ニュース
» 2013年02月18日 16時18分 UPDATE

ドコモ、一般クリエイターが創作した作品を扱う「dクリエイターズ」を5月に開始

NTTドコモが、ハンドメイド作品やデジタルコンテンツを独自に出品・販売できる「dクリエイターズ」を5月に開始する。

[園部修,ITmedia]

 NTTドコモが2月18日、一般のクリエイターが創作したハンドメイド作品やデジタルコンテンツの出品・購入などができるサービス「dクリエイターズ」を発表した。2013年5月から提供を開始する。2月18日から、dクリエイターズの参加クリエイターの募集を開始する。特設サイト(http://hello.creators.dmkt-sp.jp/)で事前登録が可能で、4月上旬から出品登録ができるようになる予定だ。

 dクリエイターズは、インテリアや家具、文具、アクセサリー、ファッションアイテム、スマートフォンケースなどのハンドメイド作品を出品・購入できるマーケットと、小説やコミックなどのデジタルコンテンツを発表・閲覧できるメディアからなるプラットフォーム。特にハンドメイド作品を中心に、意欲ある創り手とこだわりの製品に魅力を感じる購買層をつなぐ場として、サービスを展開する。デジタルコンテンツは、ドコモとディー・エヌ・エーの合弁会社、エブリスタが提供する「E★エブリスタ」から供給を受ける。

 出品や購入以外にも、クリエイターや作品にメッセージやコメントを送ったり、クリエイターを応援したりできるほか、自分で作品を出品しなくても、「キュレーションリスト」を公開できるなど、ユーザーが参加できるさまざまな仕組みを用意する。代金の支払いにはドコモ ケータイ払い、クレジットカード、コンビニ決済などが利用可能で、配送には匿名配信サービス(有料)も提供。参加クリエイターに対して、有名クリエイターによるセミナーやワークショップなども開催し、制作・出品の支援を行う。

 ハンドメイド作品は13カテゴリー(アクセサリー、ファッション、バッグ・財布、ステーショナリー・雑貨、家具・インテリア、食器・キッチン、スマホ・ケータイグッズ、おもちゃ・人形、アート、フラワー・ガーデン、素材・テキスタイル、ベビー・キッズ、ペットグッズ)、デジタルコンテンツは3カテゴリー(小説、コミック、エッセイ)をそろえる計画だ。クリエイターは無料の会員登録と月額315円の販売クリエイター登録で出品が可能。利用者は無料の会員登録だけで参加できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.