レビュー
» 2015年04月28日 20時50分 UPDATE

エッジスクリーンは違和感ある?――「Galaxy S6 edge」の“ここ”が知りたい(1)

画面の両端がカーブしているエッジスクリーンを持つ「Galaxy S6 edge」。まわりからは「けっこう違和感あるんじゃないの?」という声が多く寄せられる。本当にそうなのか? 実際に試してみた。

[井上翔,ITmedia]

 4月23日、サムスン電子の「Galaxy S6」と「Galaxy S6 edge」が日本で発売された。特に注目を集めているのは、画面の両側がカーブしている「エッジスクリーン」を搭載しているS6 edgeだろう。

 筆者は、普段から携帯電話やPCに詳しい人間だと思われていて、新しいスマートフォンのことをよく聞かれる。もちろん、S6 edgeのこともよく聞かれる。とりわけ「画面表示に違和感はない?」とか、「両側が曲がっていて、何がトクなの?」といったエッジスクリーンに関する質問が多い。もちろん、「ハイレゾ音楽、余裕(で聴ける)?」とか「サクサク動く?」とか、エッジスクリーンとは関係のない質問も寄せられる。

 そこで、筆者がNTTドコモの「Galaxy S6 edge SC-04G」を実際に使って、寄せられた疑問(と、寄せられるであろう疑問)にひとつひとつ、2回に分けて答えてみることにした。既に購入済みという方はもちろん、購入を検討している方にとって、参考になれば幸いだ。

photo 筆者色に染めたGalaxy S6 edge SC-04G(Gold Platinum)

質問:表示に違和感はない?

 一番多く寄せられたのは、画面表示に違和感はあるか、という質問だ。「GALAXY Note Edge」では、対応アプリ以外をエッジ部で利用することはない。それに対し、S6 edgeではエッジ部も通常の画面表示に使われる。世に出ているAndroidアプリが全てS6 edgeを想定しているはずはなく、表示に違和感を禁じ得ない状況になるのではないか、という心配をしているのだ。

 筆者もそういう心配をしていたのだが、S6 edgeを手にして1分でそれが杞憂(きゆう)であると悟った。想像していた以上に違和感を覚えないのだ。Webブラウズをしても、電子書籍を読んでも、動画を楽しんでも、エッジスクリーンのせいで見づらい、ということは全くない。もしも「どうしても信じられない!」というのであれば、実機を展示している店舗に出向いてチェックしてみるのも良いだろう。

photo 縦表示でITmedia Mobileのスマホビューを閲覧。違和感は全くない。筆者的には、上のバナー広告の方がある意味気になる
photo 横表示で「ニコニコ動画」に自らアップロードした動画。動画、コメントともに快適に視聴できる

質問:持っていて違和感はない?

 次に多かったのが、持ち心地に関する質問だ。両端がカーブしているから、今までのスマホの持ち方では違和感があるのでは、と不安を感じているようなのだ。

 筆者がスマホカバーやケースを付けないで運用した限りでは、このエッジスクリーンは、持ちにくいどころか、むしろ持ちやすさに貢献していると感じた。傾斜が、手のひらへの当たりを優しくしているのだ。ただし、カバーやケースを付けると、その形状によっては感想が変わるかもしれない。

photophoto カバーやケースを付けていないGalaxy S6 edge(写真=左)とGalaxy S6(写真=右)を筆者の手で持ち比べてみる。S6も持ちやすいが、S6 edgeはもっと持ちやすいと感じる

質問:エッジスクリーンで何ができる?

 S6 edgeの最大の特徴である「エッジスクリーン」。これを生かした機能を教えてほしい、という質問も寄せられた。

 S6 edgeのエッジスクリーンでは、「Edge lighting」「People edge」「情報ストリーム」「ナイトクロック」を使うことができる。このうち、Edge lightingとPeople edgeはS6 edgeから搭載された機能だ。

 Edge lightingは、本体を伏せた状態で着信や通知が来るとエッジスクリーンが光って知らせるという機能。People edgeで設定した連絡先からの着信・通信が来ると対応した色で光るようになっている。また、着信中に心拍数センサーに2秒間触れると、着信を拒否して自動的にSMSを送信する「クイック返信」機能を使うこともできる。

photophoto Edge lightingの設定画面(写真=左)と、クイック返信の設定画面(写真=右)。クイック返信する文章は編集できる
photophoto 実際にクイック返信をする光景。着信中、心拍数センサーに触れると赤いランプが付き、着信拒否をする(写真=左)。その後、拒否された側の携帯電話には、クイック返信機能で送信されたSMSが届く(写真=右)

 People edgeは、よく連絡する相手を登録することで、エッジスクリーンに出るラベルをスワイプして電話やメールのアクションをすぐに行える機能。不在着信や通知も、指定した色で点灯して知らせてくれる。登録できる連絡先は最大5件だ。

photophoto エッジスクリーンに表示されたラベル(赤矢印の先)をスワイプすると、登録した連絡先への電話、メール、SMSがすぐ発送信できる

 情報ストリームとナイトクロックは、Note Edgeから継承した機能。情報ストリームでは、追加フィードをGalaxy Storeでダウンロードすることもできる。ただし、常時表示はできず、画面スリープ中にエッジスクリーンを左右に素早くスワイプすると表示される。なお、エッジスクリーンは画面左側、右側いずれか片方のみ有効にできる。

photophoto ニュースやTwitterなどをフィード表示できる情報ストリーム(写真=左)と、最大12時間、スリープ中に時計表示できるナイトクロック(写真=右)
photophoto 情報ストリームの内容はダウンロードで追加可能(写真=左)。エッジスクリーンは左右どちらかのみ利用可能(写真=右)

 次回は、エッジスクリーン以外に寄せられた、オーディオ関連、バッテリー、そしてデータ移行に関する質問に答えていく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.