ニュース
» 2015年07月15日 12時36分 UPDATE

Google、Appleの「iBeacon」競合の「Eddystone」をオープンソース/マルチプラットフォームで公開

Googleが、AppleのiBeaconに対抗するBLEビーコンフォーマット「Eddystone」をオープンソースで公開した。iOSを含むマルチプラットフォームに対応し、特定のアプリがなくてもWebブラウザで受信できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 beacon 0 Eddystoneのロゴ

 米Googleは7月14日(現地時間)、Bluetooth Low Energy(BLE)ビーコンのフォーマット「Eddystone」をオープンソース(Apache v2.0)で公開した。AndroidだけでなくiOSにも対応するマルチプラットフォームのフォーマットだ。

 BLEビーコンとしては米AppleがiOS 7から提供している「iBeacon」が知られているが、iBeaconがiOSでのみ利用できるのに対し、Eddystoneはオープンでマルチプラットフォームであることが強みだ。

 ビーコンとは、BLE信号を小規模な検知エリア内に発信するビーコン装置(以下ビーコン)の情報をスマートフォンなどで受信する機能。例えばバスにビーコンを設置すれば、バス停にバスが近づくと待っている乗客の端末にそれが表示されるし、店舗内のビーコンが来客の端末にバーゲンの通知を送ることができる。

 beacon 1 バスにビーコンを設置すれば端末にバスの到着予告が表示される

 AndroidアプリでEddystoneを採用するには、「Google Play Services」に追加された「Nearby API」を使う。また、一連のリソースがGitHubで公開されている。

 現在、複数のハードウェアパートナーがEddystone対応ビーコンを製造しており、パートナーを拡大していく。

 beacon 2 ハードウェアパートナー

 また、Eddystoneは、ビーコンからURLを発信できるのが大きな特徴だ。つまり、受信側に特定のアプリがインストールされていなくてもWebブラウザがあれば情報を受け取れることになる。

 ビーコンの発信情報は基本的にパブリックな信号だが、頻繁に変更され、認証されたクライアントしかデコードできない「Ephemeral Identifiers(EIDs)」と呼ばれる技術を採用することで、プライバシーおよびセキュリティを守ることも可能という。例えば紛失した鍵を探したり、空港で自分の荷物を見つけるといった応用を想定している。

 ちなみにEddystoneという名称は、航海の難所として知られる英国のEddystone Rocksに建てられた灯台の名前(そもそもビーコンには灯台という意味もある)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.