ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「着信ランプ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「着信ランプ」に関する情報が集まったページです。

「GALAXY Note SC-05D」の“ここ”が知りたい:
第2回 64GバイトのmicroSDXCは使える? 着信ランプはある?――「GALAXY Note SC-05D」
Samsung電子製のスマートフォン「GALAXY Note SC-05D」の注目機能をチェックする本コーナー。第2回では着信ランプの有無や本体メモリ、microSDXCの使用状況を調べた。(2012/4/10)

「GALAXY S II LTE SC-03D」の“ここ”が知りたい:
第2回 Xi非対応端末とSIMを使い回せる?――「GALAXY S II LTE SC-03D」
Xi対応のSamsung電子製のスマートフォン「GALAXY S II LTE SC-03D」。今回はXi端末とXi非対応端末間でのSIMカード利用と、着信ランプ、内蔵メモリ、プリインアプリについて調べた。(2011/12/16)

「GALAXY NEXUS SC-04D」の“ここ”が知りたい:
第3回 着信ランプはある? Xiはなぜ非対応?――「GALAXY NEXUS SC-04D」
Android 4.0を搭載する「GALAXY NEXUS SC-04D」の見どころを一問一答式でレビューしていく本コーナー。第3回では、着信ランプやデータ使用設定などをチェックした。(2011/11/7)

「G'zOne IS11CA」の“ここ”が知りたい:
第2回 バンパーはある? 着信ランプは?――「G'zOne IS11CA」
タフネス仕様のスマートフォン「G'zOne IS11CA」では、限られたスペースの中で、防水・耐衝撃性能を備えながらさまざまな機能を盛り込むのに開発陣はかなり苦労したという。そのため、パッと見には分かりにくいところに、必要な機能が隠されている。(2011/8/19)

「INFOBAR A01」の“ここ”が知りたい:
第1回 着信ランプはどこにある? バッテリーの持ちはどう?――「INFOBAR A01」
発売直後から品薄状態が続いている「INFOBAR A01」。デザインについてはよく紹介されているが、スマートフォンとしての使い勝手はどうだろうか。サイズや接続端子、着信時の挙動など、携帯端末の基本的な部分をチェックしていく。(2011/7/22)

「REGZA Phone IS04」の“ここ”が知りたい:
第1回 サイズ感はどう? au ICカード未装着でも使える?――「REGZA Phone IS04」
KDDIのau向けAndroidスマートフォンとして初となる防水に対応した「REGZA Phone IS04」。おサイフケータイやワンセグ、赤外線に加えて、EZメールやLISMOなどのau独自サービスにも対応している。第1回は、サイズ感や着信ランプなどをチェックした。(2011/4/27)

「IS03」の“ここ”が知りたい:
第1回 着信ランプの色数、メモリ液晶に表示できる情報は?――「IS03」
日本の独自機能を豊富に備えたauのシャープ製スマートフォン「IS03」。ケータイではおなじみの着信ランプはどこまで設定できるのだろうか。このほか、メモリ液晶やフォントなども調べた。(2010/12/6)

最新ケータイ徹底比較(スマートフォン2010年春夏モデル編):
第2回 ディスプレイは見やすい? 着信ランプはある?
最近のスマートフォンは、3.5〜5インチほどの大型ディスプレイを搭載した機種が多いが、画面の見やすさはどうか。また、地味ながら便利な「着信ランプ」はどんな仕様になっているのか。(2010/9/15)

「LYNX SH-10B」の“ここ”が知りたい:
第1回 着信ランプはどこ? 誤操作防止ロックはある?――「LYNX SH-10B」
5.0インチの大型ディスプレイとQWERTYキーボードを搭載するドコモのスマートフォン「LYNX SH-10B」。今回は着信ランプの場所や誤操作防止ロック、ベールビュー、タッチパネルのマルチタッチについて調べた。(2010/8/9)

「HTC Desire」の“ここ”が知りたい:
第1回 付属品の内容は? 着信ランプはある?――「HTC Desire」
4月27日に発売された、ソフトバンクモバイル初のAndroid端末「HTC Desire」。一問一答形式でレビューしていく「“ここ”が知りたい」の第1回では、付属品や着信ランプ、誤操作防止などの基本事項を確認した。(2010/4/27)

最新ケータイ徹底比較(NTTドコモ 2009年度冬春モデル編):
第2回 着信ランプは鮮やか? メモリスロットや赤外線ポートはどこにある?
着信ランプやメモリスロット、赤外線ポートなどの搭載位置や使い勝手はカタログからは分かりにくい。第2回では主要なパーツについてまとめた。(2010/4/16)

「Xperia」の“ここ”が知りたい:
第3回 端末価格はどれくらい? キーの反応は速い?――「Xperia」
4月に発売予定のドコモのスマートフォン「Xperia」の価格はどの程度に設定される予定なのか。このほか、電話機能の基本である着信ランプや、キーの反応速度などを調べた。(2010/3/8)

最新ケータイ徹底比較(au 2009年秋冬モデル編):
第2回 着信ランプ、microSDスロット、赤外線通信――パーツの使い勝手は?
au 2009年秋冬モデルはどの機種が使いやすいのか。第2回では着信ランプ、外部メモリスロット、赤外線通信、スピーカー、FeliCaマーク、クイックキーの場所や使い勝手を調べた。(2010/1/15)

「BRAVIA Phone U1」の“ここ”が知りたい:
第1回 ビュワースタイルのまま利用できる機能は?――「BRAVIA Phone U1」
auの「BRAVIA Phone U1」はAV機能に注力した防水ケータイだが、ケータイとしての基本機能はどうか。着信ランプやサブディスプレイのほか、ビュワースタイル時に利用できる機能について調べた。(2009/12/17)

最新ケータイ徹底比較(NTTドコモ 2009年夏モデル編):
第2回 着信ランプが美しい機種は? パーツの使い勝手はどう?
ケータイの着信ランプとキーバックライトの点灯場所やパターンは、実際に使ってみないと分からない。また、外部メモリスロットやスピーカー、赤外線ポート、サイドキーなどのパーツも使い勝手に大きく影響する。そこで今回は、各モデルの“外観”を調べた。(2009/8/25)

「mirumo 934SH」の“ここ”が知りたい:
第2回 サブディスプレイに画像をぴったり設定できる?――「mirumo 934SH」
「mirumo 934SH」の大型サブディスプレイはさまざまな機能を表示するだけでなく、好みの画像をホームパネルに設定することもできる。画像の設定やサイズ変換などは簡単にできるのだろうか。このほか、着信ランプやエチケットミラーについても調べた。(2009/7/21)

「Sportio water beat」の“ここ”が知りたい:
第2回 サイドキーの操作性はどう?――「Sportio water beat」
「Sportio water beat」はタッチパネルを使った操作が基本となるが、唯一の物理キーとして3つのキーが側面に搭載されている。このサイドキーは操作しやすいのだろうか。このほか、着信ランプやモーションセンサー、卓上ホルダについてもチェックした。(2009/6/12)

最新ケータイ徹底比較(au 2009年春モデル編):
第3回 着信ランプやmicroSDスロットはどこにある?――KCP+端末
サイズや重さなどの基本スペックはカタログを見れば分かるが、着信ランプや外部メモリスロット、赤外線ポートの位置などは実際に端末を手に取らないと分からないことが多い。今回は端末の外観で気になるポイントをお伝えする。(2009/4/9)

「W56T」の“ここ”が知りたい(4):
ワンセグをテレビに出力できるか――「W56T」
東芝製の初のKCP+端末として登場した「W56T」。着信ランプの位置やワンセグのテレビ出力、カチャブル機能などへの対応をチェックした。(2008/3/10)

「SO905i」の“ここ”が知りたい(1):
“めざまし時計”は、複数設定できるか――「SO905i」
音楽機能に「ウォークマン」、ワンセグに「BRAVIA」の技術を盛り込んだハイエンドモデル「SO905i」。内蔵メモリの容量やフォントサイズ、着信ランプの光り方、めざまし時計の仕様などをチェックした。(2007/12/5)

「N905i」の“ここ”が知りたい(1):
不在着信ランプはどこにあるのか――「N905i」
これまでのNEC製FOMA端末と異なり、回転2軸ボディを採用したドコモの「N905i」。不在着信ランプの場所や、ポケベル入力の有無、ライフヒストリービューアの使い勝手を確認した。(2007/12/4)

「F903iX HIGH-SPEED」の“ここ”が知りたい(1):
「F903i」とどこが違うのか──「F903iX HIGH-SPEED」
「F903i」と同じ、スイングスタイルを採用したHSDPA端末の「F903iX HIGH-SPEED」。F903iとの機能の違いや音楽機能、不在着信ランプの有無などをチェックした。(2007/2/21)

声の調子で着信ランプの色が変化──「D701i」
「D701i」の特徴は、本体背面の「エモーショナルイルミネーション」。着信メロディや通話中の声の調子に応じて、光り方が変わる。(2005/8/2)

コンパクトなプーさん携帯「N253i」、新規は約1万円
着信ランプがジュエリーのように光る「N253i」が都内で店頭に並んだ。新規の価格は1万円強。(2004/10/29)

陶器の質感、おしゃれに光るキラリメール〜「P253i」
可愛いネーミング、小型ボディで話題をさらった「P252iS」の後継となるのが「P253i」。ボディはさらに薄型化され、着信ランプはアンテナ部に。透明アクリルの反射を生かしたおしゃれな光り方に注目だ。 (2004/9/15)

光ってメールの内容をお知らせ〜「P252iS」
ドコモが開発中の「P252iS」は、10代から20代の女性をコアターゲットにしたエントリー向けモデル。メールの絵文字に合わせて着信ランプがさまざまに光る「キラリメール」が搭載された。(2004/4/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。