ニュース
» 2013年05月29日 21時00分 UPDATE

ソフトバンク、夏のイベントでエリア対策を実施

ソフトバンクモバイルが、全国各地で6月に開催されるイベントで、通信の混雑を緩和するためにエリア対策の強化を行うと発表した。

[村上万純,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルが5月29日、夏の各種イベントでのソフトバンク携帯電話のエリア対策を発表した。通信の混雑を緩和するため、イベント会場周辺に移動基地局車を配備するほか、ソフトバンクWi-Fiスポットの設置なども行う。

 エリア対策を行う各イベントは以下の通り。

開催日 開催場所(都道府県) イベント名
6月1日から2日 福島県 東北六魂祭2013
6月1日 福島県 ふくしまフェスティバルin郡山2013
6月1日から2日 東京都 JRA 安田記念
6月23日 兵庫県 JRA 宝塚記念

 衛星回線を利用した移動基地局車を配備するイベントは以下の通り。

開催日 イベント名 対策エリア
5月31日午前12時から午後6時/6月1日午前9時から午後8時/6月2日午前9時から午後8時 東北六魂祭2013 福島県福島市内(浜田町、五老内町、桜木町、北五老町の一部)
5月31日午前12時から午後6時/6月1日午前9時から午後10時 ふくしまフェスティバルin郡山2013 福島県郡山市内(開成、桑野、豊田町、朝日、緑町、長者、虎丸町の一部)

 衛星回線を利用した移動基地局車経由で3G通信サービスを利用する場合は、「みまもりケータイ 005Z」で現在地の測位ができない不具合が発生する場合がある。主に、緊急ブザーが鳴ったときに送信されるSMS、電話をかけたときに送信されるワンタッチSMS、電池残量が少なくなったときや電池が切れたときに送信されるSMSに現在地が表示されなくなる。また、位置ナビ加入者がPCもしくはソフトバンクの携帯電話からみまもりケータイ 005Zを検索できなくなる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう