ニュース
» 2012年12月08日 22時48分 UPDATE

Cafe & Dining ballo balloにて開催:食事前のひととき、「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」と触れ合う“タッチカフェ”に行ってきた

東京・渋谷のイタリアンレストラン、Cafe & Dining ballo balloで、AQUOS PHONE ZETA SH-02Eが体験できる「タッチカフェ」が開設されている。食事が届くまでの間に端末を自由に触ることができる。

[園部修,ITmedia]

 NTTドコモの2012年冬モデルラインアップの中で、ひときわ高いスペックを誇るフラッグシップ端末「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」。その実機に触れられる「タッチカフェ」が、東京・渋谷に開設されている。東急ハンズの地下1階にあるイタリアンレストラン、Cafe & Dining ballo balloがその舞台で、期間は11月30日から12月16日まで。なお、SH-02Eに触れられるのは12時から18時までなので、端末が目的なら早めに往訪したい。

 入り口を入ると、さっそくSH-02Eの「タッチカフェ」の看板が出迎えてくれる。地下までの階段には、SH-02Eの特長であるIGZOディスプレイの「液晶アイドリングストップ」などがパネルで紹介されている。

PhotoPhoto 井ノ頭通りを上がった東急ハンズ渋谷店の地下1階にあるCafe & Dining ballo balloがAQUOS PHONE ZETA SH-02Eのタッチカフェになっている
PhotoPhotoPhoto 店内に入る階段にも、SH-02Eの特長を紹介するパネルなどが飾られている

 店内に入ると、シャープとCafe & Dining ballo balloがコラボしていることが一目で分かる「タッチカフェ」の告知がすぐ目に入る。各テーブルにもSH-02Eを紹介するプレートが用意されており、その場で体験できることがすぐに分かる。端末は、注文から食べ物が届くまでの間に体験できるしくみで、飲み食いしながら触ることはできないのだが、待ち時間にSH-02EのIGZOディスプレイのきれいさ、操作感のよさなどが楽しめる。

PhotoPhotoPhoto ゆったりしたソファーでくつろげる店内
PhotoPhotoPhoto 各テーブルにもSH-02Eの特長を紹介するプレートを用意。また限定のコラボメニューなども楽しめる
PhotoPhotoPhoto 店内でもSH-02Eの特長が紹介されている
PhotoPhoto SH-02Eを楽しめる特設スペースも用意されている
PhotoPhoto Cafe & Dining ballo balloのスタッフは専用のエプロンを着てサービスしている
PhotoPhotoPhoto SH-02Eを体験する際に、クイズに挑戦して全問正解すると、Cafe & Dining ballo balloで使える割引券がもらえる。割引券は当日から使えるので、その日の会計時に出すといいだろう
PhotoPhotoPhoto クイズの問題は、SH-02EとIGZOに関するもの
PhotoPhoto 答えをちゃんと見ながら選べば全問正解は難しくない

109前でも3日間「タッチカフェ」を開催

Photo 渋谷 109前のイベントスペースでも「タッチカフェ」を開催

 11月30日から12月2日までの3日間は、渋谷109前のイベントスペースでも「タッチカフェ」が開催されていた。ここではカウンター席に座って、Segafredoの温かいコーヒーを楽しみながらSH-02Eの体験ができた。

 体験スペースではSH-02Eのさまざまな機能を自由に試すことができたほか、説明員に質問をしながら、じっくりと動きや操作感を確認できた。体験後はメモ帳などのプレゼントもあり、体験後に近隣のショップに足を運ぶ来場者もいたようだ。


PhotoPhoto
PhotoPhotoPhoto
PhotoPhotoPhoto
PhotoPhotoPhoto
Photo スマートフォンに対するこだわりを来場者に聴く「あなたのこだわり教えてください!」企画では、バッテリーの持ちやサクサク感、フィット感などに票が集まっていた

 渋谷109前のタッチカフェでは、来場者にアンケート調査も実施。前日の結果が掲示されていた。写真は12月1日の調査結果だが、渋谷の街頭でスマートフォンを持っている人は70人中57人。やはりバッテリーの持ちや操作性のよさには関心が集まっていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう