ニュース
» 2012年03月26日 21時56分 UPDATE

iPhone向け「ONETOPI」の新バージョン公開――より検索、閲覧しやすく

アイティメディアがiPhone向けアプリ「ONETOPI」の新バージョン「ONETOPI V2」をリリース。スマートフォン向けのレイアウトで記事を表示する機能や、トピックの検索機能を追加したほか、読み込み時間を短縮した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 アイティメディアが、iPhone向けアプリ「ONETOPI V2」を3月26日に配信した。「ONETOPI」は、インターネット上にある多種多様な情報の中から、さまざまなトピックごとにキュレーターと呼ばれる専任の解説者が情報を選別・ピックアップし、コメント付きで紹介する情報メディア。利用料金は無料。

 新バージョンとなるV2では3つの機能を強化。キュレーターがピックアップした情報元のWebページをスマートフォン向けに読みやすく加工するほか、従来では読み込み時間を待つ必要があった動作はバックグラウンドで実行。キーワード検索でもトピックが探せるようになり、複数のトピックをパッケージにして簡単に購読設定ができるようになった。

photophotophoto 「設定」→「購読サポート」からトピックセットのまとめ読みができる。全トピックをまとめて登録することも可能(写真=左、中)。おすすめ、カテゴリ、ランキングからトピックを探せる(写真=右)
photophotophotophoto 記事のサムネイルをタップすると、スマートフォン向けのレイアウトで表示される(写真=左端、左中)。iPhoneのトピック(写真=右中)。登録したトピックのツイートが順に表示される「マイストリーム」(写真=右端)

 また、さらなるユーザー数の獲得へ向け、25あったカテゴリを21に再編。iPhoneやiPadについては「iOSゲーム」「iOS楽器」「スマートデバイスビジネス」「Siri」など、細分化したテーマの人気トピックを新たに追加しており、目的の情報にたどり着きやすくなっている。

 2012年にキュレーター数を1000人以上に増やすための取り組みの一環として、募集プログラム「キュレーターV2」もスタート。キュレーターがより投稿しやすいツール・仕組みを用意するほか、ONETOPIキュレーターがどのように情報発信しているかなどのノウハウを伝える「キュレーター実践講座」を4月25日に開催する。スマートフォン、PC、クルマそれぞれの機種別トピックや、アーティスト、タレント、キャラクター、作品ごと(文学、アニメ、漫画、映画、TVシリーズなど)のトピックをより強化していく予定だ。また、Android向けアプリの新バージョンについては順次検討を進めていく。

alt

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.