ニュース
» 2015年09月28日 13時32分 UPDATE

ソニーモバイル、心拍センサー搭載の「SmartBand 2 SWR12」を10月17日発売

心拍センサーを搭載した新しいウェアラブルデバイス「SmartBand 2 SWR12」が日本で10月17日に発売される。価格は1万5000円前後。

[田中聡,ITmedia]

 ソニーモバイルコミュニケーションズが9月28日、リストバンド型のウェアラブルデバイス「SmartBand 2 SWR12」を日本で発売することを発表した。発売日は10月17日で、ソニーストアや家電量販店で購入できる。予想実売価格は1万5000円前後。

photophoto 「SmartBand 2 SWR12」

 SmartBand 2は、SmartBandの第2世代モデルで、スマホと連携してさまざま情報を蓄積、通知してくれる。今回はAndroidに加え、iOSにも対応した。対応OSバージョンはAndroid 4.4以降とiOS 8.2以降。

 バンドから着脱できる「コア」には、加速度センサーに加えて新たに心拍センサーを内蔵。1分あたりの心拍数(平均値)や、「高、中、低、回復」の4段階でストレスレベルを計測し、時系列でグラフ化してくれる。ストレスレベルは、興奮したときに高くなる。

 もちろん歩数や消費カロリーなどの活動量や睡眠情報も測定でき、計測したデータは「Lifelog」アプリから確認できる。ただしLifelogアプリを利用できるのはAndroidのみで、iOSではホストアプリを利用する形になる。ホストアプリでは時系列のグラフ表示はできない。

photo Lifelogアプリで心拍数やストレスレベルを時系列で把握できる

 SmartBand 2を装着したたまま眠りにつくと、睡眠を自動で検知し、最も良いタイミングでバイブレーションが作動して起こしてくれる。Bluetooth接続したスマートフォンを呼び出す「電話探索機能」も備えた。

 連携したスマートフォンに届いた着信やEメール、SNSの通知などを、バンド側にもバイブレーションやLEDで通知してくれる。LEDライトは従来のホワイト1色から、赤緑青の3色に増加し、使用中のモードやバッテリー残量低下なども表示してくれる。

 リストバンドのカラーはホワイトとブラックの2色で、別売りでインディゴブルーのバンド(予想実売価格3500円前後)も用意する。

photo インディゴブルーのバンド
主な仕様
製品名 SmartBand 2 SWR12
サイズ コア:15.3(幅)×40.6(高さ)×9.5(奥行き)ミリ
リストバンド:250ミリ
重量 コア:6グラム
リストバンド:19グラム
ディスプレイ なし
連続使用時間 ノーマルモード:約2日
スタミナモード:約5日
心拍センサー常用時:約10時間
内蔵メモリ ストレージ:256Kバイト
メインメモリ:32Kバイト
センサー 加速度センサー、心拍センサー
防水/防じん IPX8/IP6X

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.