ニュース
» 2012年04月02日 17時18分 UPDATE

富士通の完全子会社化:富士通東芝、4月1日から「富士通モバイルコミュニケーションズ」に

富士通東芝モバイルコミュニケーションズが富士通の完全子会社となり、社名を「富士通モバイルコミュニケーションズ」に変更する。

[田中聡,ITmedia]

 富士通が4月2日、富士通東芝モバイルコミュニケーションズを完全子会社化したことを発表した。

 富士通と東芝は2010年10月に携帯電話の端末事業統合し、KDDI向けの携帯電話の開発や販売を行う会社として、富士通東芝コミュニケーションズ(以下、富士通東芝)が設立された。富士通は東芝から80.1%の株式譲渡を受け、富士通東芝を富士通グループの連結子会社とした。今回、富士通が東芝から残り19.9%の株式を譲り受け、富士通東芝を完全子会社とした。

 富士通東芝の社名は4月1日付けで「富士通モバイルコミュニケーションズ」に変更された。事業内容は富士通東芝と変わらず、KDDI向けの端末を開発する。ドコモ向け端末は、これまでどおり富士通が開発を担当する。社名から東芝の名前がなくなるが、東芝から継承した「REGZA Phone」については「今後も継続する方向で考えている」(富士通)とのこと。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう