レビュー
» 2014年05月26日 10時01分 UPDATE

Z1から何が変わった?:写真で解説する「Xperia Z2 SO-03F」「Xperia ZL2 SOL25」(ソフトウェア編) (1/2)

Xperia Z2とXperia ZL2は、カメラやオーディオ以外の細かなソフトウェアの部分でも着実に進化している。Xperia Z1にはない新たな機能を中心にチェックした。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモの「Xperia Z2 SO-03F」と、KDDIの「Xperia ZL2 SOL25」は、OSがAndroid 4.4になったこともあり、ソフトウェアも前モデルのXperia Z1から進化した部分が多い。今回は使い勝手を左右するソフトウェアをチェックしていこう。

photophoto 「Xperia Z2 SO-03F」(写真=左)と「Xperia ZL2 SOL25」(写真=右)

 ホームのUI(ユーザーインタフェース)は、基本的にXperia Z1から大きくは変更されていない。ロック解除画面では上下にフリックするとロックが解除されるが、カメラのショートカットは時刻の右から画面下部に移動した。クリア/ホーム/タスクキーというオンスクリーンキーの並びも変わっていない。タスクキーを押すと最近起動したアプリ一覧が表示され、「全アプリ終了」から起動中のアプリを終了できる。ここからスモールアプリの呼び出しも可能だ。

 通知バーは、「通知」と「クイック設定ツール」の2つに分かれて表示され、Wi-Fiやテザリングなどの設定は、通知バーを表示させてからクイック設定ツールをタップして選ぶ形になり、Xperia Z1よりも1ステップ増えた。

photophotophoto ロック解除画面。画面はXperia Z2のものだが、Xperia ZL2では画面下部に「au」の文字がある(写真=左)。おなじみのホーム画面(写真=中、右)
photophotophotophoto Xperia Z2にプリインストールされているアプリ(5月14日発表会の展示機)
photophotophoto Xperia ZL2にプリインストールされているアプリ(5月8日発表会の展示機)
photophoto アプリトレイでは、よく使うアプリやインストールしたものだけを表示したりできる(写真=左)。ホーム画面を長押しすると編集画面に切り替わる(写真=右)
photophotophotophoto Android 4.4の変更点として、通知画面とクイック設定ツールが別々に表示される(写真=左端、左中)。「編集」から、クイック設定ツールに表示させる項目や順番を変更できる。ミラーリングや手ぶくろモードの設定も可能になった(写真=右中、右端)

 テーマのデザインも一新され、新たに用意された「Air」では、壁紙の色がランダムに変更されて面白い。さらに、Sony Selcetからダウンロードテーマを入手できるようになった。追加したテーマでは壁紙はもちろん、オンスクリーンキーや設定画面のボタンデザイン(オン/オフやチェックボックスなど)も変更され、さまざまな画面デザインを楽しめる。

photophoto Xperiaテーマでは、Sony Selectから新しいテーマをダウンロードして追加できるようになった
photophotophoto 設定画面

 かゆいところに手の届く便利機能もいくつか追加されている。「タップして起動」では、スリープ時に画面を2回タップするだけでバックライトが点灯する。「スマートバックライト」では、端末を持っている間はバックライトが消灯しない。「スマート着信操作」では、着信時に端末を耳元に持っていくと応答、端末を振ると拒否、端末の画面を下にして置くと消音ができる。「Xperia Z1 f SO-02F」で搭載された、手袋をしたままでもタッチパネルを操作できる「手ぶくろモード」も追加された。不在時のメッセージを端末本体に録音できる「伝言メモ」は引き続き利用できる。

photophoto 画面の設定。「手ぶくろモード」「スマートバックライト」「タップして起動」が追加された
photophoto 「スマートバックライト」(写真=左)と「スマート着信操作」(写真=右)の設定画面。スマート着信操作は「設定」→「個人設定」→「モーション」から設定できる

 ディスプレイの画質も向上した。幅広い色域を表示できる「トリルミナスディスプレイ for mobile」を継承しつつ、新開発の「Live Color LED」を採用し、さらに赤と緑の色域が広がった。Xperia Z1と比べると、同じ写真でもZ2の方が鮮やかに表現できていることが分かる。また、Xperia Z2はIPS方式を採用しているので、視野角も広がっている。ただしXperia ZL2のディスプレイはZ1と同じくVA方式となっている。超解像技術によって失われた画素を復元する高画質エンジン「X-Reality for mobile」も健在だ。

photophoto 上がXperia Z1、下がXperia Z2。Z2の方が緑が鮮やかに表現できている(写真=左)。左がXperia Z2、右がXperia Z1。こちらもZ2のほうが色がハッキリと出ている(写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.