レビュー
» 2015年01月22日 13時59分 UPDATE

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:光学式手ブレ補正+“リコー印”のカメラはどれだけ進化した?――「AQUOS ZETA SH-01G」 (1/2)

シャープの「AQUOS ZETA SH-01G」は、リコーの「GR certified」を取得したほか、光学式手ブレ補正を採用するなど、カメラスペックが大幅に進化している。早速その実力を試してみた。

[荻窪圭,ITmedia]

 AQUOS PHONEといえば省電力設計のIGZO液晶、長時間使える大容量バッテリー、フレーム幅が極めて小さく、「目指せ全面液晶」的なスタイルがウリだ。

photo 「AQUOS ZETA SH-01G」

 このようにウリがはっきりしているのが、際だった特徴かブランド力がないと他に埋もれてしまうスマホ界で頑張れている大きな理由だと推察するんだけれども、昔からカメラにも力をいれているのだ(何しろJ-PHONE時代にカメラ内蔵ケータイを大ヒットさせた、カメラ付き端末の本家といってよいメーカーなのだ)。今回NTTドコモの2014-2015冬春モデルとして登場した「AQUOS ZETA SH-01G」もまた注目すべき製品に仕上がっているのである。

photo カメラ機能に注目したい

 正直なところ、いち早く光学式手ブレ補正を搭載したのにそのあとでそれを外しちゃったり、きれいに撮れるシーンとそうでもないシーンの得手不得手がなかなか克服できなかったりして不安定なところもあったのだが、AQUOS ZETA SH-01Gはどうか。

 何やら「GR certifiled」取得とか書いてあるぞ? それはなんだ? っていう話から始めたい。

photo カラーは4色で、左からIndigo、White、Coral、Cyan
photo

リコーのお墨付き 「GR certified」取得の画質

 GRとは何かというと、リコーが出しているハイエンドコンデジの名前だ。フィルム時代の名コンパクトカメラ「GR1」を元祖とするシリーズで、デジカメ時代になり、「GR Digital」、さらにAPS-Cサイズのセンサーを搭載した「GR」と進化してきた。カメラ好きなら必ず知っているブランドだろう。

 そのリコーが第三者機関としてモバイル機器が搭載するカメラの画質基準を定め、その基準を満たした機器に「GR certified」(GRが保証しましたよ、と)マークをつけましょう、という話。

 リコーの発表によると、画質コンサルティングとGR certifiedの審査を行うそうで、その第1号がこのSH-01Gなのだ。簡単にいえば、「今度のスマホは画質がいいよ」とメーカー自身が言ってもアレなので、リコーのカメラブランドであるGRが第三者としてお墨付きを与えましょうって話だ。

 シャープは自社でデジタルカメラを作っていないので、こういうのはありがたいのだ。SH-01Gはいろいろと面白い機能を持っているのだが、まずは画質チェックから。メインカメラは有効約1280万画素で、裏面照射型CMOSセンサーを採用。レンズは30ミリ相当でF値は1.9。これに光学式手ブレ補正が付く。

 比較用に、同じくシャープの「AQUOS SERIE SHL25」(auの2014年夏モデル)を引っ張り出してみた。これはSH-01Gの半年前に出たもので、私が普段プライベートで使っているAndroid端末だ。光学式手ブレ補正はないけれど、それ以外のスペックは基本的に同じ。どのくらい変わったかを比較するにはうってつけだ。

 作例は、いつもの滑り台から。どちらも「シーン自動認識オート」で撮影。HDRもオートで撮った。SH-01Gの方が黄色がきれいにくっきりと出ている。

photophoto 左がSH-01G。右がSHL25

 もう1つ、あずまや。

photophoto 左がSH-01G。右がSHL25

 両方を等倍で見比べるとSH-01Gの方がレンズの四隅の画質低下がかなり抑えられている。SHL25の方がくっきりしているが、これはたぶんSH-01Gの方はリアルタイムHDRがオートでかかったせいだろう。最近のAQUOSシリーズは「リアルタイムHDR」機能を搭載して、「HDRオート」(つまりカメラが判断して自動的にHDRをかける)がデフォルトになっている。だが、リアルタイムHDRは魔法の技じゃない。

 HDRは、大ざっぱにいえば「明るい写真と暗い写真を撮って、両方のおいしいところを合成し、ダイナミックレンジの広い写真を作る」という技だ。iPhoneや一般的なデジカメでは明るいのと普通のと暗いのの3枚を高速連写して合成する。だから撮るとき高速に動く被写体があったり、風が強く吹いていたりするとそこだけ不自然になる。

 リアルタイムHDRは明るい写真と暗い写真を「同時に」撮る技。具体的には、多分だけど、半分の画素を明るめに、半分の画素を暗めに撮ってその場で合成しているのだ。これだと撮影は1回で済むけどその分解像感が落ちる。シャープやサムスン電子が採用する方式だ。どっちがいいかと言われると、リアルタイムHDRの方がいい。解像感の違いなんて等倍でチェックしないと分からないレベルだし、ネットに写真を公開する時は1280万画素どころかもっと小さなサイズを使うし、プリントするにしても600万画素あればA4サイズくらいイケる。でも、ダイナミックレンジの広さは写真をどんな大きさで使おうが分かっちゃう。

 例えば下の写真。わざとHDRがかかる明暗差が激しいシーンで、HDRオフと一緒に撮って並べてみたのだけど、左がHDRオンで右がオフなのはこの比較写真だけで分かる。右の写真は後ろのマンションのベランダが真っ白にとんでいる。

photo 左がHDRオンで、右がHDRオフ

 この写真の一部を等倍表示してみる。すると、HDRオフの方はベランダが真っ白になってて手すりがあるかないかも怪しいけど、HDRオンの写真に比べるとディテールがちょっとしっかりしている。ベランダの物干しとか木を見るとそれが分かる。

photo 左がHDRオンで、右がHDRオフ

 個人的には多少解像感が落ちてもダイナミックレンジが広い方がいい。その方が気楽に撮れる。晴天下の昼間なんて結構HDRが必要になる。逆に、解像感を重視したいときはHDRをオフにすればいい。HDRはワンタッチでオフにできる。

photo HDRをタップするとこんな風に説明が出る

 青空はどうか。

photophoto 左がSH-01G。右がSHL25

 サムネイルだと、SH-01Gの方がちょっと明るいかなって感じだが、等倍で見ると面白いくらいに違う。SHL25は空やマンションの明るさに押されて全体に暗めの仕上がりの上、空にノイズがのってざらついている。SH-01Gの空はとってもクリアだ。

photo 左がSH-01G。右がSHL25

 さて次はポートレート。

photophoto 左がSH-01G。右がSHL25

 肌色が違う。これ、どっちがいいかは好みによるけど、個人的にはSH-01Gの方がいい。まず階調が違う。SHL25の方は髪の毛が黒くつぶれているけど、SH-01Gは髪の階調が残っている。肌の階調もSH-01Gの方が滑らか。ホワイトバランスはどっちがいいかというと、やっぱりSH-01Gの方が好み。SHL25は肌色がやや黄色みがかっている。多分、女子を撮る時はSH-01Gの方が喜ばれる。色白でほんのり赤みが差してる感じがいい。ここ、予想以上に差が出た。

 お次は料理。シャープはいち早く「料理自動認識」機能を搭載。今、オートモードで料理を自動認識してくれるのなんて、シャープとパナソニックくらいだ。どちらもきちんと料理が自動認識された上での撮影だが、SH-01Gの方がちょっと明るめで色もきれい。料理は明るめに撮るのが基本ってことで、着実に改善されているのであった。

photo 料理を認識している様子
photophoto 左がSH-01G。右がSHL25

 最後は夜景でもいっとくか。

photophoto 左がSH-01G。右がSHL25

 ぱっと見はあまり違いがないかと思うけど、よく見ると、SH-01Gの方がノイズが少なくてダイナミックレンジも広い(たぶん、HDRがオートで働いている)。SH-01Gの方がノイズが少ない理由は明白だ。SHL25は光学式手ブレ補正を搭載していないため、手ブレしないようシャッタースピードを速めにする=ISO感度を上げる=ノイズが増える、というわけだ。SHL25の方がISO感度が高いもの。

 そんなわけで、一世代前の機種と(キャリアは違うけど)比べてみようシリーズでありました。シーンによりけりだけど、基本的に良くなっております。ただし、「ここは改善して欲しかった」という点はある。それはAF。時々、ピントがずれていることがあった。タッチAFが効くので、撮りたいものをしっかり指でタッチしてピントが合ったのを確認してから撮りたい。

 ついでに言えば、「Night Catch II」とやらで、夜でも人物と背景の両方をきれいに撮れるよってのがウリなんだが、「顔を検出したのにピントが背景に合う」ことがあった。まあそれはどの機種でも起こりがちなんだが、顔を見つけたのならそこにピントもちゃんと合わせてくれよ、とは思う。

photophoto 左がNight Catchオン。右がNight Catchオフ
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.