ニュース
» 2011年12月06日 12時26分 UPDATE

ドコモ、「F-12C」のソフトウェア更新を再開

9月22日から一時中断されていた「F-12C」のソフトウェア更新が再開された。

[田中聡,ITmedia]
photo 「F-12C」

 NTTドコモは12月6日、富士通製のスマートフォン「F-12C」のソフトウェア更新を再開したことを案内した。

 F-12Cの新しいソフトウェアは9月22日から提供されていたが、アップデート後にF-12C本体が正常に起動しない場合があるため、ソフトウェア更新が一時中断されていた。

 アップデートにより解消される不具合は以下のとおり。

  • 電源オン時に端末がフリーズして再起動する
  • 画面表示がオフになった後、ホームキーを押しても画面が点灯しない
  • ブラウザで新しいページを表示する際に、すでに開かれているウィンドウがまれに動作しない

 ソフトウェア更新は3GまたはWi-Fi経由で行えるが、3G通信で手動更新をした場合は、更新ファイルのダウンロード時にパケット通信料が発生する。Wi-Fi接続または自動更新をする場合はパケット通信料は発生しない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.