ニュース
» 2014年09月30日 11時15分 UPDATE

打たれ強さ○:MIL規格対応――アウトドア志向のハイスペックスマホ「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」

シリーズ初の防水/防じん対応だった「GALAXY S5」がさらにタフに。MILスペックに準拠した“耐衝撃バージョンのS5”こと「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」がドコモから登場した。

[平賀洋一,ITmedia]

 シリーズ初の防水/防じんモデルとなった「GALAXY S5」がさらにたくましく――。NTTドコモは、米国国防総省が制定した物資調達規格(MILスペック)「MIL-STD-810G」に準拠したタフネス仕様のAndroidスマートフォン「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」を発表した。

photo 「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」

 防水、防じんに加えて耐衝撃性も備え、高温・低温、高湿度環境での動作試験もクリアした。ボディは衝撃を吸収し、かつしっかりとグリップできるバンパーデザインを採用。カラーはCamo GreenとTitanium Grayの2色を用意し、10月4日に発売する。

 ディスプレイ下部にあるホームキーなど3つのキーはすべて物理キーで、手袋をしていたり、手がぬれたりしていても確実に操作できる。またサイドにはコンパスや気圧計、ストップウォッチ、ライトなどのアウトドア向け機能を呼び出せるアクティブキーを備えた。厚さは9.2ミリで、こうしたタフネスモデルとしてはスリムなのも特徴だ。

photophoto カラーはCamo GreenとTitanium Grayの2色

 名前から分かるように、夏モデルとして発売された「GALAXY S5 SC-04F」のバリエーションモデルであり、基本的な仕様はほぼ同じ。5.1型のフルHD(1080×1920ピクセル)表示対応の有機ELに1600万画素のメインカメラ、2.5GHz駆動のクアッドコアプロセッサ「MSM8974」を搭載するなど、スペックも高い。

 そのほか、ドコモのVoLTE、おサイフケータイ(FeliCa/NFC)、ワンセグなどの機能を備えた。なお、指紋センサーは非搭載で、ストレージ容量はSC-04Fの32Gバイトより少ない16Gバイトとなっている。またフルセグやNOTTVもサポートしていない。

「GALAXY S5 ACTIVE SC-02G」の主な仕様
機種名 GALAXY S5 ACTIVE SC-02G
メーカー サムスン電子
OS Android 4.4
プロセッサ Qualcomm Snapdragon MSM8974/2.5GHz(クアッドコア)
メインメモリ 2Gバイト
ストレージ 16Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大128Gバイト)
ディスプレイ 約5.1型 フルHDスーパーAMOLED(有機EL)
解像度 1080×1920ピクセル
連続通話時間 LTE:1020分、3G:約1020分、GSM:約770分
連続待受時間 LTE:約450時間、3G:約570時間、GSM:約460時間
バッテリー容量 2800mAh
メインカメラ 有効約1600万画素CMOS
インカメラ 有効約210万画素CMOS
ボディカラー Camo Green、Titanium Gray
サイズ 約74(幅)×145(高さ)×9.2(奥行き)ミリ
重量 約171グラム
発売日 10月4日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.