ニュース
» 2015年08月20日 19時47分 UPDATE

お互いの居場所をリアルタイムで確認できる位置情報共有サービス「LINE HERE」提供開始

LINEは、アプリをインストールしているユーザー間でお互いの居場所を探せるリアルタイム位置情報共有サービス「LINE HERE」を提供開始した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 LINEは、8月19日にリアルタイム位置情報共有サービス「LINE HERE」をAndroid/iOS向けに提供開始した。

Photo LINE HERE

 本サービスは、アプリをインストールしているユーザー間でお互いの居場所をリアルタイムに確認できる。アプリ上でグループ(シェアルーム)を作成し、位置情報を共有したい相手に招待URLをLINEやfacebookなどで送信。相手が承諾するとお互いのアイコンが地図上に表示され、現在位置を確認できるようになる。グループには200人まで参加できるほか、同時に複数作成・発行できる。

 また、頻繁に訪れる場所や目標地点の検索・設定、位置情報を共有しているメンバーが指定地点へ接近・離脱した際にプッシュ通知で知らせることも可能。さらに作成したグループごとに情報共有できる時間を設定できる「タイマー設定」、自身の位置情報共有を任意で一時的にオフできるプライバシー保護機能も搭載した。

 サービス公開を記念し、人力車に乗ったLINEキャラクター・ブラウンが8月29日限定で東京都内に出没。LINE HEREを使ってブラウンの居場所を発見またはTwitterへ投稿したユーザーにプレゼントが当たるイベントを実施する。

PhotoPhotoPhoto 画面イメージ
photo
photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.