ニュース
» 2011年06月21日 14時43分 UPDATE

KDDI、「XOOM」のOSをAndroid 3.1にアップデート

KDDIは、モトローラ製タブレット「XOOM」のOSアップデートを開始した。ウィジェットのサイズ変更といったUIの改良に加え、本体microSDスロットや無線LANの5GHz帯サポート、Bluetoothキーボードのショートカット機能対応などが追加される。

[ITmedia]

 KDDIは6月21日、モトローラ製タブレット「MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M」のOSアップデートを開始した。OSをAndroid 3.0からAndroid 3.1にバージョンアップする。

photo MOTOROLA XOOM Wi-Fi TBi11M

 今回のアップデートにより、これまで利用できなかった本体microSDスロットが利用可能となる。microSDは最大32Gバイトのものまで対応する。また、Wi-Fiで利用する周波数帯域に電波干渉を受けにくい5GHz帯が追加され、無線LANの利用環境が改善される。そのほか、ウィジェットのサイズ変更や実行中アプリのスクロール表示といったUIの改良と、Bluetoothキーボードのショートカット機能がサポートされた。

 アップデートは端末本体のみで行えるが、Wi-Fi接続環境と200Mバイト以上の空き容量が必要。アップデート方法は以下の2通り。

メニュー操作からアップデートする方法

  • ホーム画面の「アプリ」 → 「設定」 → 「タブレット情報」 → 「システムアップデート」 → 「Download」でソフトウェアをダウンロード。
  • ダウンロードが完了後表示されるインストール画面から、「Install now」をタップしてインストールする。

更新通知からアップデートする方法

  • ホーム画面に表示される更新通知メッセージをタップし → 「Download」でソフトウェアをダウンロードする。
  • ダウンロードが完了後表示されるインストール画面から、「Install now」をタップしてインストールする。

 なお、アップデートは端末内の連絡先、カメラ画像、ダウンロードデータなどのデータを残したまま行うが、KDDIではデータ保護のためバックアップを取ることを勧めている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.