを実証。FCバス(燃料電池バス)の水素で電気をつくり、ポータブルバッテリーに充電して、分散避難する被災者の元に届けようとする試みだ。(2020/12/14)

特務機関NERVが山寺宏一さんによる「防災啓発動画」公開 「加持さん!」「映像としてもかっこいい」
2019年に誕生した新しい地図記号「自然災害伝承碑」の存在を伝えています。(2020/12/12)

Airbnb、医療従事者に宿泊先を無料提供する「Airbnb.org」を設立 被災者や難民も対象
米Airbnbが、災害などの緊急時にホストが宿泊先を提供する非営利団体「Airbnb.org」を設立した。(2020/12/10)

心がイケメンだよ! 狩野英孝、24時間配信でゲットしたスパチャ100万円弱のうち80万円を寄付
約束した「バイオ7」クリアはならずカプコンの人に詰められる。(2020/10/20)

災害支援に新たな共助 「シェア」サービスが存在感
新しい災害支援の手段として「シェアリングエコノミー」の活用が進む。個人で備える「自助」と、国や自治体の「公助」の隙間を、シェアリングサービスの「共助」「共有」の仕組みが補っている。(2020/10/8)

コロナ禍で行政に“爆速”貢献:
Code for Japan 関氏が語る「自治体、企業がオープンソースに取り組むべき理由」
オープンソースソフトウェアを利用したサービスやソフトウェアの開発が珍しくなくなった中、新型コロナをきっかけにオープンソースで公開された東京都の感染症対策サイトが大きな注目を集めた。立ち上げの中心となったCode for Japanの関氏に話を聞いた。(2020/9/30)

NTTとKDDIが「社会課題解決のための連携協定」を締結 大規模災害時の保有船舶の相互利用からスタート
日本電信電話(NTT)とKDDIが「社会課題解決のための連携協定」を締結した。協定を踏まえた取り組みの第1弾として、両社グループが保有する船舶の災害時における相互利用を開始する。(2020/9/11)

現場管理:
事故報告書の自動生成とデータベース化を実現する「安全ポータル」
建設現場で事故が発生した際には、被災者の所属や症状、事故の経緯などを電話やメールで関係者に報告しないといけないため、手間がかかる。また、事故の情報を書類で保管すると、閲覧したい資料を探すのに多くの時間を要すという課題がある。そこで、戸田建設は、事故報告書を効率的に作成できるとともに、確かめたい事故情報を容易に見つられるデータベースの構築が可能なシステム「安全ポータル」を開発した。(2020/9/3)

災害支援のデジタル化:
寄付金・水・電力・医療の包括的な災害支援、「平時にも使える」強みで自治体のレジリエンスを強化
ふるさと納税のWebサービスを自治体に提供しているトラストバンクは、この仕組みを災害時の寄付金募集にも応用し、水資源、緊急医療、エネルギーのサービスも追加して、災害支援を包括的にカバーする新規事業を開始した。全てのサービスが非常時だけでなく、日常でも使えることが特長で、いざというときに自治体担当者がイチからオペレーションを学ぶ必要が無く、即時に対応できるのが他に無い強みとなっている。(2020/8/28)

auじぶん銀行、ローソン銀行で「スマホATM」を開始 キャッシュカードなしで入出金が可能に
auじぶん銀行が8月24日、ローソン銀行ATMでキャッシュカードを使わずに現金の入出金ができる「スマホATM(QR入出金)」機能を提供した。ローソン銀行がスマホATMサービスを他行に対して提供するのは初めて。ローソン銀行でスマホATMの入出金をして応募すると、合計300万Pontaポイントを山分けするキャンペーンも実施する。(2020/8/24)

auじぶん銀行がローソン銀行と提携 スマホだけで現金引き出し可能に
auじぶん銀行は8月24日から、ローソン銀行と提携し、キャッシュカードなしで現金の引き出しを可能にする。キャッシュカードの代わりにauじぶん銀行のアプリを使い、ローソン店頭にあるATMに表示されるQRコードを読み取ることで現金の入金や出金が行える。(2020/8/24)

スザンヌ、豪雨被害を受けた熊本の小学校に物資支援 被災者からもらった感謝の言葉に「ホッとして嬉しくなりました」
スザンヌさんは熊本県北区の出身。(2020/7/30)

「早めに避難しようぜ!」 豪雨への警戒促す江頭2:50、スパチャのお金も含め100万円の寄付を表明
「お前らは1人じゃないぞ! 絶対に諦めるな!」(2020/7/9)

紗栄子、熊本・鹿児島豪雨災害による被災者への支援金募集開始 感謝の声相次ぐ
代表を務める社団法人「Think The DAY」で支援。(2020/7/7)

VR:
工事車両の逸走事故を体験可能なVRを開発、きんでん
きんでんは2019年5月、配電工事に携わる作業員の危険感受性を高めることを目的に、受講者が容易に使える可搬型の「VR電力量計アーク災害体感教育ツール」を開発した。同ツールの教育効果を確認し、第2弾のコンテンツについて検討を行い、災害やヒヤリ・ハットの事例が多い高所作業車逸走災害を採り上げた。(2020/6/19)

新型ウイルス感染症の拡大で、業務改革を実現しよう!:
【緊急提言】「新型コロナ」災害をBIMによる業務改革の好機とすべし!
新型ウイルスの感染拡大により、2020年4月に緊急事態宣言が発令され、建設業界でも、新規受注の減少、設計の在宅勤務、工事中断など、多大な影響が顕在化してきている。ワクチンなどによる鎮静化をただ待つだけでなく、建設業にできることは果たして何もないのだろうか?新型コロナウイルスだけに限らず、自然災害や労働災害といった災害に対し、BIMなどの先端技術を使って何ができるのか、いま一度再考してみよう。そして、この災害を、自らの仕事を変える好機と捉え、業務改革を実現しよう。(2020/5/20)

Airbnb、世界10万人の医療従事者に無料で宿泊先提供へ 新型コロナ対策支援で
民泊大手のAirbnbが、新型コロナ対策に従事する世界10万人の医療従事者に、宿泊先を無償で提供する。ホストが無料にできない場合でも料金を免除する。また、専門家と作成した新たな清掃・安全ガイドラインを追加した。【UPDATE】日本は対象外。(2020/3/27)

個人とチームをどうリンクさせるのか:
ラグビー前日本代表キャプテン・廣瀬俊朗が後輩たちに語る「チームの作り方」
 2019年、ラグビーワールドカップ(RWC)によってラグビーは社会現象となるほど盛り上がりを見せた。ラグビー日本代表の元キャプテン、廣瀬俊朗は試合の解説以外にも、自身の会社を経営するなど起業家としても活躍している。後編ではBBTがラグビーチームのリコーブラックラムズ向けに全10回の人材育成講義「MFP(Make Future Project)」を実施しており、その中で行った廣瀬の講義の様子をレポートする。さまざまなバックグラウンドを持つメンバーをまとめてきた廣瀬の知見を生かした講義だ。(2020/3/19)

大山聡の業界スコープ(27):
新型コロナ対策にこそ、5G/IoT/AIが活用されるべき
新型コロナのエレクトロニクス業界への影響は徐々に深刻になりつつある。今後、どのような状況になるか予想が付きにくいが、現時点でわれわれが考えるべきことについて整理してみたい。(2020/3/18)

SEMICON Japan 2019:
「空飛ぶクルマ」の現在地、果たすべき役割と課題
半導体製造技術の展示会「SEMICON Japan(2019年12月11日〜13日、東京ビッグサイト)」で開催されたセミナー「SMART TransportationフォーラムII」に経済産業省 製造産業技術戦略室長の藤本武士氏が登壇。「空の移動革命に向けた政府の取り組み」をテーマに講演した。(2020/2/26)

守れない経営者は「前科」に:
横行する「ブラッククビ」、急増する「非正規コスト」 4月に勃発する“雇用大変革”に対応できない企業は淘汰される
4月からの働き方改革関連法の施行によって、残業時間の上限規制が日本国内すべての事業者に適用となる。この「雇用大変革」への対応が急務と警鐘を鳴らしているのが企業労働法に詳しい倉重公太朗弁護士だ。中小企業、そして創業間もないベンチャー企業などは人事労務管理への理解が浅いことも多く、違法な解雇「ブラッククビ」などの事態も起きている。慢性的な人手不足に悩む中小企業経営者は何を注意しなければならないのか。また働く側はどんな意識づけが必要なのか。これから求められる働き方と合わせて聞いた。(2020/3/3)

【ゲームの世界史】なぜ米国のゲーマーはRTA(リアルタイムアタック)で東日本大震災の支援活動ができたのか
国内最大規模のRTAイベント「RTA in Japan」の主催者・もかさんに「海外におけるRTAの歴史」などを伺いました。(2020/2/13)

【あなたの仕事のグチ、聞かせてください】スーパーの総菜部門で働く女性が東日本大震災で感じた“仕事のやりがいと理不尽”
“隠れ被災”したある地域のスーパーのお話を伺いました。(2020/1/27)

千葉市、Amazonほしい物リスト活用で児童養護施設や乳児院の子どもたちへプレゼントする「サンタクロース大作戦」
あなたがサンタクロース。(2019/12/15)

スピン経済の歩き方:
結局、大型ショッピングモールは街を生かすのか、殺すのか
首都圏で大型ショッピングモールが相次いで開業している。巨大な商業施設は地域の人々に便利さと、楽しさを提供しているが、実のところはその町の独自性を奪っているのではないか。そのような指摘がある中で、筆者はどのように見ているのかというと……。(2019/12/3)

叶姉妹、自粛していたハロウィーン仮装を公開! 王道の“ハーレイ・クイン”に「美しすぎ」「誰もこれは超えられん」の声
「ちょっとだけセクシー過ぎるのは許してくださいませ」。(2019/11/29)

「ダイちゃんあんた最高だよ」 マキシマム ザ ホルモンのダイスケはん、八王子市に台風19号被災者への電化製品・生活必需品を寄贈
面会した副市長は自費でCDを買い、ホルモンにハマったそうです。(2019/11/21)

ドローンとアクションカムで人の生死を判定 イラク・豪州の研究チームが開発 空から心肺運動を分析
ドローンとジンバル、アクションカムの組み合わせで災害時の要救助者の生死判定が可能になった。(2019/11/20)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
被災地域外なのに適用された「災害時データ無制限モード」 災害対応を考える
 10月の台風19号は大きな被害をもたらしました。幸い、筆者の自宅は特に被害を受けることはなく、災害救助法も適用対象外。しかし、なぜか災害時のデータ通信量無制限措置が適用されました。一体どういうことなのでしょうか……。(2019/11/19)

Architecture & Interior Design alternatives―Vol.1:
素材を生かした「メイド・イン・ローカル」のデザインメソッドが世界へ。建築家・芦沢啓治氏に聞く
一貫して素材に対し「正直なデザイン」を心掛け、他に2つと無い特徴的な作品を次々と世に送り出している建築家・芦沢啓治氏――。木や鉄、石の持つ表現力をそのまま生かすため、マテリアルと真正面に向き合い、まさに対話することで作品を生み出している。3.11の被災地に設立した家具ブランド「石巻工房」は、メイド・イン・ローカルを掲げ、マテリアルに向き合う個性的なデザインは守りつつも、EUやアジアでもパートナーを拡大させている。(2019/11/14)

紗栄子、福島県いわき市で炊き出しボランティア “支援活動10年目”の姿に「尊敬します」「素晴らしい行動力」と称賛の声
紗栄子さん「笑顔が笑顔を呼び、温かい心も連鎖していく」。(2019/11/12)

MIT、四足歩行ロボット「Mini Cheetah」9台によるサッカーやダンスを動画で披露
MITの整体模倣ロボティクスラボが、小型四足歩行ロボット「Mini Ceetah」9台のデモ動画を公開した。サッカーボールをパスしたり、一斉にバク転したり、じゃれ合ったりしている。(2019/11/11)

KDDIや富士通、災害対応で「ヘリコプター基地局」の実証実験
KDDIらは、小型携帯電話基地局を搭載したヘリコプターを用いて通信エリア外のでの通話やSMSを行う実証実験に成功。災害時における携帯電話の利用が困難なエリアでの通信手段確保と迅速な救助要請対応が可能になるとしている。(2019/11/6)

「ヘリコプター基地局」で空から通信エリア構築、被災者のスマホ位置も推定 KDDIが実験
KDDIが、小型携帯電話基地局を搭載したヘリコプターを使って上空から電波を発射し、屋外に通信エリアを構築する実証実験に成功。通話とSMSを利用できた他、地上にある携帯電話の位置情報を推定できた。災害などで携帯電話の利用が困難になった地域への導入を目指す。(2019/11/6)

叶姉妹、新作ジョジョコス準備もハロウィーン仮装を自粛 被災者思い「そのような気持ちになれず…」
美香さん「一日も早く穏やかな心で過ごされますよう 姉も私も心から祈っております」。(2019/10/31)

台風19号災害対策特設ページを政府が開設 被災者支援情報をまとめて見られる
避難用物資の運搬やライフラインの状況などが、地域別にまとまっています。(2019/10/17)

Yahoo!、台風19号で緊急災害支援募金を実施 開始2日で7000万円を集める
寄付人数は9万人を突破。(2019/10/15)

台風19号で避難して分かったこと
さいたま市の自宅で警報を受け、家族で避難所に向かった筆者の体験記。(2019/10/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
世界初の乗りもの「DMV」 四国の小さな町は“新しい波”に乗れるか
徳島県が2020年度、世界初のDMV(デュアル・モード・ビークル)による定期営業運行を始める。その舞台は阿佐海岸鉄道だ。沿線にはサーフィンで有名な海岸などもあり、観光の魅力もある。DMVが新たな観光資源になることを期待したい。(2019/10/4)

スピン経済の歩き方:
「自然災害→経済破綻」その後どうなるのか 最悪のシナリオ
台風15号の発生から、2週間が経過した。千葉県に甚大な被害をもたらしたわけだが、「自然災害で日本経済が破綻する」という最悪のシナリオは本当に起きるのか。何もテキトーなことを言っているわけではなく……。(2019/9/24)

YOSHIKI、台風被害の千葉県に1000万円寄付 館山市出身を公表し「故郷を思う気持ちは変わっていません」
YOSHIKIさん「心より復興を祈っています」。(2019/9/18)

千葉市、被災者支援でAmazonほしい物リスト活用 → わずか1日で必要数確保 担当者「想定超える反応ありがたい」
100枚を想定していたところ、予想を大きく超えて約900枚の支援申し出があったとのこと。(2019/9/13)

「被害の大きさは、想像を超えていました」 石田ひかり、千葉南部に支援物資を届ける 停電中の暑さに恐怖も
被災地を救う大きな流れになってほしい。(2019/9/11)

世界を「数字」で回してみよう(61) 働き方改革(20) 最終回:
長時間労働=美徳の時代は終わる 〜「働き方改革」はパラダイムシフトとなり得るのか
20回にわたり続けてきた「働き方改革」シリーズも、今回で最終回を迎えました。連載中、私はずっと、「働き方改革」の方向性の妥当性は認めつつ、「この問題の解決はそれほど簡単なことではない」という反骨精神にも似た気持ちの下、それを証明すべく数字を回してきました。これは“政策に対する、たった1人の嫌がらせ”とも言えます。そして最終回でも、この精神を貫き、“たった1人の最後の嫌がらせ”をさせていただこうと思っています。(2019/8/29)

「土用の丑の日」間近:
「奇跡のウナギ缶詰」物語――“日本一の防災”目指し始まった「町おこし」
高知県の黒潮町缶詰製作所で作られている「奇跡のウナギ缶詰」を巡る物語――。(2019/7/11)

大手運輸会社と連携:
3年経ってもふっくら! 「奇跡のパンの缶詰」の意外な行き先
備蓄食として活躍した後に、飢餓をも救う「奇跡のパンの缶詰」の物語――。(2019/7/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。