調査リポート
» 2014年03月11日 00時00分 UPDATE

未成年の5人に1人がネットをやめたくてもやめられない――デジタルアーツの携帯電話・スマホ使用実態調査

デジタルアーツは、全国の小・中・高校生や保護者を対象とした携帯電話・スマホの使用実態調査第5弾を実施し、その結果を発表した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 デジタルアーツは3月10日、未成年とその保護者を対象とした第5弾となる携帯電話・スマートフォン使用実態調査の結果を発表した。

 調査対象は全国小・中・高校生の618人および、未就学児から18歳の子どもを持つ保護者624人の計1242人。本調査によると、何らかの携帯電話を持つ未成年者のスマートフォン所有率は60.4%となっており、なかでも女子高校生は95.1%と最も所有率が高い。全体のフィルタリング使用率は30.9%、1日の使用時間は、小中学生が1時間未満、高校生は3〜6時間未満が多い。

photo スマートフォンの使用有無と今後の使用意向(親子)
photo 携帯電話/スマートフォンの一日あたり使用時間

 また、未成年者の38.7%が「ノートPC」「携帯ゲーム機」「携帯音楽プレーヤー」など自分専用のインターネット接続可能端末を所有。特にゲームや音楽を聞くこと以外では「インターネットをする」が最も多い。

 携帯電話・スマートフォンを使い始めた未成年者の23.9%が「使い過ぎ」と注意を受けた経験があり、さらに女子高校生とスマートフォン所有者は「現時点で気分が落ち込むことがある」「止めたくても止められず苦しい思いをしたことがある」と回答する割合が高い。

photo 携帯電話/スマートフォンを使用してからの感情変化

 このほか、未就学児の保護者層と高校生は「ながらスマホ」に寛容で、自分自身も同様の行為をする傾向がある。親子ともに2人に1人が「携帯電話/スマートフォンのない生活は考えられない」という。未成年者で「ネット上の友達とリアルで会いたい/会ったことがある」と回答したのは、38.5%となった。

photo 携帯電話/スマートフォンのない生活が考えられるか
photo ネットで知り合った人との関係性意向

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.