ニュース
» 2015年02月27日 20時27分 UPDATE

リクルート、米Udacityが提供する8つの講座の日本語字幕を新たに制作

リクルートホールディングスは、米Udacityが提供している8つの講座の日本語字幕を新たに制作。これにより日本語字幕付き講座は21コースとなった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リクルートホールディングスは2月26日、米Udacityが提供している講座の日本語字幕を新たに制作し、日本語による受講に対応したと発表した。

Photo 米Udacityが提供している講座が、日本語字幕付きで見られる

 米Udacityでは、米国を拠点にテクノロジー分野でキャリアアップにつながる教育サービスをオンラインで提供している。リクルートホールディングスでは2013年に米Udacityと協業契約を締結し、主に英語で提供されていたオンライン講座を日本語字幕付きで受講できるようにしてきた。

 そして今回、新たに8つの講座の日本語字幕を制作し、リクルートが運営するオンライン教育情報サイト「Edmaps」内の「UDACITY on Edmaps」に追加。これにより、日本語字幕付き講座は21コースとなっている。

2015年2月26日に日本語字幕版を公開したコース

  • 1.Programming Languages:プログラミング言語
  • 2.Machine Learning: Supervised Learning:機械学習 教師あり学習
  • 3.Intro to Java Programming:JAVAプログラミング入門
  • 4.Artificial Intelligence for Robotics:ロボット工学における人工知能
  • 5.Intro to Artificial Intelligence:人工知能入門
  • 6.UX Design for Mobile Developers:モバイル開発者のためのUXデザイン
  • 7.Developing Scalable Apps with Java:スケーラブルなアプリの開発
  • 8.Website Performance Optimization:ウェブサイトパフォーマンスの最適化
PhotoPhoto 日本語字幕付き講座は21コースとなった

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう