ニュース
» 2015年06月04日 14時28分 UPDATE

一定期間、試験的に実施:ソフトバンク、一部のユーザーを対象に「3日で1Gバイト」の通信制限を緩和

3日間で1Gバイト以上通信をした場合に速度を制限するルールが、ソフトバンクで緩和されているという。詳細を広報部に確認した。

[大滝啓也(MOBILEDATABANK),ITmedia]

 携帯電話各社で実施されている直近3日間で1Gバイトの高速通信を利用した際の通信制限。NTTドコモでは2014年12月以降“Xi(LTE)契約したXi端末”であれば制限されなくなり、KDDIも2015年2月から直近3日間で「1Gバイト以上」から「3Gバイト以上」の利用に緩和した。

 一方、ソフトバンクモバイルで制限を緩和するユーザーは新料金プラン「スマ放題」の「データ定額パック」契約者のみ。「パケットし放題」などの従来型プランの契約者が3日間で通信量が1Gバイトを超えて通信をすると、制限がすぐに適用され、速度制限の度合いも厳しいとされている。速度制限は当日午前6時から翌日午前6時まで適用される。

photo ソフトバンクで通信制御を実施する条件

 そのソフトバンクで、試験的に通信制限が緩和されるというのだ。

 5月末以来、一部のソフトバンクユーザーに「通信制御の試験的緩和について」と題されたメールが届いている。メールには「より快適な通信を提供するために、一定期間、一部のお客さまへ試験的に通信制御時の速度緩和を実施いたします」と記載されている。

photo 一部のソフトバンクユーザーに届いたメール

 この「通信制御の試験的緩和」の詳細をソフトバンクモバイル広報に確認したところ、「通信速度制限の実施条件にあてはまるお客さまのうち、試験的に、一定期間、一部のお客さまについて、速度緩和を実施します」とのことだった。

 試験的緩和の内容については「SBMがお客さまによりよいネットワークとサービスを検討し、提供することを目的とした試験的な実施のため、期間中のネットワーク状況により規模・緩和時の速度なども変更となる可能性があるため、具体的な緩和状況はご案内することは控えさせてください」とコメント。

 試験的緩和の対象ユーザーについては、「当社ホームページで公開している通信制御実施条件に該当されるお客さまの中の、一部の方です。制限がないLTEのスマ放題のお客さまは対象外です。詳細は、試験ですので控えさせてください」とのことだった。

 この“通信制御の試験的緩和”がいつまで続くのか、また本格実施がいつになるのかも明かされなかったが、“3日間で1Gバイト制限緩和”のムーブメントがドコモとauに続き、ソフトバンクにも来たようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.