ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「支払期限」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「支払期限」に関する情報が集まったページです。

「本日が最終期限ですが逆に落ち着いてきました」 SUZURIの支払い催促メールがセンスの塊と話題に、話を聞いてみた
実務的な効果もあったようです。(2021/6/8)

電力供給サービス:
電力価格高騰で資金繰り悪化、新電力の4社に1社が特例措置を利用
年始にかけて発生した電力市場価格の高騰。その影響によって、インバランス料金の支払い猶予措置を受けている新電力会社は全体の4分の1にのぼるという。帝国データバンクが独自の調査結果を発表した。(2021/6/1)

1カ月以上かかるケースも:
飲食店「いちるの望み絶たれた」 煩雑な申請、繋がらぬ電話、届かぬ給付金
新型コロナウイルスの感染拡大防止で時短営業の要請に応じた飲食店へ支払われる協力金。申請が煩雑で分かりにくく、問い合わせのためのコールセンターに電話がつながらないなど、飲食店への負担が大きい。(2021/5/14)

コロナ前は141店舗:
新型コロナ、空港を直撃 那覇空港で13店舗が撤退 休業も31店
新型コロナの感染拡大の影響で、那覇空港ビルディングに入居する飲食店や物販のテナントが13店舗撤退していることが分かった。(2021/2/20)

携帯3社、料金の支払い期限を延長 コロナ禍で支払いが困難な人向けに
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが、新型コロナウイルス感染症の影響で携帯電話料金の支払いが困難な個人、法人ユーザーを対象に、支払期限を延長すると発表した。(2021/1/21)

大手通信キャリアが「料金支払い猶予」措置を実施 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う支援の一環として、大手通信キャリアが通信料金の支払い期限を延長する措置を発表した。措置の適用には、契約者による問い合わせが必要となる。【追記】(2021/1/21)

別名「ransom DDoS」:
「仮想通貨を支払わなければDDoS攻撃を実行する」と脅す“DDoS脅迫”に注意 JPCERT/CC
JPCERT/CCは、DDoS脅迫について注意を喚起した。DDoS攻撃の影響を受ける恐れのあるシステムの特定とリスク評価、攻撃の検知と防御などの対策状況の確認を推奨している。(2020/9/9)

携帯各社、7月3日からの大雨に伴う支援措置 支払期限延長や手数料減免など
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、楽天モバイルは、7月3日から発生した熊本県・鹿児島県を中心とする大雨への支援措置を発表。支払期限の延長や故障の修理料金などの一部減額を行う。(2020/7/6)

九州豪雨で通信障害 熊本、鹿児島の一部で 被災地では支援策も
九州地方で発生している豪雨の影響で、通信キャリア3社で4日から通信障害が続いている。(2020/7/6)

新型コロナウイルスに伴う支援:
ドコモとauの「料金支払い期限延長」は7月31日まで 再延長はしない予定
新型コロナウイルスの感染拡大に伴うNTTドコモとau(KDDIと沖縄セルラー電話)の料金支払いの期日延長が、再度実施された。ただし、今回の再延長が最後の延長となる見通しだ。(2020/6/18)

ソフトバンクが「支払い期限延期」のWeb受け付けを一部で開始 ショップの時短営業対象地域も変更
ソフトバンクが新型コロナウイルスの影響を受けたユーザーに対する支援措置として実施している「料金支払い期限の延長」措置について、一部のサービスを対象にWeb受け付けを開始した。「緊急事態宣言」の対象地域の見直しに伴い、ソフトバンクショップとY!mobileショップの時短営業と業務縮小の対象地域も見直される。(2020/5/15)

楽天、新型コロナの影響拡大に伴う支払い期限を7月末日まで延長
楽天モバイルと楽天コミュニケーションズは、新型コロナウイルス感染症の影響拡大に伴う利用料金の支払いを期限を変更。5月25日以降についても、利用者から申し出があった場合は7月末日まで延長する。(2020/5/12)

ソフトバンクとY!mobileの「料金支払期限延長」措置と25歳以下の「50GBまで容量追加無料」措置、6月30日まで延長
ソフトバンクが、通信サービスの支払い猶予について期限を「6月30日まで」延長する。25歳以下のユーザーを対象とする携帯電話のデータ通信容量の追加購入の無償化措置(50GBまで)も同日まで延長される。(2020/5/11)

ドコモの20年3月期は減収減益 新料金プラン、dポイント還元などが利益を圧迫
NTTドコモが2020年3月期の通期連結決算を発表。主力の通信事業で、月額利用料を従来の最大4割値引きしたスマートフォン向けプランを展開した影響で減収減益だった。21年3月期の通期連結業績予想は、新型コロナウイルスの影響を考慮して非開示とした。(2020/4/28)

どうする「新型コロナ緊急事態」:
新型コロナ「国民1人当たり10万円給付」以外でも知っておきたい、万が一のときに使える各種支援制度とは
新型コロナで大きな影響を受ける企業活動。全国に「緊急事態宣言」が発出された今、身を守るために知っておくべき各種支援制度とは? 新田龍氏が解説する。(2020/4/22)

UQ、緊急事態宣言に伴う対応を発表 コールセンターは10時〜18時に短縮
UQコミュニケーションズは、新型コロナウイルス感染症拡大の緊急事態宣言に伴う対応を発表。オンラインでの各種手続きは継続し、学生へのデータ容量無償提供や支払期限やお試し機器貸出サービスの期間延長なども行う。(2020/4/8)

NTTなど通信大手、新型コロナウイルスの影響で料金支払い困難な人の支払い期限を延長
利用者から申し出があった場合に支払い期限を延長するとしています。(2020/3/19)

NTTグループ各社が新型コロナウイルス感染症に伴う「支払い期限延長」を実施 申し出が必要
NTTドコモなどNTTグループ各社が、新型コロナウイルス感染症の流行に伴う料金の支払い期限延長措置を実施する。支払い期限が2020年2月末日以降となっている料金について、申し出をすることで支払い期限を2020年5月末日まで延長できる。(2020/3/19)

より多くのユーザーに金融サービスを:
新しい与信の仕組みを構築 ネットプロテクションズが「NP後払い」アップデート
後払い決済市場はECを中心に大手事業者の参入が続いている。キャッシュレス時代の金融包摂問題や信用情報の評価をどう変えるべきか。ネットプロテクションズはAIを含む最新テクノロジーによって、新しい与信の仕組みを構築した。(2019/11/28)

通信キャリア3社、台風19号被災地域の利用者向けに利用料金の無償化や修理などの支援策
災害救助法が適用された地域が対象です。(2019/10/13)

携帯各社が台風15号に伴う支援措置 速度制限解除や支払期間延長など
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話3社は、台風15号の被害に対する支援措置を発表。データ通信の速度制限解除や利用料金の支払い期限延長、修理費用の軽減などを行う。(2019/9/17)

東京都、水道料金を「LINE Pay」「ファミペイ」などで決済可能に 7月から
東京都は、水道料金の支払い方法にモバイル決済サービスを追加する。自宅に届く請求書のバーコードをスマートフォンのカメラで読み取ると決済できる。(2019/6/28)

被害額20億ドル超か ランサムウェア「GandCrab」の無料復号ツール、更新版リリース
同ツールを利用すれば、GandCrabに感染して情報が暗号化されたとしても、身代金を支払うことなくデータを復号できる。(2019/6/18)

イノベーター列伝:
逆境を乗り越えた先にある“楽しみ”とは――ベルーナ安野 清氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2019/3/28)

林信行が読み解く Appleが4つのサービスで見せた良質なサービス作りの姿勢
Appleという世界一資金を潤沢にもつ企業が、その資本力を投じることで、もう1度、それぞれのサービスに本来の良さを取り戻そうとする姿勢――これに筆者は“ノブリス・オブリージュ”を感じずにはいられない。(2019/3/27)

携帯各社、台風7号に伴う支援措置を実施
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話3社は、台風7号や梅雨前線などに伴う大雨の被害に対する支援措置を発表。利用料金の支払い期限延長や修理費用の軽減などを行う。(2018/7/9)

後払いする旅行アプリ「TRAVEL Now」 審査不要、上限は10万円
後払いする旅行アプリ「TRAVEL Now」がスタート。審査不要で10万円までの旅行を選べる。支払い期限は予約日から2カ月。(2018/6/28)

携帯各社、大阪北部地震に伴う被災地支援を開始
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話3社は、災害救助法が適用された地域のユーザーに対する支援措置を実施。利用料金の支払い期限延長や修理費用の軽減、災害復興を行う団体などへの電話機や充電器の無償貸し出しなどを行う。(2018/6/19)

「世界トップ性能」GMOのマイニングマシン、約22万円で発売 7ナノメートルプロセス実現
GMOインターネットは、同社が開発したビットコイン向けマイニングコンピュータ「GMO miner B2」と専用電源ユニットのセットを1999ドル(税込約22万円、送料別)で発売すると発表した。初回出荷は10月末の見込み。電力性能・計算性能で「世界トップの性能を実現した」という。(2018/6/5)

「猛烈にイライラする」:
アトランタ市の復旧難航 サイバー攻撃で紙と電話頼みに
米アトランタ市当局幹部は3月31日の土曜日、ずっとオフィスに籠らなければならない事態に陥った。サイバー攻撃でダウンした基幹システムの復旧に取り組むためだ。(2018/4/6)

Airbnb、グループ旅行での予約費用の割り勘が可能に
Airbnbが、グループ旅行の予約で「割り勘」する機能を追加した。予約段階で誰かが全員分を建て替えずに、各メンバーが自分の分を支払い、全員が支払ったら予約が完了する。(2017/11/29)

スマートジャパン主催 セミナーレポート:
改正FIT法で対応必須、今後抑えるべき太陽光O&Mのポイントとは
2017年4月1日からFITが生まれ変わる。大きな改正点の1つとして注目されるのが、O&Mの義務化だ。新制度のスタートに向けて、いま何をしなければならないのか。次の一手を模索する太陽光発電業界に向け、スマートジャパンではセミナーを開催した。                   (2016/10/21)

世界を読み解くニュース・サロン:
どうすれば救えるのか シリアで人質の日本人を
シリアで武装組織に拘束されているとみられるジャーナリスト・安田純平氏の最新映像が公表された。報道によると、武装組織から身代金を請求されているが、日本政府はその要求には応じない方針だという。では、どのようにして安田氏を助け出すのか。(2016/6/9)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(27):
納期が遅れているので契約解除します。既払い金も返してください
東京高等裁判所 IT専門委員の細川義洋氏が、IT訴訟事例を例にとり、トラブルの予防策と対処法を解説する本連載。今回は頓挫した開発プロジェクトの既払い金をめぐる裁判例を解説する。(2016/6/6)

終了宣言したランサムウェアに後継者? より悪質な“更新版”が出現
活動終了を宣言した「CrypTesla」と同様の手口を使いながら、感染したユーザーに身代金を支払わせるための手段をより巧妙化させているという。(2016/5/26)

ドコモ、熊本地震で利用できなかったエリアの回復を完了 避難所への支援は継続
NTTドコモが、熊本地震で利用できなかったエリアの回復を完了した。避難所で実施している公衆無線LAN(Wi-Fi)スポットの臨時設置や充電サービスは継続する。(2016/4/27)

熊本地震、KDDI(au)のカバーエリアが復旧
4月26日14時46分に、地震前のカバーエリアと同等まで復旧した。(2016/4/26)

ソフトバンク、熊本地震が原因の通信障害から復旧
ソフトバンクとY!mobileの携帯電話サービスが、25日朝に復旧した。(2016/4/25)

阿蘇市と南阿蘇村の通信障害は長期化の様相 携帯各社の復旧・支援状況
発生から1週間が経過した熊本地震。大規模な土砂崩れが起きて道路が寸断した南阿蘇村など、一部エリアで携帯電話各社の通信障害がいまだ続いている。(2016/4/22)

熊本地震、一部エリアで通信障害続く 避難所でWi-Fiと充電サービスを提供
熊本地震の影響で、携帯電話各社の通信障害が長期化している。また避難所では無料の充電サービスが始まった。(2016/4/18)

携帯各社、熊本地震の被災地支援を開始 支払期限の延期や修理代金の軽減など
ドコモ、au、ソフトバンクの3社は、災害救助法が適用された熊本地震の被災地向けに、各種支援策を開始した。(2016/4/15)

小さな命を救って未来を! IT業界のみなさんにお願い
ラック社員のお子さん「かよちゃん」が心臓移植の必要な難病と闘っています。同社では未来のある、かよちゃんへの救いを求めています。(2015/6/19)

「東京駅記念Suica」最終申込数、499万枚に 1年かけて発送
「東京駅開業100周年記念Suica」の購入申し込みが約499万枚に。Webで約425万枚、郵送で約74万枚の申し込みがあったという。(2015/2/18)

「東京駅開業100周年記念Suica」申込が169万枚突破 年度内の発送可能分は抽選に
当初は1万5000枚限定の予定でした。(2015/2/2)

「東京駅記念Suica」3日で応募170万枚 年度内印刷可能数の17倍
「東京駅開業100周年記念Suica」の購入申し込みが3日で約170万枚に上った。年度内に印刷可能な10万枚を大幅に上回る数だ。(2015/2/2)

仕事はドラマだ! 「与信管理」にスポット当てたビジネスノベル、第2弾登場
「与信管理」を仕事とする主人公が活躍する小説を読むことで、新たな視野が開けるかも。(2014/10/9)

携帯各社、御嶽山噴火に伴う被害への支援措置を発表
NTTドコモ、KDDIと沖縄セルラー、ソフトバンクモバイル、ワイモバイルとウィルコム沖縄が、御嶽山の噴火被害に対する支援措置を発表した。(2014/9/29)

携帯各社、広島県広島市での大雨の影響に伴う支援措置を実施
ソフトバンクモバイル/KDDIと沖縄セルラー/NTTドコモ/ワイモバイルとウィルコム沖縄の各社が、広島県広島市のユーザーに対して大雨の影響に伴う支援措置を実施。(2014/8/21)

携帯各社、大雨の影響に伴う支援措置を実施
ソフトバンクモバイル/KDDIと沖縄セルラー/NTTドコモ/ワイモバイルとウィルコム沖縄の各社が、京都府福知山市と兵庫県丹波市のユーザーに対して大雨の影響に伴う支援措置を実施。(2014/8/18)

携帯各社、台風11号・12号の被害に対する支援措置――支払い期限延長や修理費の減額など
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ワイモバイルが台風11号と12号の被害に対する支援措置を発表。利用料金の支払期限延長や一部減免、修理費の一部減額などを実施する。(2014/8/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。