ニュース
» 2014年06月14日 09時30分 UPDATE

限定Tシャツ、ゲットしました!?:アップルストア表参道の店内を360度ビューでグルッと体験

360度のパノラマVRを気軽に楽しめるリコーイメージングの全天球イメージカメラ「RICOH THETA」を手にして、アップルストア表参道に潜入してみた。

[田中宏昌,ITmedia]

360度のパノラマでアップルストア表参道を楽しむ

 6月13日、国内で8番目、東京都内では3番目となるアップルの直営店「アップルストア表参道」がついにオープンした。その詳細は下記の記事に譲り、ここでは「RICOH THETA」でアップルストア表参道を撮影してみた。

ht_ap01.jpg アップルストア表参道の店頭。この行列はどこまで続いているのか……

 ご存じの人も多いと思うが、アップルストアやストア内ショップの開店日などでは限定の記念Tシャツが配られるのが恒例だ。筆者も一度は手に入れたいと思っていたが、何だかんだでいまだに入手したことがない口である。

 今回の表参道では先着5000名とかなりな規模で記念Tシャツが配られると聞き、ちょっと心が動いたのは事実だ。とはいえ、いろいろと調べると徹夜で並んでいる猛者も多数いる模様で、地下鉄の始発以降も続々と人が増えているという。グランドオープンの午前10時にははけてしまうのではないかと心配する一方で、さすがに5000人は並ばないだろうという希望もあった。

 結局、所用もあってオープンの午前10時には間に合わず、11時15分ぐらいに表参道駅に到着した体たらく。ガラス張りの店内だけでなく、店頭もやじ馬や見物人で人があふれている。もう間に合わなかったかと思いつつ、ダメ元でスタッフらしき人に聞いたところ「開店時には1000人以上のみなさんが集まっているようですよ」とのことで、まだまだTシャツはゲットできそうな勘定だ。

 しかしながら、店頭から続いている行列は青山通りで直角に曲がって外苑前方面まで伸びている様子。この炎天下で数百メートルの行列に並ぶ体力的な自信も気合もない筆者だが、ええいままよと行列の最後尾に意を決して向かった。

 その結果は、どうなったのか。以下の「RICOH THETA」画像で確かめてほしい。

開店記念Tシャツの行方は……

 店頭からまっすぐ歩いて200メートルほどのところにある、赤坂警察署表参道交番。その目の前に青山通りがあり、行列は左に90度曲がって伸びている。行列を整理するガードマンが数多く配置されているおかげで、移動はスムーズに行える。

 幸いなことに、列の長さは目測で100メートルを切っている。よし、並ぼうと決意したのは11時20分を過ぎたころだ。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
行列の最後尾に並んでしばらくすると、小型ペットボトルの水と日傘を配るスタッフが登場。毎度のことだが、行列に対する心配りに抜かりはない(日傘は店頭で回収される)

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
並び初めて20分が過ぎ、ついにアップルストア表参道が見えてきた

ついに店内へ突入

 そして、行列に並び始めてから25分ほどが経過し、青色のTシャツをきたスタッフが多数居並ぶお店の入口に到着した。待ち構えるスタッフのテンションは非常に高く、うっかりこちらも引っ張られて歓声を上げながらハイタッチでの入場と相成った。限定5000人に配られるという待望の記念Tシャツが入った白い小箱を受け取り、人でごった返す店内に吸い込まれた。

 限定Tシャツを手に入れたので、アップルストア表参道限定のアイテムでも買おうかと、つい欲が広がった……が。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
そして、店頭では恒例のハイタッチが。記念Tシャツが入った小箱もここでもらえる

 アップルストア表参道は3面ガラス張りの1階と、地下1階の2フロアで構成されており、通路も広めで机などもゆったりとした配置がなされているが、さすがにオープン初日は人であふれている。それでも入場制限のおかげで店内の移動は比較的楽に行えた。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
1階の風景。入り口では、スタッフとともに記念撮影する人もいた

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
1階を右奥からグルッと撮影。テレビ局の取材が複数行われていた

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
こちらは1階を左奥から撮ってみた。ここではiPhoneが展示されている

ht_ap02.jpg 1階の左奥から撮影

ht_ap03.jpg 1階の右奥から撮影

店内中央にある大きならせん階段が特徴

 そして、店のシンボルともいえるのが、フロア中央にある大きならせん階段だ。メタルとガラスを使った階段は、これまでのアップルストアと異なる新世代の工法を用いたものとのことで、半透明のすりガラスとのコントラストが美しい。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
店内中央にある大きならせん階段。地下には周辺機器や「360度ジーニアスバー」と呼ばれるジーニアスバーがある

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
地下から、らせん階段を撮影。曲線が優美だ

ht_ap04.jpg 店のシンボルとも言えるらせん階段を地下から撮影。階段がすりガラスになっているのが分かる

限定アイテムはすでに……

 らせん階段を使って地下に向かい、表参道限定アイテムを物色したが、開店から2時間もたたずして軒並み売り切れており、外部バッテリーの「mophie juice pack powerstation mini Omotesando Tokyo Edition」が数十個だけ残っているという状態だった。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
地下は壁際にアクセサリーや周辺機器が所狭しと展示されている。限定アイテムはすでにほぼ売り切れだった

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA
地下1階も人でごった返していた。Apple Storeアプリを使ってアクセサリーやiTunes Cardを購入している人も多かった

ht_ap05.jpg アクセサリーや周辺機器が並んだ地下の様子。地下も1階と同様にオーク(ナラ)材のテーブルが設置されている
ht_ap06.jpg アップルストア表参道限定のアイテムは、外部バッテリーの「mophie juice pack powerstation mini Omotesando Tokyo Edition」のみ残っていた

 表参道限定のアイテムは入手できなかったが、面積で500平方メートルと言われる店内はアップルストア銀座やアップルストア渋谷とは別次元の広さに感じられた。13日はオープン初日ということもあり大変な人出だったが、普段はゆったりとiPhoneやiMacに触れたり、ジーニアスバーを活用できるだろう。

 日本での新たな旗艦店として、今後も注目が集まる場所になりそうだ。

ht_ap07.jpg 記念の限定Tシャツ。黒地にケヤキの葉をあしらったアップルロゴというシンプルなデザイン。サイズはLだ

ht_ap08.jpg 裏には「Apple Store,Ometesando」の文字が刻まれている

ht_ap09.jpg 記念Tシャツが入った箱の内側は、アップルロゴを中心にケヤキの葉が一面に広がっている

※ご利用のブラウザによっては画像が正しく表示されない場合があります。最新版のブラウザでご覧下さい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.