ニュース
» 2015年06月29日 15時12分 UPDATE

順番待ち管理アプリ「Airウェイト」をPepperに実装――リアル脱出ゲームの受け付けに

リクルートライフスタイルは、順番待ち管理アプリ「Airウェイト」をソフトバンクのパーソナルロボット「Pepper」へ実装。「リアル脱出ゲームセンター」の受付で試験運用を行った。

[エースラッシュ,ITmedia]
Photo Pepperの受付イメージ

 リクルートライフスタイルは、6月26日にソフトバンクのパーソナルロボット「Pepper」を活用した順番待ち管理アプリ「Airウェイト」の受付機能を発表した。

 Pepperはソフトバンクロボティクスとフランスのアルデバラン社が共同開発したもので、周囲の状況から自律的な判断を行う独自のアルゴリズムを搭載したパーソナルロボット。Airウェイトは、iPadにアプリをインストールしてプリンターと接続することで、ユーザーの来店受付、番号券の発券、入店案内を管理できるサービスだ。

 6月26日・27日には、タイトーとスクラップが共同運営するキャナルシティ博多内「リアル脱出ゲームセンター」の受付で試験運用を実施。Pepperとの会話だけで受付が完了するほか、リアル脱出ゲームの概要説明をはじめ会話によってゲームのヒントも聞き出せる機能も備えた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.