ニュース
» 2013年11月14日 23時39分 UPDATE

アプリを声で操作:ドコモとパイオニア、無料のカーライフ支援サービス「ドコモ ドライブネットインフォ」を発表

ドコモとパイオニアは、運転中にスマホへ話しかけることで渋滞情報や周辺情報を確認できるドライブ支援サービス「ドコモ ドライブネットインフォ」を発表した。12月中旬に提供する。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモとパイオニアは11月14日、渋滞情報や周辺情報など運転中に便利な情報を音声操作で入手できる無料のドライブ支援サービス「ドコモ ドライブネットインフォ」を発表した。専用のAndroidアプリを12月中旬に提供する。対象機種は2013冬-2014春モデル以降のドコモスマートフォン。

photophoto ドコモ ドライブネットインフォの操作画面

 ドコモ ドライブネットインフォは、パイオニアが開発した自動車向けクラウド基盤「モバイルテレマティクスセンター」を活用したサービス。ユーザーが持つドコモのスマートフォンやパイオニアの通信機能付きカーナビゲーションシステムなどから得た各種データを解析し、ドライバーに役立つ情報を提供する。

 運転中のアプリ利用に考慮してドコモの「しゃべってコンシェル」に使われている音声意図解釈技術や音声合成技術を採用。スマホに話しかけるだけで、渋滞情報や周辺情報の提供に加え、電話の発信や音楽の再生、SMSの送受信、最新ニュースの確認などが利用できる。

 またドコモは、既存のカーナビゲーションサービス「ドコモ ドライブネット」の名称を「ドコモ ドライブネット ナビ」に変更。iPhone対応も発表した。iPhone向けドコモ ドライブネット ナビは12月1日から利用できる。

 ドコモ ドライブネットインフォも地図上に現在地情報や周囲の情報を表示するが、“カーライフ支援サービス”として位置付けられ、ナビゲーション機能は搭載していない。経路検索は有料のドコモ ドライブネット ナビを利用することになる。

photo 「スマートフォンホルダ01」
photo 「カーナビ用センサーユニット01」

 またドコモは、スマートフォンを車のダッシュボードに装着するための「スマートフォンホルダ01」(4830円)と、高精度なナビゲーション機能を利用するための「カーナビ用センサーユニット01」(8295円)を発表した。どちらも12月中旬に発売する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.