ニュース
» 2012年10月31日 16時09分 UPDATE

ドコモ、キッズ向けスマートフォンを2012年度内に提供

ドコモは、子どもの安心・安全な利用に配慮したスマートフォンを、2012年度内に提供することを発表した。また、アプリや通信などの利用を制限する「あんしんモード」アプリもさらに強化する。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが10月31日、青少年がより安心して、また安全にコンテンツやアプリを利用できるよう配慮したスマートフォンを、2012年度内をめどに提供することを発表した。

 このスマートフォンには、子どものWeb、アプリ、アドレス帳などの利用を保護者が制限できる機能を設ける予定。ドコモ広報部によると、「現在キッズケータイを使用しているお子様がスマートフォンに乗り替えても、一定の安心・安全を担保できるような端末を想定している」という。現在ドコモが提供している「キッズケータイ」のスマートフォン版と言えそうだ。

 さらに、新規アプリのインストールや起動、通話の発着信、Wi-Fi経由からのインターネットアクセスを制限するアプリ「あんしんモード」について、保護者が子どもの成長に合わせてアプリの利用設定などを一括で管理できる機能も、2012年度内に提供する予定。

 ドコモはこうした取り組みの背景について「スマートフォン利用の急速な拡大に伴い、安心・安全へのニーズが高まってきており、そのニーズにお応えするサービスの一環」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.