ニュース
» 2012年11月29日 19時05分 UPDATE

テザリングは2年間無料:KDDI、「iPad mini」などLTE対応タブレット向け新料金を発表 “月490円”からのプランも

KDDIは、iPad miniやiPad Retina ディスプレイモデル、AQUOS PADなどのLTE対応タブレット向け料金プランを発表した。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIは11月29日、auのLTE対応タブレット向け新料金プラン「LTE フラット for Tab/Tab(i)」を発表した。「iPad mini」「iPad Retina ディスプレイモデル(第4世代iPad)」のWi-Fi+Cellular版を発売する11月30日に提供を開始する。

 LTE フラット for Tab/Tab(i)の料金は、誰でも割シンプル適用時で月額5985円、誰でも割シングルに未加入の場合は7035円となる。なお12月31日までに加入すると基本料金を525円割り引くキャンペーンを実施するため、誰でも割シンプルを使って年内に契約すれば、月5460円で継続利用できる。

photo LTE フラット for Tab/Tab(i)の料金例

 利用にはこのほかにインターネット利用料の315円が必要。さらに月525円の「テザリングオプション」も設定するが、12月31日までに加入すると24カ月間のテザリングオプション料金を無料にするキャンペーンも実施する。

 同プランで利用できる通信量は、スマホ向けサービスと同じく1カ月の通信量が7Gバイトまで。超えた場合は該当月の月末までの通信速度が送受信とも最大128kbpsに制限するが、「エクストラオプション」に加入することで通信速度の制限はなくなる。このほか直近3日間に1Gバイト以上利用すると、通信速度を終日制限する。この制限はエクストラオプション加入時でも実施される。

 LTE フラット for Tab/Tab(i)には、指定の固定回線とセットで加入すると月々1480円の割り引きが受けられる「auスマートバリュー」も適用でき、その場合は月4505円になる。そのほか、すでにauのスマートフォンを契約しているユーザーには、「スマホセット割」として月額980円の割り引きを提供するほか、月額料金が490円から利用できる「ゼロスタート定額キャンペーン」も用意した。

photo ゼロスタート定額キャンペーン

 ゼロスタート定額キャンペーンは、利用するデータ量に合わせて課金するプランで、契約から2年間は基本使用料が月額0円〜4980円(1Kバイト/0.42円で課金)。また、通常315円のインターネット利用料もデータ通信がない場合は0円とする。ただし「au Wi-Fi SPOT」の月額使用料として月490円が発生するため、月額料金の合計は490円〜5785円になる。

 なお3年目以降の基本使用料は月額525〜5505円で、au Wi-Fi SPOTの月額使用料(490円)を足した合計金額も月額1015〜6310円になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.