ニュース
» 2014年08月18日 17時56分 UPDATE

携帯各社、大雨の影響に伴う支援措置を実施

ソフトバンクモバイル/KDDIと沖縄セルラー/NTTドコモ/ワイモバイルとウィルコム沖縄の各社が、京都府福知山市と兵庫県丹波市のユーザーに対して大雨の影響に伴う支援措置を実施。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクモバイル/KDDIと沖縄セルラー/NTTドコモ/ワイモバイルとウィルコム沖縄の各社は、8月15日からの大雨の影響に伴う支援措置を発表した。対象は、契約者住所あるいは請求書送付先を災害救助法適用地域内としているユーザー。8月18日時点での災害救助法適用地域は、京都府福知山市と兵庫県丹波市。

ソフトバンクモバイル

 利用料金支払い期限の1カ月延長、携帯電話の破損や紛失に伴う交換費用の一部減免、災害復興に当たる団体への携帯電話の貸し出しを実施する。

KDDIと沖縄セルラー

「au one net ADSL」の固定通信サービスがまったく利用できなかった場合の基本料金などにを減免、利用料金支払い期限の延長(9月30日まで)、携帯電話修理費用の割引、災害対策本部や公的機関といった団体に対する携帯電話の貸し出し。

NTTドコモ

 携帯電話など利用料金支払い期限の延期(9月30日まで)、携帯電話修理費用の一部減額、自治体などに対する携帯電話の貸出。

ワイモバイルとウィルコム沖縄

 利用料金支払い期限の1カ月延長、電話機/データカード端末/ADSLモデムの破損や紛失に伴う修理費の一部減免、災害復興に携わる団体に電話機を貸し出す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.