ニュース
» 2014年02月24日 17時24分 UPDATE

Mobile World Congress 2014:ソニーモバイル、リストバンド型の「SmartBand SWR10」を3月から発売 日本にも投入

日々の活動を記録できる、ソニーモバイルのリストバンド型デバイス「SmartBand SWR10」が、3月から日本を含む世界各国で発売される。

[田中聡,ITmedia]
photo 「SmartBand SWR10」

 ソニーモバイルコミュニケーションズが2月24日(現地時間)、バルセロナで開催中の「Mobile World Congress 2014」にて、リストバンド型の製品「SmartBand SWR10」を3月に世界60カ国以上で発売することを発表した。日本での発売も予定しているが、発売時期は未定。あわせて、同デバイス専用の「Lifelog」アプリを、3月からGoogle Playにて提供する(提供時期は地域によって異なる)。

 SmartBand SWR10は、スマートフォンと連携させることで、ユーザーが歩いて/走っているのか、自転車/電車に乗っているのか、どれだけ眠ったのか、どんな写真を撮ったのか、どんな音楽を聴いたのか、スマホ上でどれだけコミュニケーションを取ったのか、といった活動を記録できるウェアラブルデバイス。Lifelogアプリ上でこれらのデータを活用することで、自分の行動パターンを発見し、未来の行動につながる情報を得られる。

photophoto 「Lifelog」アプリを使ってスマホと連携させる

 加速度センサーによって歩数や移動距離を記録できるだけでなく、電話の着信やFacebookの更新があると、SmartBand SWR10が振動し、手元で通知を確認できる。音楽の再生や早送りも同デバイスから可能だ。NFCにも対応しており、Xperiaスマートフォンをかざすだけでワイヤレス接続ができる。また、IPX5/IXP8相当の防水性能とIP5X相当の防塵性能を備えている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.