ニュース
» 2012年04月27日 15時16分 UPDATE

KDDI、5月1日からインド、サイパンなどで「海外ダブル定額」の対象事業者を拡大

KDDIが、海外でも安心して定額でパケット通信が利用できる「海外ダブル定額」の対象事業者の拡大を発表した。インドとサイパンで新たにサービスが利用可能になるほか、グアム、パキスタン、フィンランドでは提供事業者の変更がある。

[園部修,ITmedia]

 KDDIが4月27日、海外パケット定額サービス「海外ダブル定額」の対象事業者の追加と変更を行うと発表。5月1日から、新たにインドやサイパンでサービスを開始する。また、グアムやパキスタン、フィンランドでは提供事業者が変更になる。5月中は移行期間となり、5月1日から5月31日までは新しい事業者とこれまでの事業者のどちらのネットワークも定額で利用できる。

 新規に海外ダブル定額の対象事業者に追加されるのは、以下の5社。5月1日の日本時間午前0時から対象になる。

  • インド……Vodafone India
  • グアム……DOCOMO PACIFIC
  • サイパン……DOCOMO PACIFIC
  • パキスタン……Ufone
  • フィンランド……Elisa

 提供終了となるのは以下の3社で、5月31日の日本時間午後11時59分59秒で提供を終了する。

  • グアム……Pulse Mobile
  • パキスタン……Warid Telecom
  • フィンランド……TeliaSonera

 海外パケット定額は、定額対象事業者でのパケット通信が、約20万パケット(4万円相当)までなら最大で1日1980円、どれだけ使っても1日最大2980円になるサービス。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう