ニュース
» 2013年05月07日 14時38分 UPDATE

SoftBank 4GもEMOBILE LTEも:大容量モバイルバッテリーとしても使えるモバイル無線LANルーター「Pocket WiFi 203Z」

SoftBank 4G(2.5GHz帯 AXGP)下り最大110Mbpsの高速データ通信だけでなく、イーモバイルのEMOBILE LTE(1.7GHz帯FDD-LTE)も利用できるマルチネットワーク対応ルーターが登場した。

[長浜和也,ITmedia]
kn_203z_01.jpg Pocket WiFi 203Z

 ソフトバンクモバイルの「Pocket WiFi 203Z」は、ZTE製のモバイル無線LANルーターで、従来の2.5GHz帯AXGP(SoftBank 4G)や1.5GHz帯W-CDMA(ULTRA SPEED)のほかに、イーモバイルで利用している1.7GHz帯のFDD-LTE(EMOBILE LTE)や1.7GHz帯のW-CDMA(EMOBILE G4)も利用できるマルチネットワーク対応モデルだ。国際ローミングでも従来の2.1GHz帯に加えて、850MHz帯も利用できる。発売は8月以降の予定。なお、料金プランなどについては発売までに明らかにするという。

 ボディサイズは、110(幅)×67.8(高さ)×18.6(厚さ)ミリ、重さは150グラムで、従来モデルの「ULTRA WiFi 4G 102HW」と比べて、幅が約6ミリ、重さで約15グラム増加した。しかし、その分バッテリー容量は102HWの3000mAhから5000mAhへと大幅に増加し、連続通信時間も102HWより5時間長い約13時間となった。203Zをモバイルバッテリーとしても利用できる機能を用意しており、タブレットやスマートフォンを充電することも可能だ。

 本体には、1.4インチのカラーディスプレイを搭載しており、通信状態などの表示が見やすくなったほか、タッチキーを用意して設定の変更操作が簡単にできるようになった。

kn_203z_03.jpgkn_203z_02.jpg Pocket WiFi 203Z。サイズは110(幅)×67.8(高さ)×18.6(厚さ)ミリ、重さが150グラムとやや重いが、容量5000mAhのモバイルバッテリーとしても利用できる

 ワイヤレスWANの転送速度は最大で下り110Mbps、上り10Mbps。無線LAN規格はIEEE 802.11 b/g/nを利用できる。同時に接続できるデバイスは最大で14台で、SSIDは2つまで設定可能。セキュリティはWEP、WPA、WPA2に対応。簡単設定ではWPSを利用できるほか、簡易NAS、FATA、そして、ソフトバンクWi-Fiスポットにも対応する。

kn_203z_04.jpgkn_203z_05.jpgkn_203z_06.jpg 側面にはインタフェースとしてmicro USB、USB、SIMスロット、microSDスロットを用意する

「Pocket WiFi SoftBank 203Z」の主な仕様
端末名 Pocket WiFi SoftBank 203Z
通信速度 最大110Mbps/最大10Mbps
使用周波数 W-CDMA:1.5GHz帯、1.7GHz帯(海外向けに2.1GHz帯、850MHz帯にも対応)、FDD-LTE:1.7GHz帯、AXGP:2.5GHz帯
サイズ(幅×高さ×厚さ) 67.5×110×18.6ミリ
重さ 約150グラム
連続通信時間/連続待受時間 約13時間/約640時間
発売 2013年8月以降

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.