ニュース
» 2014年11月26日 12時15分 UPDATE

調査リポート:世界タブレット出荷、2014年はiPadが初の前年比減で大きく鈍化──IDC予測

IDCによると、2014年の世界タブレット市場では、AppleのiPadの出荷台数が発売以来初めて前年を割り、タブレット全体の出荷台数の伸びが大きく鈍化した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米調査会社IDCが11月25日(現地時間)に発表した予測によると、世界におけるタブレット出荷は2014年に大きく減速し、2014年の出荷台数は前年比7.2%増の2億3570万台になるという。2013年は前年比52.5%増だった。

 出荷台数鈍化は、米AppleのiPadの通年出荷台数が、同端末発売以来初めて前年を下回る(前年比12.7%減)ことが大きく影響するという。

 IDCはその原因の1つを、タブレットの購入サイクルがスマートフォンよりもPCに近い3〜4年サイクルであることと指摘する。特にiPadは古いモデルでもソフトウェアアップデートに対応することが大きいという。

 今回の予測では2018年までの出荷台数推移を発表しているが、IDCは未知の要因として、米MicrosoftのSurfaceシリーズのようにキーボードを装着してノートPCのようにも使える「2イン1」モデルの可能性を挙げた。こうしたタブレットの出荷台数は2014年は総出荷台数のわずか4%(870万台)にすぎないが、来年リリース予定の「Windows 10」のタブレット対応が使いやすければ伸びる可能性があるとIDCはみている。この他の要因としては、米GoogleがAndroidとChrome OSを今後どう扱っていくのか、Appleが製造ラインを拡大するかどうかなどを挙げた。

 OS別のシェアでは、2014年はAndroidがトップで67.7%、iOSが2位で27.5%、Windowsが大きく離された3位でシェアは4.6%だが、前年比では67.3%と大きく伸びた。この順位は少なくとも2018年まで変わらないとIDCはみている。

OS別世界タブレット(2イン1端末を含む)シェア予想(出荷台数単位:百万台)
順位 OS名 2014年出荷台数 2014年市場シェア(%) 増加率(%) 2018年出荷台数 2018年市場シェア(%) 増加率(%) 2014〜2018年の成長率(%)
1 Android 159.5 67.7 16.0 183.1 64.0 2.2 5.9
2 iOS 64.9 27.5 -12.7 70.1 24.5 2.2 -1.1
3 Windows 10.9 4.6 67.3 32.6 11.4 17.9 38.1
その他 0.5 0.2 -70.6 0.1 0.0 -11.3 -43.0
合計 235.7 100.0 7.2 285.9 100.0 3.8 5.4
(資料:IDC)
 idc 世界タブレット(2イン1端末を含む)出荷推移予想(資料:IDC)

関連キーワード

IDC | タブレット | iPad | Android | Apple | Windows | Windows 10 | Chrome OS | Microsoft | Surface


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.