ニュース
» 2012年07月04日 21時57分 UPDATE

KDDI、京都市内のバス停や地下鉄、セブン-イレブンに「au Wi-Fi SPOT」を拡大

KDDIは、公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」を京都市内のバス停留所約350カ所と地下鉄31駅の構内、そしてセブン-イレブン約130店舗に拡大すると発表した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIは8月下旬から、公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」を京都市内に順次拡大すると発表した。2013年3月末までに約480スポットへ増加させる。

 au Wi-Fi SPOTは、パケット定額サービス「ISフラット」「プランF(IS)シンプル/プランF(IS)」の利用者を対象としたスマートフォン向けの無料接続サービス。auのスマートフォンに加え、PCやタブレットといったWi-Fi搭載機器をもう1台無料で利用できる。

 京都市では、公衆無線LAN整備事業「京都どこでもインターネット」による「誰でも無料で使える無線LANスポット KYOTO_WiFi」の設置を市バスのバス停や地下鉄駅などへ進めている。今回、整備運用事業者の公募によりKDDIが選定されたことで、KYOTO_WiFiをau Wi-Fi SPOTとして利用可能になったという。

 京都市内における設置予定場所と設置数は、バス停留所(通電タイプ)が約350カ所、地下鉄の全31駅、市内約130のセブン-イレブン店舗。なお、バス停は実証実験を踏まえてから設置カ所を決定する。地下鉄では、2013年より順次サービスを開始する予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう