レビュー
» 2014年08月18日 19時20分 UPDATE

2つの“クリスタル”とは?:写真で解説する「AQUOS CRYSTAL」 (1/2)

極限までディスプレイのフレームをなくし、サウンド面も強化したシャープ製の新型スマートフォン「AQUOS CRYSTAL」。ソフトバンクモバイルとSprintとの共同開発で注目を集めている同モデルの見どころをお伝えしよう。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルとSprintが共同開発した初のスマートフォン「AQUOS CRYSTAL」(シャープ製)が、8月29日に日本で発売される。米国での発売日は「近日中と聞いている」(ソフトバンク)とのことで、ほぼ同時期に発売されることが予想される。発表会のタッチ&トライでさっそく触ってきたので、フォトレビューをお届けしよう。

photophoto シャープ製の「AQUOS CRYSTAL」。ボディカラーはホワイト、ブラック、ブルー、ピンク

 ソフトバンクのシャープ製スマートフォンといえば、3辺狭額縁設計の「EDGEST」スタイルをいち早く取り入れ、2013年12には「AQUOS PHONE Xx 302SH」、2014年5月には「AQUOS PHONE Xx 304SH」を発売した。AQUOS CRYSTALは、従来のEDGESTスタイルをさらに進化させた「フレームレス」構造を採用している。読んで字のごとく、フレーム(額縁)のない構造を示すものだが、厳密にいうと、AQUOS CRYSTALにもフレームは存在する。今回のフレームレス構造では、フレームがないように見せている。

 実際にAQUOS CRYSTALの画面を見ると、確かにフレームがないかのように見える。その秘密はエッジカットを施したディスプレイのアクリルにある。アクリルをカットすることによって生じる光の反射により、ディスプレイ面の端まで画面の表示が広がっているように見える。この構造を実現するために、シャープは新たに狭額縁液晶パネルを開発している。

 ここ最近のシャープスマホの液晶といえば、省電力性能を持つ「IGZO」がおなじみだが、AQUOS CRYSTALや、12月以降に発売予定の「AQUOS CRYSTAL X」が搭載するのはS-CGSilicon液晶。コストを抑えたAQUOS CRYSTALは分かるが、日本でのみ発売するプレミアムモデル「AQUOS CRYSTAL X」にもIGZOを搭載していないことを考えると、フレームレス構造にIGZOを組み合わせるのは、現時点では難しいようだ。

photophoto 完全なフレームレスを目指した構造が特徴だ。Sprintとの共同開発モデルのためか、SoftBankのロゴは見当たらない
photophoto ディスプレイのアクリルにエッジを入れることで、フレームがないように見せている
photo 写真を全画面に表示させると、まるで写真そのものを手にしているような感覚になる
photophoto 動画視聴やカメラ撮影も、迫力の画面で楽しめる
※初出時に、ディスプレイの素材を「ガラス」としていましたが、正しくは「アクリル」です。おわびして訂正いたします(8/29 8:52)。

 AQUOS CRYSTALを見て気になったのが、302SHや304SHはディスプレイ上部に搭載されていた通話用レシーバーはどこに行ったのか? という点。AQUOS CRYSTALではディスプレイパネルの振動で音声を伝える「ダイレクトウェーブレシーバー」を採用したことで、レシーバー問題を解決している。このダイレクトウェーブレシーバーには、耳を当てる位置を気にする必要がなく、耳を覆うように当てることで周囲の雑音をカットできる、といったメリットもある。

photophoto 上部にはイヤフォンジャックと電源キー(写真=左)、下部にはMicro USB端子を搭載(写真=右)
photophoto 左側面にはボリュームキーを搭載している(写真=左)が、右側面には特にパーツはない(写真=右)
photophoto ディスプレイ面の下部には、インカメラ、誤操作防止/明るさセンサー、充電/着信ランプがある(写真=左)。上辺と左右辺のフレームを極限まで細くした(写真=右)
photophoto 背面にカメラ、フォトライト、マイクを装備(写真=右)。背面の下部にはスピーカーを搭載している(写真=右)
photo 背面は丸みを帯びているので手にフィットする
photophoto 幅が67ミリで5型のスマホとしては細いので、片手でも無理なく操作できる
photophoto 約1年前に発売された、同じく5型ディスプレイを搭載する「AQUOS PHONE Xx 206SH」と比較。206SHのサイズは約71(幅)×140(高さ)×9.9(厚さ)ミリで、AQUOS CRYSTALの方が幅が4ミリ、高さが9ミリ小さい(写真=左)。左が従来のEDGESTの液晶パネル、右がAQUOS CRYSTALに採用した新開発の液晶パネル。右の方がフレームがさらに細くなっていることが分かる(写真=右)
photophoto 最近のスマートフォンでは珍しく、背面カバーを取り外せるようになっているが、バッテリーの交換はできない(写真=左)。背面カバーを取り外したところに、microSDスロットとSIMスロットがある。SIMはnanoSIMとなっている(写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.